« Hawaiianな夜 | トップページ | サーブの人 »

2006.12.09

YOKOHAMA Midnight Tennis

お、落ちやがった(・・;)久々に天を仰いだよ。力作を投稿しようとしたその瞬間にFireFoxがスッと.......。ちょっと表で一服してこよ(-_-;)気分入れ替えなきゃ書けんわ。

* * *

昨夜はひきさん主催のミッドナイトテニスに参加してきました。グッと冷え込み小雨もぱらついておりましたが、我らテニス馬鹿にはさほど気になるものじゃありませんな(^^)

1208 027

コートに着いてみるとひきさんの傍らにうら若き美人テニス愛好家が2人(@_@)あたしさんと丁稚の為に粋な演出でございますな!さすがはひきさん、ツボを心得ていらっしゃる。(どうしてこういう時にバッハさんは来ないのや!?鼻水垂らしてでもドテラ着て参加すべきだ!)

挨拶もソコソコにボレーボレーやショートラリーで身体を暖め、ボレー対ストロークのお約束練習で実戦感覚を覚醒させてからゲームタイム突入!ひきさん、ナイスな仕切り!

初めてお目にかかったテニス愛好家のおふたりは、若くて可愛い......じゃなかった(^^ゞ なかなか鍛えられたテニスをなさります。男子(オッサン)渾身のスピードボールをコトもなげに返球するのは当たり前。それどころか、それぞれの持ち球を生かして強気の配球でガシガシ攻めてきます。攻め手が早いので「女性だから...」などとボヤボヤしてられません。

聞くところによるとこのおふたり、どこぞの試合で老練なマダムテニスに搦め捕られて敗退し、かなりムカっ腹を立てているとのこと。「それなら今宵は、寝業師丁稚がメロメロにしたろか、げへへ」といやらしタッチ全開で攻めようと企んでいたのですが、いやらしショットを繰り出す前にスコ〜ンと打ち抜かれているという(・・;)甚だ情けない有り様。欲求不満解消には重宝したかと。

* * *

それにしてもこのコートはよくサーブが入ります。ホームコートであるメ○ロスのインドアでは入った試しも無いようなフラット系がバンバン入る(^^)なんでなんだろ。験が良いんだろうなぁ。

というわけでサーブだけは好調(ダボ多数含む)。ストレートは抜かれ放題だし、ドロップ気味のショットは追いつけずに大開脚しながら空振りするし......おおかた、いつも通りってことで。

* * * 昨夜のひきさん * * *

さすがは寝ても覚めてもテニスのことを考えているオトコだけあって、見るたびに成長してきますね!

昨夜は持ち前のパワーショットに加えて、プレースメントやタッチに重きを置いた柔らかいショットも織り交ぜながらのプレーを見せてくれました。非常に多彩ですね〜。伸び代は大きくなるばかりです(^^)

いつものことですが、ネットでの積極性は脅威ですね。半端なクロスボールは逃さず捕獲してきます。バレーボール出身だけに「前列の仕事はポイントを獲るコト」としっかり身体に擦り込まれているんですなぁ。

そしてその積極性を支えるのは素晴らしい動きとポジショニング。ポーチに出る出ないに関係無く、パートナーのボールに反応してネットに詰めているからこそリーチが広がっているのですな。ロブが怖い僕には真似出来ません。ひきさんは上に対する絶対的な自信があるからこそですね。

面感覚も非常に優れていますな。

ちょっと厚いグリップに見えるサーブフォーム、少し横振り系のバックハンドストローク、少々硬い印象のボレー......理想的と言われるフォームと若干異なる部分もある(失礼承知で書いちゃいました)のですが、飛んで行くボールは威力もプレースメントも絶品です。これは面感覚が優れているからこそだと思います。

「理想的なフォーム」は「失敗しにくいフォーム」とも言えるんですが、それを乗り越える面感覚...いや素手感覚がひきさんには備わっているのでしょう。やはり素手でプレーするバレーボールで、その鋭敏な感覚を身に付けたのかも知れませんね。そして現在の弛まぬ努力と工夫のなせる技なのでしょう。

* * * 昨夜のあたしさん * * *

初めてのコート、しかも初対面の女性メンバー、戸惑っておられました(^^)フレームでサーブを打つあたしさんを初めて見ましたもん。

「ボールが来ない」としきりに首を捻っておられました。照明も周囲の景色もいつものコートと全く違いますから、距離感が全く合わないんですよね〜。あそこのコートは待っちゃダメなんですよ(^_^;)迎えに行かないと来ないまま止まっちゃうから.....でもこればっかりは慣れるまで仕方ないですよ〜。

それでも要所要所では鋭いストローク・ボレー・サービスを決めておられましたね。きっとコートの具合も掴めた次回は手も足も出ないぐらいに暴れまくれるはずです。

---------- ---------- ----------
人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいですblogranking

ショップ一番 | テニスショップアド | アートスポーツ・ODBOX | テニス市場 | テニスマックス | テニスショップ エディ | KPI tennis | TENNIS 24 | SPOTAKA | ラケットプラザ | tennis goods seller | Sportsman 楽天市場支店 | テニスショップ starcraft | 中古テニスマーケット

テニス365

|

« Hawaiianな夜 | トップページ | サーブの人 »

オフ会 」カテゴリの記事

コメント

いやぁ~。
ここに晒し者にされて、いえ、持ち上げていただいてありがとうございます。
(自分が「まずいな~」と思っている弱点までw)

さて、昨日はエヌプロオープンを使ってみました。
振ってよし、当ててよしのナイスラケットでした。これくらいパワーアシストがあるラケットが、自分には一番あっているのかもしれません。
プレーに余裕が生まれます。

でもプレステMIDがすでに2本なので、しばらくはコイツで修行しなければ・・。
そそ。丁稚さんの柔らかいボレーと華麗なバックハンド、それから薄いグリップのサーブください~。
買います!オークションで。。

投稿: ひき | 2006.12.09 23:47

こんにちはー

お疲れ様でした。

サーブの入りがよくなっています。しっかり回転もかかっていますので、切れのあるサーブになっていますよね。
女ダブペア強かったですよね。楽しませて頂きました。
またやりたいですね。(寝技は丁稚さんに任せておきます(笑)
またやりましょう!

>フレームでサーブを打つあたしさんを初めて見ましたもん。

いつもこんなものですよー(これが実力です)

投稿: あたし | 2006.12.10 14:49

■ ひきさんへ

>> ここに晒し者にされて、いえ、持ち上げていただいてありがとうございます。(自分が「まずいな~」と思っている弱点までw)

ネタにしちゃってすいません。失礼なことまで書いてしまって申し訳ありませんm(__)m 負け犬の遠吠えとスルーしておいて下さい。

>> さて、昨日はエヌプロオープンを使ってみました。振ってよし、当ててよしのナイスラケットでした。これくらいパワーアシストがあるラケットが、自分には一番あっているのかもしれません。プレーに余裕が生まれます。

あれはnProオープンだったんですか。n62かとばかり思ってた(^_^;)

かなりFPプレとは打球感が違うでしょうけれど、違和感なく使えるラケットが他にもあると思えると気が楽になりますよね。ウイルソンは硬いっていう先入観があるんですが、そんなことはなかったですか?

>> プレステMIDがすでに2本なので、しばらくはコイツで修行しなければ・・。

鉄下駄ラケットと言われておりますので修業にはもってこい(^_^;)しかもLMよりもFPの方がその傾向が強いですし。ま、FPプレが使えれば何でも使えるってことで。

>> 丁稚さんの柔らかいボレーと華麗なバックハンド、それから薄いグリップのサーブください~。買います!オークションで。。

売ります売ります!買って下さい!ミス量産ボレーと飛ばないバックと入らないサーブ、いくらで買って下さいますか?FPプレ1本と交換でも可です(^_^;)

--- --- --- --- ---

■ あたしさんへ

>> サーブの入りがよくなっています。しっかり回転もかかっていますので、切れのあるサーブになっていますよね。

ありがとうございます。回転掛かってるんですね(^_^;)僕フラットのつもりで打ってました。引力で落ちてるんじゃなくって、いちおう回転で落ちてくれてるんですな......結果オーライ。

>> 女ダブペア強かったですよね。楽しませて頂きました。

歯が立ちませんでした。もうあのレベルになると女性も男性も無いですな。

>> またやりたいですね。(寝技は丁稚さんに任せておきます(笑)

ひきさんにお願いしてまた合コン....違った合同練習会を開いてもらいましょう。ピロートークは得意ですが、コート上では....(^_-)

>> いつもこんなものですよー(これが実力です)

いえいえ、ご謙遜を。あたしさんでも、ああいうことがあるんだと、気が楽になりましたよ(^^)いつもは隙が無いですからね。

投稿: 丁稚 | 2006.12.11 14:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5485/12995177

この記事へのトラックバック一覧です: YOKOHAMA Midnight Tennis:

« Hawaiianな夜 | トップページ | サーブの人 »