« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月の1件の記事

2004.03.20

国産も良いもんだ

rdx500mp.gifいえね、自分でも何だかなぁと思うんですよ。でもね、素晴らしい出会いというのもあるんですよね。

カラーリングもブランドも好きになれないラケットだったし、LMラジカルOSもH5もとっても打ちやすくて気に入っているから「よもや他のラケットなんて」と常々思っていたんですよ。ところが試打をしたのが運の尽きというか馴れ初めというか...。実はコイツを使い始めて20日ほどということになります。

試打をしたのはいつものショップのいつもの試打ブース。本当はダンロップの300Gの打球感を試したかったのに店員さんに試打を申し出たのはなぜかヨネックスのRDX500MP。自分でもどうしてそっちを急に試したくなったのか憶えていません。

いそいそと試打を始めたその打球感は「うわっ!すっげー気持ち良い〜!」と思わず声に出してしまったほどです。ボールを打つのが快感という感覚は初めてだったのですから無理もないですよね。

インパクトからボールを弾き出すまでの何とも言えないフィーリングがとにかく素晴らしい。古い例えも入りますが「ロシニョールF200の様な柔らかさ」+「カチッとした芯の強さ」を感じながらボールをラケットにくわえ込んでそのまましばらく乗せた後、「イマドキの反発力」を適度に加えて真っすぐ弾き出すって感じです。長嶋氏風に例えれば「ジワ〜〜〜スパッ!」といったところでしょうか。加えて振動止め無しでもまったく嫌な振動を感じないのも腱鞘炎や肘に問題のある丁稚には「良いかも」と思わせてくれました。

次の日が早速スクール。ワクワクしながらレッスン開始しました。オーバーサイズからミッドプラスサイズに面の大きさを落としたのが唯一気掛かりだったんですよ実は。ほら真ん中当たらないでしょ?丁稚ってばさ。でもヨネックス特有の四角いフェースのおかげかどうか知りませんが、まったく気にならなかったです。スイートスポットを外してもそれなりに飛んでくれるみたいです。

ストロークでのスピンやスライスのかけやすさはLMラジカルと遜色なしです。RDX500の方がラケットにボールを乗せていられる時間が長い分だけ、押していける感じがします。スイングスピードがそれほど速く無い人でも簡単に良いフラットドライブが打ち出せるんじゃないでしょうか。とにかく振れば振るほど気持ち良いラケットだと思います。

ボレーもナカナカです。球持ちが良い分タッチを効かせた楽にボレーが打てました。ただボレーはLMラジカルの方がイージー。どんな形でも打ちたい方向に面だけ作ればラケットがネットを越してくれますから。RDX500はそこまで助けてくれないけど、LMラジカルよりもテンションを低く張っているおかげで深いボレーは距離を出しやすくなったし、横広から縦長にフェース形状が変わったせいでオーバーヘッドはLMラジカルよりも守備範囲が広がった感じがしてます。

サーブに関してはよく分かりません。レッスンで何本か打つには打ったけど、丁稚は全部セカンドっぽい回転系しか打たないから、LMラジカルと大差つきにくいですな。回転は良く掛かるラケットだからしっかりトスが上がれば入れるのに苦労はいらなかったです。フラットばしばしの人にはどうなんでしょうかね〜。

そうそうついでに買った「ミラフィット」も愛用中です。買って即塗り込んでるから塗っていない時との違いが分からないけど、ガットの縒りが無いのとガットをずらす時の「ガチッガチッ音」が無いことから見て、あながちその謳い文句に偽りは無いとみています?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »