« 打てないショット | トップページ | Myblog Listって... »

2005.06.01

全仏2005 DAY9

コリア、ガウディオ、サフィンといった主役級が、次々と姿を消した男子シングルスの流れが9日目の女子シングルスにも...。

Women's Singles - Quarterfinals

(7)N Petrova (RUS) d. (29)A Ivanovic (SCG) 62 62
(16)E Likhovtseva (RUS) d. S Karatantcheva (BUL) 26 64 64
(10)J Henin-Hardenne (BEL) d. (2)M Sharapova (RUS) 64 62
(21)M Pierce (FRA) d. (1)L Davenport (USA) 63 62

第1シードのダベンポートと第2シードのシャラポワが揃って撃沈してしまいました。好調ぶりを発揮していたシャラポワですが、やはりクレーサーフェースで闘将エナンと戦うのはシャラポワをもってしてもキツいんでしょうなぁ。

Pierce0531ギリギリの勝利を続けながらも何とかQFまで登り詰めてきたダベンポートに引導を渡したのは、ピアースでした。アメリカとフランスの実績充分な両ベテラン選手の激突は、まるでそのコートだけ数年前にタイムスリップしたようだったでしょうなぁ。

しかしモンフィス、ガスケ、ゴロビン、モーレスモ、グロージャンと次々に地元スター選手が姿を消す中でフランス国民の期待を一身に背負いながら奮闘を続けるピアースはどこか頼もしささえ感じます。プレー中にも笑顔がこぼれるあたり好調さもあるのでしょうが、どこか吹っ切れた強さを感じさせてくれますね。先日の記事でピアースが2000年以来の優勝なんてした日にゃ天地がひっくり返るなんて書いちゃいましたが、まったくもってお見逸れしまくってしまいましたね。

シャラポワが姿を消し、快進撃を続けていたイワノビッチとカラタンチェワといった楽しみな10代選手もQFで遂に力尽きました。丁稚にしてみれば一気に女子シングルスへの興味が失せてしまいそうなのですが、ピアースの予想外の踏ん張りが何とか視線を繋ぎ止めてくれています。

ピアースがSFで戦う相手がエナンではなく、ベテランの顔で勝てそうなリホフツェワなのもラッキーでありますな。ぜひファイナルまで勝ち進んで欧州を代表するベテランらしい試合をして欲しいものであります。

さて男子シングル

Men's Singles - Quarterfinals

[1]R Federer (SUI) d. V Hanescu (ROM) 62 76(3) 63
[4]R Nadal (ESP) d. [20]D Ferrer (ESP)75 62 60

nadal0531やはりフェデラーとナダルこの二人だけは異次元・別世界でテニスをプレーしているようです。共にストレートでSFへ駒を進めました。

いよいよSFでこの二人が激突となります。ハードサーフェース(AMSマイアミ)で過去2戦ぶつかって1-1のタイ、クレーでは初対戦ですな。さてどうでしょう、ナダルはツアー屈指のクレーコーターとして今季認知されましたが、フェデラーのカミソリのような鋭い切れ味のフォアは他のプレーヤーとは一線を画しますから、彼本来のプレーをさせてもらえるかどうか...。しかしそれはフェデラーにとっても同じことでナダルのフォアから繰り出すヘビートップスピンは重く加速しながら跳ね上がってきますから、その処理には苦労するでしょう。

事実上の決勝戦となる二人の戦い。ナダルはいかに自分のクレーでの戦い方を実践させ続けられるか、フェデラーはナダルのサービスゲームでどこまでアグレッシブに攻めていけるかが焦点となるのでしょうな。ナダルの足とフォア、フェデラーのリターンに注目したいっすな。

---------- ---------- ----------
blogranking ←人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« 打てないショット | トップページ | Myblog Listって... »

コメント

予想に自身のないあたしはコメントを差し控えていましたが、あたし一番期待のサフィンが負けましたので勝者はボトムハーフに期待したいところです。

フェデラーは好きですが、やはりサンプラスが良いです。
ナダルは今が絶好調だったと思われないで欲しいために、負けて欲しいです。
#若いのにあまりにも完璧過ぎです。アガシのように長いスパンでTOPにいて欲しい人材だからです。いずれグランドスラムは取れますから。

ですのであたしの期待としては、ボトムハーフからチャンピオンが出て欲しいと思います。
これが、ローランギャロスです。

女子は、やはりエナンだと思います。あたしの気持ちと、実力(今日のプレーと見る限り)はピカイチです。しかし、ピアースが残っているとなると話は別です。ピアース頑張れ!です。
若い者に負けては居られません。

投稿: あたし | 2005.06.01 22:04

コメントされた方と全く同じ感想を持ってしまい、思わず私もコメントします。
サフィンが負けて、残念ですし、サンプラスが好きだったし、というわけです。
予想は難しいですね。決勝はエナンとダベンポートだと思っていましたから。
いまはピアースとエナンの予想です。
 男子もとても予想ができませんね。だから楽しいのかも。

投稿: azami | 2005.06.01 23:14

> あたしさんへ

予想は難しいですよね〜。でも自分の意見を挟まないとblogにならなくなる気がして、義務感を感じながら予想を絞り出しちゃいます(^_^;)

ナダルに対して厳しい父親のようなご意見でありますね。確かにトントン拍子に行き過ぎちゃうと若くしてバーンアウト(男子ではあまり見掛けませんが)やサフィンのように長く暗いトンネルに迷い込む可能性も無きにしもあらずですな。

ただGSを獲れる時に獲っておかないと、ヘンマンやクライステルス、モーレスモのように無冠のまま針の筵のような居心地の悪さを感じながらプロ生活を送らなきゃいけなくなる可能性もあるので、丁稚としてはナダルに今回獲ってもらいたいと思っております。

女子に関してはエナンで固いでしょうけれど、(コリアの痙攣を引き合いに出してはいけませんが)奇跡が起こって欲しいと願っております。

> azamiさんへ

コメントありがとうございます。

予想がつかないからこそ、有り得ないことが起こるからこそ面白いんですよね〜!期待や予断を裏切ってくれるのがGS大会ですもんね。

まぁ何ですなぁ勝手に「アイツが勝つよ、コイツはダメだろう」なんて好きなこと書いてますが、懸命にプレーする選手達に対する敬意だけは忘れないようにしなきゃ。(^^ゞ

しかしあんまりフェデラー、人気無いですなぁ(^_^;) いまでもサンプラスの幻影を背負わされているんですなぁ。

投稿: 丁稚 | 2005.06.02 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5485/4365102

この記事へのトラックバック一覧です: 全仏2005 DAY9:

« 打てないショット | トップページ | Myblog Listって... »