« 新しい潮流 | トップページ | 筋肉痛分布 »

2004.06.06

淡泊よりも粘着

朝一番のレギュラークラスに出席。生憎の天気に関わらず今日は参加者いっぱいでした。コーディネーション→ストローク→ボレー→スマッシュ→レッスン生同志のラリー→半面クロスコートのシングルスといったレッスンの流れでしたが、やはり待ち時間が多めで少し食い足りない感じ。

最後の半面クロスのシングルスはランキング式でトップグループからビリグループまで4段階。丁稚はビリグループからスタートし3位グループでフィニッシュ、こんなことじゃダメですなぁ。下位グループからサーブというルールなのでサーブが良ければ一つ上に上がるのは簡単、ただレシーブでミスればすぐまた下っちゃう。丁稚はこれの繰り返し...。サービスエースにミスショットといつもの様に出入りの激しいというか淡泊なプレーしか出来ませんでした。今週は丁寧にラリーをしてきっちりと展開を作ろうと思っていたのに、まだまだ技術が足りません。上級クラスがどんどん遠のいて行く〜。

少ないながらも今日の収穫としては矯正中の1stサーブです。前回まではトスアップしたボールの右側を叩く感じで打っていましたが、スピードは出てもネットのテープ直撃や30センチほどバックアウトと打つポイントが結構シビア。たまに入る1stを後生大事にするのは愚かなこと。んでスピードが若干落ちても、もう少し回転を掛けるためにボールの右側を捉えた後に少しだけ面を横に振り出す(相手コートに向いた面を少しキープする)感じにしたら、思ったようなボールが行ってくれました。ボールの回転を意識し過ぎると「抱え込みスライス」にまた戻っちゃうので注意ですけどね。

コーチからせっかく教えてもらった「絶対入る2nd」が失敗ばっかりで凹んでます。「天井に打つ」感覚をすぐ忘れちゃうんだよね、横向きキープで我慢我慢のサーブなのに...反省、反省。

| |

« 新しい潮流 | トップページ | 筋肉痛分布 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 淡泊よりも粘着:

« 新しい潮流 | トップページ | 筋肉痛分布 »