« Timbuk2 Classic Messenger | トップページ | そろそろクリスマスの.... »

2005.11.25

泣きの1レッスン

明日はXデー(^_^;)本来なら心静かに我が家にてチェック漏れ(清掃・整理)が無いか、確認に充てるべき晩であります。

んが!しかし!レッスンに行って来ましたよ〜!(^○^)

だってテニスに行ける機会に恵まれた最後の晩に、駄目駄目サーブでヘコんだままノンビリと我が家に居られましょうか。いや正直なところは自分でも「今夜もあのサーブだぞ。家でビールでも呑んでゆっくり過ごした方が精神衛生上、良いんでないの?」と思ってましたけどね(^^ゞ

ただ本当にこの状況のまま週1ペースに戻したとしたら、昨晩のあの悪夢がトラウマとなりトスアップにイップスが発生しかねない。虎の子の振替が1レッスン分残っていることも後押しとなり、気持ちを奮い立たせてスクールへ。

ヘビースピンが自慢のKコーチが担当する上級クラスに初めて参加しましたが、今夜はとびっきり参加人数が少なくて丁稚を含めて5名(@o@)メ●ロスとしては貴重な貴重なクラスでありますな。おかげさまで球出しからの各ショットの練習だけでも汗ビッチョリになるぐらい打てました。

さてレッスンが中盤に差し掛かり半面クロスのシングルス。いよいよ問題のサーブと相対する時間となりました。しかしながらサーブの前にリターン役をたっぷりさせて頂いたおかげで身体は充分にほぐれ、心境的にもかなりふっ切れた状態でサーブを打てました。

トスがふんわり上がる!(^○^)

あぁ素晴らしい!こんなにボールを楽にトスアップ出来るなんて!結構な回数サーブを打たせてもらいましたが、ふんわりとトスを上げ続けることが出来ました。トスがしっかり上がれば、半分は入ったようなもの。実戦ドリルですから2ndの心持ちで、ラケットを大きく上に振り抜くように打ちますってぇとネットを越えてキュッと落ちてくれてました。ま、フォルトも多かったけれど昨夜ほどは酷くは無かったです。

勇気を出してレッスンに来て良かったなぁ〜(T_T)

しかしレッスン最後のゲーム練習では、またしても高確率でダボ.....。トスはふんわりと上げられていたのにラケットが振れてなかった。あにさんのアドバイスを心に繰り返しながらサーブを打っていましたが、すっかりブルってました(-_-;)我ながら気が小さいことよ。

モヤモヤとした気持ちに支配されながらレッスン終了。参加者全員でストレッチをしている時に、今夜ペアを組んで下さった方が「あんなにシングルスの時は速いサーブをバンバン入れてたのにねぇ」とポツリ。

ん?速かった?2ndのつもりで打っていたのに

いやいや読み苦しい書き方してゴメンナサイ。天狗になりたいわけじゃないんですよ(^_^;)でもぐにゃぐにゃに脱力して上に振り抜いていただけなのに、リターン側には充分なプレッシャーを与えられるサーブが行っていたということなんです。これは発見であり、少しは喜んで良いのかも知れません。

但し!(-_-;)裏を返せば絶対的な2ndサーブを持っていないことの証しなのであります。これはやっぱりマズイよなぁ。2ndサーブっていつまでたっても全然身に付かないなぁ。

* * *

サーブの話はこれぐらいにして。

だいぶアグレッシブにストローク戦に臨めるようになってきましたよ〜(^^)ちょっと振られるとおっとっとにはなりますがね。それでも深く強く、高く繋ぐ、アングルにスピン....いろいろと持ち球を駆使しながら楽しめるようになってきました。無理矢理ネットに詰めていかなくっても、ある程度はポイントを狙えるようになったかも。少なくともストローク恐怖症からは脱却しつつあります。黄金週間のおかげだな(^○^)

あとKコーチの高く跳ね上がるヘビースピン。めちゃくちゃ厄介なボールだったんですが、高い打点からでもそれなりに返球出来るようになりました。もうあのボールは怖くないぞ〜!

実は今月号のスマッシュで高い打点からの打ち込みについて技術記事があり、「インパクト後、ラケットはワイパーで...」というコツが掲載されていてなるほど!それだ!と思ったのであります。

実は今まで高い打点のボールを打つ時にいつも疑問に思っていたんですよ「ラケットヘッドはどこに抜いていったら良いの?」って。そのまま押しを強調してしまうと上に抜く余裕が無いから自然に面を被せていってしまうし、インパクト面の角度をしっかりキープさせようとするとヘッドが走らずに振り抜けないしね。

ところが今夜、スマッシュの記事にあったように高い打点でインパクトしてからワイパーでクルンとフェースを回してあげると、今までの窮屈さが消えてすごく楽に返球出来るようになったんです。まだバキュ〜ン!とハードヒット出来るところまではコツを掴み切れてないですけどね。得意なショットになる可能性も出てきたかなぁ(^○^)いや、そりゃ無いなぁ。

* * *

ま、悲喜こもごも色々感じるところはありますが『泣きのもう1レッスン』は大収穫となりました。さて明日からは本来の奉公の日々に戻りまする(^^)どうやらウイルスをたんまり持ち帰ってくれるとの情報です。風邪に注意でありますな。

---------- ---------- ----------

blogranking ←人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

| |

« Timbuk2 Classic Messenger | トップページ | そろそろクリスマスの.... »

コメント

こんばんは
いつも楽しく拝見させて頂いております。

いいですね~
サーブともストロークとも好調!
って感じですね

わたしも
「ネットを越えてキュッと落ちてくれる」
サービスが打てるようになりたいですっ!!

投稿: にらんでる | 2005.11.25 00:28

良い「黄金週間」だったようですね!

投稿: どさんこ | 2005.11.25 09:02

> にらんでるさんへ

い、いやあの......サーブだめだめです(-_-;)

フォルトやレットのサービスをポンとリターンしちゃう時あるじゃないですか、そういう時に限ってめちゃくちゃ良いリターンが返ったりしますよね。

昨日の丁稚のサーブもそんな感じです。ポイントも数えないような何のプレッシャーも感じないドリルでのサーブだったから、すごく力も気負いも抜けてラケットヘッドがシュッと走ってくれたみたいです。

ただこれが試合形式になると途端にブルっちゃうという(^_^;)なんとまぁ気の弱い男でしょうか。情けないっす。

--- --- --- --- ---

> どさんこさんへ

書き込みありがとうございます。

楽しい楽しい黄金週間となりました。いやぁテニスしましたね〜、何ヶ月分もやっちゃった気がしてます。

今日からは楽しかった日々を心の支えに嫁さんの顔色伺ながら暮らす日常を送ることになります.....。

投稿: 丁稚 | 2005.11.25 10:29

丁稚のアニキ、、黄金週間締めくくりに相応しく、サーブもストロークも修正、、さすがですね〜〜(^o^)

>ラケットを大きく上に振り抜くように打ちますってぇとネットを越えてキュッと落ちてくれてました。

お悩みのサーブ良いじゃーありませんか!
振り抜けさえすれば、サーブは必ず入るんだぁ〜って強く思い込めば向うところ敵なし??ですよ〜
丁稚さん自身も言われるとおり、自信とリラックスこれが1番ですよね〜、田舎のこちらみたく、ガラガラコート(冬は閉鎖なり(T_T))で30分もサーブ練をすれば絶対的2ndサーブもあっと言う間にマスターできますよ〜
ともかくも、2ndは思いっきり!!ですぜ・・(^o^)/G

投稿: ノブ | 2005.11.25 12:54

> ノブさんへ

>> 2ndは思いっきり!!ですぜ

アドバイスありがとうございますm(__)mやっぱり丁稚が思っていた通り、ノブさんはお上手なんですね!お言葉から窺い知れますです(^^)

2ndも1stも縮こまらずに振り切るように心掛けます。

投稿: 丁稚 | 2005.11.25 16:35

スマッシュの特集の紹介、参考になりますです。

高い打点のショットをボーンと爆裂アウトかへっぽこネットにしてしまうのって、初中級者には特に尽きない悩みなんですよね~。

ちなみにこうしたショットを丁稚さんが「スポコーン」と決めたら、丁稚さんファンがふえちゃうかも(^^;

投稿: ひき | 2005.11.25 17:52

> ひきさんへ

高い打点の処理って難しいですよね〜。丁稚もすごく悩んでました。ま、まだ上手に打ち返せてはいないんですが、窮屈さを感じることなく返球出来るようになったのは収穫かなと(^^)

>> こうしたショットを丁稚さんが「スポコーン」と決めたら、丁稚さんファンがふえちゃうかも

いやぁ今でも「キャ〜」と言われてますがね(-.-)

『寄るな!オマエひとりなんでそんなに汗をかいている!』

....と。丁稚がどんなショットを打とうが打たまいが何一つ変わることはございません(^_^;)

投稿: 丁稚 | 2005.11.26 09:39

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泣きの1レッスン:

« Timbuk2 Classic Messenger | トップページ | そろそろクリスマスの.... »