« ビールが旨い季節の尿酸値 | トップページ | Wimbledon2005 DAY8 »

2005.06.28

Wimbledon2005 DAY7

ウィンブルドンは一日休んで2週目に突入しました。男女シングルスともベスト8が出揃い、いよいよ今年の全英も佳境であります。

Men's Singles - Fourth Round

[1]R Federer (SUI) d [23]J C Ferrero (ESP) 63 64 76(6)
[2]A Roddick (USA) d [15]G Coria (ARG) 63 76(1) 64
[3]L Hewitt (AUS) d [24]T Dent (USA) 64 64 67(7) 63
[9]S Grosjean (FRA) d D Tursunov (RUS)64 67(5) 63 36 61
[12]T Johansson (SWE) d M Mirnyi (BLR) 64 75 64
[18]D Nalbandian (ARG) d [27]R Gasquet (FRA) 64 76(3) 60
[26]F Lopez (ESP) d [10]M Ancic (CRO) 64 64 62
[21]F Gonzalez (CHI) d [31]M Youzhny(RUS) 76(3) 76(5) 63

0627フェデラー、ロディック、ヒューイットといった優勝候補はそれぞれ芝の上での格の違いを見せつけながら、QFへ進出であります。やはりこの3人は頭一つ二つ抜けている気がしますね。

それに続く存在はグロージャン、T.ヨハンソン、ナルバンディアンとなりますな。丁稚期待のグロージャンは次対戦者がロディック、いやぁ正念場ですなぁ。ウィンブルドンでのグロージャンは去年・一昨年とSFまで進んでいますし、コートとの相性は良さそうなんですけどね〜。剛の者(ロディック)相手に小兵のテクニシャン(グロージャン)がどこまで健闘してくれるか期待しましょう。ちなみにT.ヨハンソンとナルバンディアンはQFで潰し合いであります。

ベスト8残る二人がF.ロペスとゴンザレスというあたりが、意外性があって男子シングルスの良いスパイスになっていますね〜。

フェリロペは昨年のウィンブルドンでSFまで勝ち進んだアンチッチをストレートで下したのですから大したものです。左腕から繰り出すビッグサーブで勝ち上がって来たのかと思いきや、アンチッチとの一戦の細かい数字を見る限り、サーブが良かったのはアンチッチの方でフェリロペはリターンやネットプレーで圧倒していたようですね。次対戦者は優勝候補のヒューイット、彼にとっては厳しい戦いになりますなぁ。ビッグサーブやナイスリターンから怒濤のネットラッシュが見せられれば、勝機が見つかるかも知れないですが......。

そして生まれた時からハードヒッター(てな勢い)なゴンザレス、頑張っちゃってますね。J.ヨハンソンに勝っちゃってから勢いに乗っちゃった風情であります。ビッグサーブと爆裂フォアでガシガシ打ち抜きまくっているんでしょうか(^○^)良いんじゃないの〜!力でねじ伏せるプレースタイルって分かりやすくて爽快で大好きです。そして次は皇帝フェデラー...........ゴン、自分の信じるプレーを!


Men's Singles - Quarter-Finals

Roger Federer  SUI (1) vs Fernando Gonzalez  CHI (21)
Lleyton Hewitt  AUS (3) vs Feliciano Lopez  ESP (26)
Thomas Johansson  SWE (12) vs David Nalbandian  ARG (18)
Sebastien Grosjean  FRA (9) vs Andy Roddick  USA (2)


そして女子の方に目を移しますと
Women's Singles - Fourth Round

(1)L Davenport (USA) d. (15)K Clijsters (BEL) 63 67(4) 63
(2)M Sharapova (RUS) d. (16)N Dechy (FRA) 64 62
(3)A Mauresmo (FRA) d. (13) E Likhovtseva (RUS) 64 60
(5)S Kuznetsova (RUS) d. M Maleeva (BUL) 64 63
(8)N Petrova (RUS) d. K Peschke (CZE) 67(5) 76(7) 63
(9)A Myskina (RUS) d. (6) E Dementieva (RUS) 16 76(9) 75
(12)M Pierce (FRA) d. (26) F Pennetta (ITA) 63 61
(14)V Williams (USA) d. J Craybas (USA) 60 62

Women's Doubles - Third Round
(8) Groenefeld/Navratilova d. (10) Asagoe/Srebotnik 63 63
(7) Hantuchova/Sugiyama d. (9) Medina Garrigues/Safina 62 61

ダベンポートがクライステルスに勝ちましたか!う〜ん、ダベンポートは強い!ひょっとするとひょっとしますよ〜6年ぶりに優勝という線も充分に出てまいりましたね(・・;)

優勝候補筆頭のシャラポワ、大いにチャンスのあるモーレスモ、クズネツォワ、ミスキナといった面々もQFへ。そして全仏で久しぶりにファイナルまで進み観客を湧かせたピアース、全英でも1996年以来のQF進出であります。彼女に何があったのでしょうか、2回目のピークを迎えるのでしょうか...(・・;)

シャラポワとダベンポートにとって最も不気味な存在はヴィーナス姉さんでしょうなぁ。実績充分・能力充分なだけに要注目であります。優勝候補の3番手と見ました。


strong>Women's Singles - Quarter-Finals

Lindsay Davenport  USA (1) vs Svetlana Kuznetsova  RUS (5)
Amelie Mauresmo  FRA (3) vs Anastasia Myskina  RUS (9)
Mary Pierce  FRA (12) vs Venus Williams  USA (14)
Nadia Petrova  RUS (8) vs Maria Sharapova  RUS (2)


いずれの対戦も目の離せない激戦になりそうです。優勝候補のシャラポワやダベンポートにしても一発のある難敵がQFの相手ですからね〜。

---------- ---------- ----------
blogranking ←人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« ビールが旨い季節の尿酸値 | トップページ | Wimbledon2005 DAY8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5485/4742453

この記事へのトラックバック一覧です: Wimbledon2005 DAY7:

» ベスト8出揃う!ウィンブルドン [ブログで情報収集!Blog-Headline/sports]
「ベスト8出揃う!ウィンブルドン」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみ... [続きを読む]

受信: 2005.06.28 13:46

» ウィンブルドン7日目men's singles [テニス観戦...しましょ?!]
悲しいかな、男子の試合はFロペスvsMアンチッチの1試合、しかも録画!!...(涙 いくらシャラポワブームだからといって〜今までずっと見続けてきたテニスファンの気持ちを踏みにじられて悔しい〜!!!(一言愚痴を言わずに入られなかったっ) と、気を取り直して...早いものでベ..... [続きを読む]

受信: 2005.06.28 16:21

« ビールが旨い季節の尿酸値 | トップページ | Wimbledon2005 DAY8 »