« Fed Cup2005 Final | トップページ | AIG OPEN 2005行きますか? »

2005.09.19

あなたはどっち派?

今月のT.Tennis(以下T.T.)の技術記事を読んでいて気になった箇所がありました。ん?って思うならスルーしちゃえば良い事なんですが、非常に断定的に書かれていたので「そうなのかなぁ?」と食いついちゃった次第です。

気になった箇所は「サービスのテイクバック」についてです。下手な絵ですがいちおう図を参考にしながらお読みただければと思います(^^ゞ

serve_L丁稚は左図のように大きく後ろに腕を引いてからラケットを上に持ってくるテイクバックなのですが、T.T.のその記事によると「何らサーブに影響(球速UPや威力UP)をもたらさないばかりか、肘などに故障を発生させる原因にもなりかねない」と一刀両断されたスタイルそのものであります。

うへっ(@o@)となりました「そこまで切って捨てなくても良いのに」と。ではどのようなテイクバックがヨロシイのかと言いますと...

serve_M記事曰く「テイクバックがセットの位置にラケットを正しく置く為の動作とするならば、ロディックのような(左図のような)テイクバックこそ理想的である」と書かれていました。

ふ〜ん(・_・)これこそ理想的なんですか....。ま、確かにコンパクトにフォームがまとまって安定感が出そうな気はしますな。スマッシュの時は下のようなコンパクト・テイクバックで打ってますから、「サーブもコレ(コンパクト・テイクバック)で打て!」と言われれば打てない事は無いと思います。威力や球速は変わらないんだし...

って本当!?

そりゃ最速サーバーのロディックが採用しているテイクバックだけど、万人がコンパクト・テイクバックで力をロスせず打ち切れるの?相手はロディックですよ!?筋力が違うじゃん! スマッシュは足を自由に動かせるからサーブとはチト違うし、何よりコンパクトなテイクバックだと胸の張りや肩の回転を出しにくいと思うんですが....。

野球の投球動作からこの意見の確証を得てみる努力をしてみましたが、耳のヨコを掻くようなコンパクト・テイクバックでボールを投げるのは盗塁を刺す時のキャッチャーの動きでピッチャーの動きでは無いような気がするんですよ。(以前オリックスにいた星野投手などは耳のヨコを撫でるようなテイクバックで投げていましたが、球威で打者を討ち取るというよりもテイクバックした腕が頭の後ろに隠れることで打者のタイミングを外すタイプだったんですよね〜)

コンマ何秒という盗塁走者との時間的な戦いから、大きなテイクバックが許されないキャッチャーはコンパクト・テイクバックを採用します。しかしキャッチャーはたいがい強肩の選手がなりますし捕球するや否や素早く踏み出してますから、コンパクトなテイクバックでも矢のような送球が出来るんですよね〜。

ただピッチャーは投げる前に左足(右利きの場合)を大きく上げますからバランスをとる為に右手を大きく後ろにテイクバックするというのも考えられます。いやいや走者を背負っている時のセットポジションからの投球(左足は大きく上げずにそのまま擦るように前へ踏み出します)でも、右手のテイクバックはなるべく大きく取ろうとしてるはずだよなぁ。

その他にもハンドボール、バドミントン、バレーボール、砲丸投げ........色々な競技で考えてみましたがコンパクトだったり、大きく引いていたりマチマチですなぁ(^_^;)競技ごとに条件が違いますから当然か。

皆さんはどちらで打ってますか?

---------- ---------- ----------
blogranking ←人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« Fed Cup2005 Final | トップページ | AIG OPEN 2005行きますか? »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつもこのブログを拝見しています。
その記事は自分も読んで、テイクバックを直そうとしています。
さすがに『肩に負担がかかる』とまで言われると直すしかないですよね(・m・)
ちなみに今まではダイナミックテイクバック派でした…

投稿: 高2 | 2005.09.19 17:26

丁稚さん
こんにちはノブ@万年初級者です・・・(^^);;;
>あなたはどっち派?の記事を見て最近全~然意識なんかしないでサーブのテークバックをしていたので、、思わずラケットを取り出しサーブもどき素振りをしてしまいました・・・(^^)
・・・が嫁さんに見つかりお馬鹿と言われてしまいました。。。。(^^)
・・・でノブの行き先はボールに聞いてくれ1stサーブはどちらでもなく真横に手を開いた??
ような感じでテイクバックしておりました。。。(そんなこと素振りせんでもわからんといかんとです・・・(^^);;;)
たしか、色々1stは試行錯誤してロジック系のテイクバックをすると軌道の距離を出せずヘロヘロサーブ、かといって丁稚さんばり?のテークバックだとボールを叩く前に疲れてヘロ~ンとしたスイングになってしまったよーな気がします。
・・・で今はシンプルに野球のオーバースローでシュートを投げるイメージで打っておりますが、まあ、今のところ一番ましなよーであります。
まあ、サーブは入ってナンボなんで・・・1stが打てていないときは小さなテイクバックでヘロヘロいんちき回転サーブで打ったりしております。。。
う~んサーブは難しい・・・?
フェデーラなどのプロだって1stは60~70%の確立なんだからド素人のノブははいればめっけもんぐらいの気持ちで居直ちゃっております。。。(^^)
・・・長々と失礼致しました。。。。

投稿: ノブ | 2005.09.19 18:18

こんばんは

さらに楽しいネタですね。

あたしの場合は丁稚派です。肩を壊した時には最初にラケットを担いでトスを上げて打ってました。

どちらが良いかはまだ分からないと思います。プロでもロディック派はまだ少ないと思います。要はトスの上げ易さ、タイミングの取り易さかななんて思います。

あたしになりに他の競技を考えて見ました。

ハンドボール
 前から引いて胸を開く動作をします。後ろに引いて投げる場合もあります。どちらが良いかというよりはシュートしたいのか、パスしたいのかなど状況で判断ですよね。前方向への動作です。

バドミントン
 利き腕が右の場合は右足で蹴ることが多いです。後ろに手を回して右足で蹴るとバランスを崩し易いのと動きにくくなります。そして、動作が1テンポ遅れてしまいます。テニスでもスマッシュで下からラケットをあげる人は殆どいないことを見ても良くわかると思います。
上方向の動作です。

バレーボール
 タイプは上から下からの両方がいます。バレーボールは基本的に左足でタメをつくり、打ちます。動作は上方向(当然ジャンプしますので)ですので、両手を萬歳のホームをとるのでロディックタイプになります。
ただし、ここで大砲型もしくは大型アタッカーと言われる人達には下から手を持っていく丁稚型の人も多く存在します。ある程度ジャンプ力がある人は球威を上げるために下から(後ろから)のテイクバックを必要としているのかもしれません。ここで、下から手をもっていく丁稚型を行うためのポイントは左足でタメを作るために、後ろ(下から)から腕を出すことが出来るのではないでしょうか。

砲丸投げ
 重たい砲を肩から離れた場所に持つのは肩に負担を掛けるだけです。

TTの主張について
 確かに重さがあるものを下から持ち上げる場合には肩に負担が掛かるという主張は分かります。
 ただし、世界最速を誇るロディックが下からラケットを出せばもっとスピードがでるかもしれません。そして、上、前方向に体を持っていける下からのテイクバックはサーブの打点を上にそして前に持っていける可能性が高くロディックのサーブがもっと向上するかもしれません。
でも、サーブの安定度が下がるかもしれません。

オヤジの戯言だと思って呼んでください(^^;

投稿: あたし | 2005.09.19 21:08

おひさしぶりです。僕も以前テニスジャーナルで同様の記事を読みました。
個人的な考えですが、過度に大きく肩関節を回さない限りはどちらも怪我のリスクなんて変わらないと思います。ラケットをセットし終われば後の動作は全て同じですからね。むしろ何で肘を怪我するのかがよくわかりません(苦笑)
トスの高さや、人によってどちらのほうがリズムを取れるかって言う要素も強いのではないでしょうか?ちなみに、僕は安定感を求めるせいかスタンス移動なし、コンパクトテイクバックのロディック型です。速度は雲泥の差ですがw

とまぁ偉そうにのたまってはみたものの、所詮初級者ですのであまり参考にはならないかもしれませんが…(汗

投稿: 鉛筆 | 2005.09.19 22:51

先日はどうもー!お疲れ様でした。
サーブのフォームは人それぞれですよね。
まぁそれいっちゃえば元も子もないですが...
ロディックは比較対象にならないかと...

私はぐりんと8の字スイングですね~。
今日サーブのデモしたら背骨がゴリゴリッといっていました...

投稿: うにのり | 2005.09.20 00:14

やすぞうは最初、丁稚型でした。
肩を痛めるということですが、私の場合、手首にきてしまいまして。
(どうもこねくりまわしていたようで。とほほ)
サーブのテイクバックが原因だとは思わなかったんだけど、
コーチにコンパクト型に矯正されてから、少なくとも手首は痛くないです。

おばばのダブルスなので、エースをねらうサーブより、
確実に入れるように心がけております、はい。
(目下の悩みはトスが急に定まらなくなった・・・ こっちの方が深刻)


投稿: やすぞう | 2005.09.20 00:35

はじめまして。
僕もその記事見ました。
そうなのかなぁ・・・とか思いつつも確か以前の記事にあったような、ただコーチに言われただけのようなあいまいな記憶ですが、速いサーブ打ちたいときは後ろから、とか安定させたいなら前からとか言ってた気がします。

僕は後ろを回すというよりは下げてある手を体の前の向きの方へ振り上げる感じになっています。
フェデラーをまねたつもりなんですが、なかなかうまく行きません・・・^^;

投稿: Xform | 2005.09.20 01:09

むかーし、ヤリードという選手が
このコンパクトテイクバックだった気がします。
当時にしてみたら異様でした。

僕もダイナミック派だったんで
この記事読んでびびりました。

まー打てなくもないけど、
テイクバックでリズム取ってたからちと・・・。

昔はよしとされていたことが
今では否定されてしまう。

コーチとか大変だろうなぁ。(ひとごと)

投稿: あに | 2005.09.20 09:49

> 高2さんへ

いつもおいでいただき誠に有り難うございます。

ご年齢がハンドルネーム通りであるならば、矯正なさるのも良い考えかも知れませんね。前途洋々たるテニス人生が広がっていらっしゃるんですから、故障なんてしたらつまらないですから。ぜひロディック目指して頑張って下さい!(^○^)

--- --- --- --- ---

> ノブさんへ

丁稚もT.T.の記事読むなり思わずウチワでサーブのフォームを確認しましたよ(^^ゞ

ノブさんはヘッドを立てて真横に開く感じなのでしょうか?プエルタっぽいサーブなのでしょうかね。シュトラーみたいに担いでからトスアップする人もいらっしゃるし、テイクバックにも個性が出ますよね。

そうそう急にダイナミック型からロディック型に変えちゃうと身体を使い切れなくってヘロヘロサーブになりがちですよね。しかしながらおっしゃる通り、ダイナミック型もタイミングがズレ始めると.....無限地獄に落ちます(T_T)

丁稚の場合、ダブり始めると際限なくなって、そのうちダイナミックに引いておきながら振れてないサーブに.....本末転倒なり。

投稿: 丁稚 | 2005.09.20 10:26

> あたしさんへ

>> 肩を壊した時には最初にラケットを担いでトスを上げて打ってました

ラケット担いでからトスアップするのは、サーブが安定しますよね。しかも肩にも負担がかからないのですね。

>> プロでもロディック派はまだ少ない

プロの世界ではクイックサーブ系が増えてますから、今後ロディック型が一般的になるかも知れないです。ただ一般の愛好家は短時間に力を溜めて下半身から次々と捻り戻しを連鎖させて最終的にラケットヘッドを最大限に加速させるセンスや筋力がが無いと難しいですよね〜。

日曜ハードヒッター御用達クラスのレギュラーでピュアドラ使いの方はクイックサーブからエゲつない球速のフラットを放ちます。彼はセンスも筋力も素晴らしい、ただ丁稚があのようには....(-_-;)と思ってしまいます。

>> 要はトスの上げ易さ、タイミングの取り易さかななんて

おっしゃる通りテイクバックって無意識に形作られたモノですもんね〜。別に「速いの打ったろ!」と思ってダイナミック型になったワケじゃないんですよ〜。

丁稚は中学の時、ハンドボール部だったんですよ〜。すっげ〜地味スポですな(^^ゞシュートやフリースローの時はグワ〜とボールを後ろに持って行ってました。丁稚のサーブのテイクバック(腕や手首の使い方)はハンドボールで形作られたのかも知れません。

>> 世界最速を誇るロディックが下からラケットを出せばもっとスピードがでるかもしれません

あれ以上速くなったらオバケです(^_^;) 彼はきっとせっかちなんでしょう「あぁ早くボールをシバキ倒してぇ!」って(嘘)でもあの短い時間に彼の持つ超弩級のパワーをラケットヘッドの加速に変換出来るのはすごいセンスです。さすがは世界一のビッグサーバーです。

--- --- --- --- ---

> 鉛筆さんへ

>> 過度に大きく肩関節を回さない限りはどちらも怪我のリスクなんて変わらない

ですよね〜、丁稚もそう思っちゃいます。だってみんながみんな肩壊してないですもんね(^_^;)

>> ラケットをセットし終われば後の動作は全て同じですからね .....トスの高さや、人によってどちらのほうがリズムを取れるかって言う要素も強いのではないでしょうか?

そうですそうです。全く一緒であります。だからこそダイナミックに引く意味が無いと言われればそうかも知れないっすな(^^ゞ

スタンス移動無しのロディック型ですか!素晴らしい。今風のサービスフォームを手に入れられているわけですな!丁稚はどこもかしこも懐古主義なり(苦笑)

投稿: 丁稚 | 2005.09.20 10:55

> うにコーチへ

>> 先日はどうもー!お疲れ様でした。

お邪魔いたしましたです〜。

>> サーブのフォームは人それぞれですよね。まぁそれいっちゃえば元も子もないですが...ロディックは比較対象にならないかと...

まったくもっておっしゃる通りであります。コーチとしてどうすか?T.T.のあの斬り捨てぶり....(^_^;)

>> 私はぐりんと8の字スイングですね~。今日サーブのデモしたら背骨がゴリゴリッといっていました...

がはははは。凝り性ですか?18くんに悪霊祓い...違った肩揉みお願いしなきゃですね。

それはそうと うにコーチも8の字スイングですか!う〜ん心強いですなぁ。そしてうにコーチは全てのショットがダイナミックなのですね!私生活もダイナミック?

--- --- --- --- ---

> やすぞうさんへ

>> やすぞうは最初、丁稚型でした。肩を痛めるということですが、私の場合、手首にきてしまいまして。

あらま(@o@)矯正派の方発見であります。手首に来ちゃったのですね。ダイナミック型は手首をゆるゆるに緩めながらセット位置近くまで持ってこられる利点があるのですが、何かの弾みで手首を痛めやすくなるかも知れないですね。うむうむ気を付けよう。

>> エースをねらうサーブより、確実に入れるように心がけております、はい。

素晴らしい!丁稚も早くその心境に辿り着かなければならないのですが、ほとばしる若さ(いや言わせておいて下さい)が邪魔をしてしまいます。まだまだ球威向上目指せ〜!!!!であります。(^^ゞ

>> 目下の悩みはトスが急に定まらなくなった・・・ こっちの方が深刻

トスってどうしてあぁも乱れてしまふのでせう。原因は心の乱れ?身体の乱れ?私生活の乱れ?

投稿: 丁稚 | 2005.09.20 11:32

> Xformさんへ

コメント有り難うございます

>> 速いサーブ打ちたいときは後ろから、とか安定させたいなら前からとか言ってた気がします。

うんうん聞いた事ありますあります。でも以前はダイナミック型を否定するところまではいってなかったような.....(^_^;)ねぇ

>> 僕は後ろを回すというよりは下げてある手を体の前の向きの方へ振り上げる感じになっています。フェデラーをまねたつもりなんですが、なかなかうまく行きません・・・^^;

プロ選手のフォームを真似たいって心境良〜く分かります!丁稚もマッケンロー、レンドル、ビランデル......よく真似したクチです。良いところはドンドン真似した方が良いんじゃないっすか!丁稚はビランデルのワイパースイングを真似したつもりが、チョリンな当たりのフォアがクセになってしまいました.....。

--- --- --- --- ---

> あにさんへ

>> 僕もダイナミック派だったんでこの記事読んでびびりました。まー打てなくもないけど、テイクバックでリズム取ってたからちと・・・。

そうそうテイクバックでリズムをとりますよね。トスの定まらない丁稚の場合は帳じり合わせとも言いますけど....(-_-;)

>> 昔はよしとされていたことが今では否定されてしまう。コーチとか大変だろうなぁ。(ひとごと)

丁稚がテニスを始めた太古の時代と現代ではまるっきり変わっちゃいましたよねフォームの基本!

存在を否定されてしまうオールディーズなコーチもいたりしちゃうでしょうなぁ。.....って他人事ではありまっしぇん(@o@)丁稚のフォームもT.T.で全否定されてますから....。

投稿: 丁稚 | 2005.09.20 11:58

>丁稚もT.T.の記事読むなり思わずウチワでサーブのフォームを確認しましたよ(^^ゞ

わぁーいお仲間ですね〜〜(^^)

>ノブさんはヘッドを立てて真横に開く感じなのでしょうか?プエルタっぽいサーブなのでしょうかね。

そうなんです。色々それこそ丁稚さんのように、レンドルのマネをして’とてつもなく高いトスアップ’やってみたり(トスのボールの落下スピードをも利用してすんごいサーブを・・・のはずが・・・空振り連発で・・・(x_x)だめ・・・)はたまた、エドバーグのマネをで反り上がりジャンプスピンサーブを目指すもすっぽ抜けヘロヘロスライスサーブ(泣)になってしまったり。。。
・・・でインパクトのみを考えるようにしていったらヘッドを立てて真横に開く感じのテークバックに結果としてなっていたようです。。(自分のことながらかなり投げやり・・・(^^);;)

>丁稚の場合、ダブり始めると際限なくなって、そのうちダイナミックに引いておきながら振れてないサーブに.....本末転倒なり。

・・・あはは・・それ丁稚さんの気持ちよ〜くわかります。。。(^^)(^^)
目の覚めるような、ノータッチエースのとれるすんごいサーブやスピンの効いたサーブで相手のリターンが浮いたところを華麗にボレー・・・男の子の夢ですな〜〜(オーィノブ、お前いいおっさんだろが〜〜(x_x)☆\バコッ!)
そ〜んな夢をみるからこそのダイナミック型.....無限地獄に落ちます(T_T)じゃあーりませんか。。(^^)

たぶん完成することのない幻のウルトラサーブを目指しましょ〜〜

投稿: ノブ | 2005.09.20 14:08

> ノブさんへ

レンドル、エドバーグ......色々とご苦心なさって今のフォームに行き着かれたわけですね。今のテイクバックはまさにコンパクトとダイナミックの中間で、誰にでも矯正が効きそうですね。丁稚も無限地獄に陥り始めたら試してみます。

>> 完成することのない幻のウルトラサーブを目指しましょ〜〜

うぐっ(@o@)クリティカルヒットであります。まさに瞬殺ですな。こ、心意気だけは持ち続けてみせますとも(^_^;)未だ見ぬ幻のウルトラサーブ完成目指して......。来年辺りは超ウルトラ・コンパクト・サーブになっているかも知れません。喰らえドロップサーーーーーブ!チョリ〜ンって。

投稿: 丁稚 | 2005.09.20 15:45

実は自分も中学時代ハンドボール部でした。
補欠ですが…
テニスも先日のランキング戦で1年に負けてしまい、高校でもレギュラーにはなれそうにありません…(>m<)
ラケットの知識なら部員の中で一番詳しいんですけどねw

投稿: 高2 | 2005.09.20 20:13

> 高2さんへ

おぉ同士よ!地味スポ同士!(^_^;)

このオシャレな中学生が増えた昨今でもハンドボールを部活に選択する奇特な若人がいるのですな、感激です。

ちなみに丁稚もユニフォームは貰いましたが、試合には出させてもらえませんでした。そして3年になって部活が嫌になって辞めました.....根性なしです。

高2さんは何があっても続けて下さい。3年から部室で小突かれても、生意気な1年に腹が立っても是非やり遂げて下さい。丁稚のように負い目を感じながら生きるハメになりますよ、いやマジで。

高2さんの武器は何ですか?サーブ?ボレー?フォア?バック?リターン?カバーリング?コントロール?戦術?とにかくボールを毎日飽きるほど打てる時に武器を磨き上げて下さい。

高校時分の実力の伸びは半端じゃないですから、腐らずに自分の可能性をグ〜ンと伸ばして下さい。応援してまっす。

投稿: 丁稚 | 2005.09.20 21:44

丁稚さん,ご無沙汰です.
ボクもTJやTTの特集読んで,
昔の常識が今は非常識になってるんだなぁと,
なんだかしみじみしてしまいました.<30代後半のつぶやき...(・_・)
でも影響されやすいので,早速ダイナミック→コンパクトに宗旨替え.
で結論は,週1プレーヤーレベルではあんまり関係ないかも...というものでした.
当たり前ですけどコンパクトにすればそれだけで
ロディックのようなサーブが打てるわけじゃないですよね...ははは.
トスとのタイミングのあわせ方は確かに変わりますけど,あとは個々の好みの問題かと.

さてさて,ブログもずっとサボっているんで
またがんばって書かなきゃなぁ...

投稿: clioclio | 2005.09.20 22:45

> clioclioさんへ

>> 早速ダイナミック→コンパクトに宗旨替え.で結論は,週1プレーヤーレベルではあんまり関係ないかも... ロディックのようなサーブが打てるわけじゃないですよね...ははは.

ロディックになりませんでしたか?おっかしいなぁ(^_^;)きっと次回はロディックになってるはずです。と思います。


>> トスとのタイミングのあわせ方は確かに変わりますけど,あとは個々の好みの問題かと.

おっしゃるように好みですな、最終的には。この記事を書いて以来、ウチワ片手に繰る日も繰る日もコンパクトテイクバックからのサービスフォームを試しています(^_^;) トスが高いから待ち切れずによれよれっと来そうです。ははは

投稿: 丁稚 | 2005.09.21 15:36

テークバックをどうするかですか・・・確か以前のテニスマガジンではテークバックを大きくしてもサーブの威力は変わらないというサプライズな特集をやってました。テークバックはタイミングの取り方なので、自分が打ちやすければそれでいいと思います。僕はフェデラーみたいに足を寄せずに(ロディックも寄せませんが)自然な感じで打ちます。そういえばG・モンフィルもロディックみたいな打ち方ですね。

投稿: Tomo | 2005.09.21 17:16

> Tomoさんへ

結局はタイミングの問題でT.T.の断定記事は間違いないということなんですなぁ。大きなテイクバックでしかサーブの準備が整えられないから丁稚は続けますが、いつしか「あのオッサン、いまだにあんなフォームでサーブしてやがる」とか思われちゃうのかも知れないっすね。

投稿: 丁稚 | 2005.09.21 17:34

>丁稚さんへ

ありがとうございます!
武器になりそうなものはダブルバックのクロスラリーぐらいしかありませんが…
かなりの細身なのにnSIX-ONEtour愛用してます(打球感最高)
小さくて薄いラケットって、凝縮された打球感があるんですよね(>n<)

投稿: 高2 | 2005.09.21 20:35

> 高2さんへ

ダブルバックのクロスラリーが武器なんてイイじゃないっすか!(^○^)素晴らしい武器でありますな!

部活ドロップアウト、ましてやテニス部(3日だけ在籍)未体験の丁稚が物言うなんておこがましいですが、いっぱいいっぱい武器を磨ける余地がありませんか?

誰よりもミスらず深く返し続けられる、重たいヘビースピンも打ち抜くフラットドライブもタイミングの良いアングルも自由自在「バックのクロスラリーの展開になればポイントはもらった」ってとこまで武器を磨きませんか!

自分を磨けば自ずとポジションは定まってくるはずです。レギュラー奪取燃えて下さい!絶対的な武器があれば強くなれるはずです。さらに応援してまっせ!

投稿: 丁稚 | 2005.09.21 21:33

サーブのフォームを教えるときにコンパクトなフォームで教え始めるコーチは、まだいないと思うので暫くは大丈夫じゃないですか?それに1度身についたフォームを変えることは、そんなに簡単じゃないですし。

ところで、昔はサーブを打つときは足を寄せることが常識だったんでしょうか?ちょっと前まで、フェデラーがサーブをパワーアップさせるためには、足を寄せたほうが良いという意見が多かったのですが、最近は足を寄せないほうが安定感が増すみたいな意見が多くなっているような気がします。そういえば、アガシは足を寄せたり、寄せなかったり・・・

投稿: Tomo | 2005.09.22 14:25

私もこの記事が気になっていたので一言。

私の場合ずっと大きくテイクバックを取っていましたが、
たしかにこのコンパクトなフォームのほうが、
肩が上下しないで安定しやすいです。

野球でいえばヤクルトの五十嵐投手がこのフォームに近いかもしれませんね。
150キロ越えストレートをバンバン投げますし。

投稿: HIRAI | 2005.09.22 15:22

こんばんは.
このネタ,どんどんふくらんでますね.

>Tomoさんへ

テイクバックとともに驚きなのが,
スタンスに関する考え方の変化です.
10年前は後ろ足を寄せるのが主流だったのに...
寄せた方が体重移動がうまくいく,ってな論調でした.
当時のトッププレーヤーはエドバーグ.
(プロスタ使い!>丁稚さん)
クローズドスタンスから後ろ足を寄せて外に蹴り上げ,
キックサーブを打ってネットを取るスタイルでした.
今はフェデラーもロディックも寄せないスタイルで,
寄せない方が軸がぶれずに安定するから良いとされてる.

その時その時の流行りのフォームが先にあって,
理屈は後からついてくるんですね,たぶん.
テニス雑誌の技術論ってそんなものかも?!

結論は自分が打ちやすい好みのフォームで打てばいいってことでしょうか.

投稿: clioclio | 2005.09.22 20:07

>clioclioさんへ

やっぱり、昔は足を寄せる方が一般的だったんですね。でもフェデラーとロディックは微妙に違いますよね。フェデラーの構えは寄せるタイプと同じだけどそこから足は寄せない。一方ロディックは初めから足を寄せた感じじゃないですか?僕は足を寄せる打ち方で習いましたが、サーブのモーション中に足を動かすことに違和感があったので勝手に寄せないタイプにしています。

投稿: Tomo | 2005.09.22 21:09

> Tomoさんへ

>> 昔はサーブを打つときは足を寄せることが常識だったんでしょうか?

いえ、丁稚がテニスを始めた20年前は違いまっす。昔は引き寄せずに打ちにいくのが基本だった気がします。そして打ち終わりには右足が前に出るようなフォームがヨシとされていました。ちょっとマッスル盛り沢山でダイナミックではありますがベッカーのサービスが昔の基本形じゃなかろうか。

--- --- --- --- ---

> HIRAIさんへ

コメント有り難うございます。

>> コンパクトなフォームのほうが、肩が上下しないで安定しやすいです。野球でいえばヤクルトの五十嵐投手がこのフォームに近いかもしれませんね。150キロ越えストレートをバンバン投げますし。

おぉ〜そういえばヤクルトの五十嵐はキャッチャー投げですが、メッチャ速くて重い球投げてますね〜。悪童伊良部もそういえばコンパクト系だったような。フィジカルが相当強いんでしょうなぁ彼らって。

確かにコンパクトにセットして膝や腰や肩の捻りを充分に入れてやれば、充分に球威のあるサーブになりそうです。レッスンで試してみようと思っててすっかり忘れてました....(^^ゞ

投稿: 丁稚 | 2005.09.23 18:16

> clioclioさんへ

>> その時その時の流行りのフォームが先にあって,理屈は後からついてくるんですね,たぶん. テニス雑誌の技術論ってそんなものかも?!

まさにおっしゃる通りでしょうね。雑誌はプロ選手の新技術の裏打ちを必死に究明する立場のように見受けられますもん。

丁稚の通うメ●ロス・テニス・スクールは丁稚も納得の古式ゆかしいコーチングをする傾向ですが、それでもやっぱり徐々に徐々に変わって来つつあるようにも感じています。指導する側のコーチは、常に最新のフォーム研究が欠かせないでしょうなぁ。

投稿: 丁稚 | 2005.09.23 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5485/6016182

この記事へのトラックバック一覧です: あなたはどっち派?:

« Fed Cup2005 Final | トップページ | AIG OPEN 2005行きますか? »