« プレースタイル解剖 | トップページ | カムバック!文化の日 »

2005.11.02

ベロア・ジャケット in Court

はい水曜です。久しぶりに楽天の売れ筋ランキングに「いっちょかみ」してみます。

先週はテニスボールの箱買いが猛威を振るいランキングの上から下までボールだらけ(^_^;)だったのですが、反動で今週(先週の売上)はラケットが13本(全30位)もチャートインしてます。しかし質実剛健なnSix-One Tour 90が総合ランキング1位というのは驚きです。FPインスティンクトも虎視眈々とトップを窺ってますな。そしてO3ホワイト、丁稚の周囲ではコーチやマダムの間で急増殖中です。O3シリーズの人気モデルに定着すること間違いなさそうです。ん?どうしたO3ピンクちゃん(@o@)今週は圏外ですな.....応援してまっす。

一目置かれる男に今年流行のベロアテニスジャケットSERGIO TACCHINI FTM45100一目置かれる男に今年流行のベロアテニスジャケットSERGIO TACCHINI FTM45100...総合10位/ウェア部門1位
注目の逸品はコレでしょう。ベロアのジャケット!おぉ遂にテニス界にもベロア旋風が(^^)冷え込んできましたからアウト派の方々はコートで脱ぎ着できるジャケットがそろそろ気になる季節ですもんね〜。しかもこのジャケットは袖の部分がリブ編みではなくってリストバンド風になっているのも上手いところを突いてきてます。テニスコートはもちろん街着でもいけそうだし、何より50%オフには説得力ありまくりですね。

しかしタッキーニってマッケンローの時代は高級ブランドだったんですが、テニスショップの世界ではすっかり安売りブランドになっているような気が........どうしてなのかぁ?

そうそうマッケンロー + タッキーニ + オッサンと来れば

限定復刻版!!マッケンローモデルUSA トラックジャケット セルジオ・タッキーニウェアデビスカッ...限定復刻版!!マッケンローモデルUSA トラックジャケット セルジオ・タッキーニウェアデビスカッ...
コレですよね〜。このジャケットを見ると鳥の巣頭にヘアバンドをした生意気顔のマッケンローが思い出されて仕方無いんですけど(^○^)このジャケットを買って着こなせる同年代の方が羨ましい。

今思い出したんですけど昔セルッティでブランド無かったでしたっけ?コナーズが着ていたような.....嘘かも(^_^;)ボルグがフィラでマックがタッキーニ、んでコナーズは.....あぁまたシナプスが切れてる。

---------- ---------- ----------
blogranking ←人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。

|

« プレースタイル解剖 | トップページ | カムバック!文化の日 »

お買物」カテゴリの記事

コメント

丁稚さん、こんにちは。
はじめて書き込みします。
いつも楽しく拝見させていただいております。
察するに同年代のような・・・・・。
セルッティ(チェルッティとも言ったようなかすかな記憶も・・・・・)ありましたね。
コナーズが着ているとどうも違和感がありました。
野獣にドレスのような感じがして・・・・・。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: とし | 2005.11.02 16:44

今のプロには、ほとんどタッキーニがいませんからねぇ。どうしても過去の栄光に引きずられて、いつまでたってもマッケンローが・・・と宣伝し続けるのでしょうね。何よりも僕に合うサイズがありません。そういえばマックラケットは12月みたいです。

TennisWarehouseでダンロップの価格破壊がおこってます。MFILが110ドルで買えます。さらに2本以上買うと1本あたり99.99ドルになるそうで・・・もう廃盤ですか?それともダンロップがテニスから撤退?

国内でもLMプレのキャンペーンを開始したところがありますし、来年にはFPですか?評判しだいではLMを買いますが。

投稿: Tomo | 2005.11.02 21:37

ダンロップさらに値下げです。MFILがついに1本99.99ドル、2本以上だと89.99ドルです。安すぎます!!これで損しないんですかね?いくら卸価格が違うと言ったって、日本とは差がありすぎです。US3本=JPN1本っていうのはオカシイと思うのですが。

投稿: Tomo | 2005.11.03 11:58

> としさんへ

いつも有り難うございます。コメント感謝です。

>> セルッティ(チェルッティとも言ったようなかすかな記憶も・・・・・)ありましたね。

すいません!謝ります。丁稚もチェルッティって申しておりました。でもちょっとググってみたらセルッティってなってたもんでお利口になってしまいました。ホントは、ホントはチェルッティで記憶していますm(__)m

>> コナーズが着ているとどうも違和感がありました。野獣にドレスのような感じがして・・・・・。

やっぱりコナーズでしたよね!チェルッティを着てましたよね!そしてテニス愛好家からかなりの人気を博していましたよね〜。いつから無くなっちゃったんでしょうかチェルッティのテニスウェア。ま、コナーズより似合わないでしょうがね、丁稚が着たら(^_^;)

--- --- --- --- ---

> Tomoさんへ

>> 今のプロには、ほとんどタッキーニがいませんからねぇ。どうしても過去の栄光に引きずられて、いつまでたってもマッケンローが・・・と宣伝し続けるのでしょうね。

タッキーニって今のプロは殆ど着てないんですか....。栄枯盛衰を感じますなぁ。

>> TennisWarehouseでダンロップの価格破壊がおこってます。もう廃盤ですか?それともダンロップがテニスから撤退?

えぇ〜〜〜〜〜(@o@)マジですか〜!!!!何が起こったダンロップ!

M-FILは売れてないのかなぁ。ブレークがドド〜ンと上がってきたし、かなり商業的にインパクトあるはずなのになぁ〜。やっぱりあの縞々グリップが悪いの....んなこたぁ無いか(^_^;)

ダンロップがテニスから撤退したら大騒ぎになりますな。というか買っときますかM-FIL200!日本でも安売りしねぇかなぁ〜。

投稿: 丁稚 | 2005.11.03 22:02

タッキーニ着用プロが何人いるかは不明ですが、トッププロにはいませんね・・・

MFILさらに値下げ・・・いったいどこまでいくのか?今日は1本79.99ドル、2本以上で74.99ドル。もう買うしかないですかね、丁稚さん?ちょっと理由を拙い英語で聞いてみます。教えてくれるかどうか分かりませんが?

投稿: Tomo | 2005.11.04 21:19

> Tomoさんへ

見ましたTW、マジであり得ない安売りになってますね(@o@)なんでなんだろうホントに。ショップ一番さんが秋休みを取ってるみたいなんで、アメリカへ買い出しに行っていることを期待しちゃってます。んで諸々の経費と利益をオンして12,000円ぐらいで売り出してくれたら........自分が怖い(^_^;)

投稿: 丁稚 | 2005.11.05 09:17

質問のメールが返ってきました。僕が「Gシリーズの在庫を抱えているにもかかわらず、どうしてMFILが信じられないくらい安いの?」って感じで質問したところ、「Dunlop is currently undergoing a change of ownership. The new owners have requested that we lower our prices on all Dunlop racquets. 」と返ってきました。簡単に訳すとDunlopのオーナーが変わることになって、その新しいオーナーが安くするように言ってるんだ。って感じですかね。オーナーが変わるってどういうことでしょう?また質問してみます。

投稿: Tomo | 2005.11.05 21:14

> Tomoさんへ

質問メールご苦労様でした。素晴らしい行動力に脱帽!

しかしオーナーが替わるのは良いとして、どうしてラケットを安売りせよと言う指令が.....開発費やら広告費やらとメッチャお金掛けて発表したM-FIL、いまはまだ利益を充分に取れる、いや取らなきゃいけない時期だと思うんですが(^_^;)

消費者にとれば嬉しいことですが、ダンロップがテニスから撤退という可能性も確かにありますな。事業整理の段階なのかな?

投稿: 丁稚 | 2005.11.06 10:16

とりあえずまた聞いてみました。すると「Dunlop has sold its racquet division to another company. At the moment it is uncertain if the new company will continue to produce Dunlop frames.」って返ってきました。え~言いにくいのですが、本当にラケット部門をどこかの会社に売却したみたいです。しかも、売却先がDunlopのフレームとして製造し販売し続けるかどうかは、まだ不確かで何とも言えないとのこと。住友ゴムはどうするんでしょうかねぇ?

投稿: Tomo | 2005.11.06 15:58

> Tomoさんへ

ほへ〜〜〜〜(@o@)たまげた!こりゃビッグニュースですよ!Tomoさん!

どうにも採算が合わなくて『マッケンローやグラフの頃は良かった...』とこぼしながら売却したんでしょうか......時代の流れは残酷ですなぁ。モーレスモやロブレドやブレークが一皮剥けてGSでも獲っていたなら変わっていたのかなぁ。

気になるのは国内ダンロップですな。米ダンロップとSRIスポーツの関係がどうなっているのかよく分かりませんが、M-FILシリーズの引受け先がSRIスポーツでないことは間違いないでしょうね。シリーズを続けるつもりならあんな馬鹿げた価格を許すわけがありませんもん。

MAX200Gから連綿と続いた名器の歴史が閉じられてしまうのでしょうか?そうなるとM-FIL200は買っておかねばならないかも.......早く国内でもズドンと値下げしてくれないかな(^_^;)

投稿: 丁稚 | 2005.11.06 16:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5485/6851586

この記事へのトラックバック一覧です: ベロア・ジャケット in Court:

» 因果関係 [ギリギリ!!]
ども。 今日は定時で帰りたいです。スープトリックです。 イタリアを代表する テニス/アパレルメーカ、 セルジオ・タッキーニと 日本を代表する医療機器メーカ、テルモは   ロゴがそっくりッ!! 昔「何?テルモ?何お前テルモのジャージ着てんの??」みたいに 思ってた・・・。 「おい、マッケンロー、テルモ着ちゃってるよ」みたいな・・・ これにはなんの�... [続きを読む]

受信: 2005.12.08 10:39

« プレースタイル解剖 | トップページ | カムバック!文化の日 »