« 家族5人で行く春の三浦 | トップページ | 強気と弱気 »

2007.03.24

マダムいぢめ

以前、振替でお邪魔したクラスでのこと。

コートを2分割し、コーチも交え並行陣vs並行陣のドリルに取り組みました。球出しを後衛がローボレーでクロス(コーチ)に返したところからフリーというお約束。コート半分ですから各々の守備範囲こそ狭いんですが、なかなかどうして白熱するドリルで楽しいのであります。

真剣ながらも和気あいあいとドリルに取り組んでおりましたが、ローテーションの声がかかりポジションチェンジいたしますと、スクール主催のダブルストーナメントで優勝経験を持つマダムがネットを挟んだ向こう側に登場しました。

このマダム、ネット大好きなのであります。「ワタシはポーチしまっす!」というオーラを常に放っておられまする(^_^;)彼女を実戦のパートナーに得たら非常に心強いでしょうなぁ「届くボールは全てワタシが決めまっす!」という攻撃的な姿勢ですから、否が応でもペアの志気は高まりますし、相手ペアもいつもよりポーチ対策を練らねばなりませんから。

が、しかし、ドリルでコレをやられるとマダム以外はシラ〜っとしちゃう場面が多々あるワケですよ(^_^;)だって届く球は全て入れ食いですから......相手ボールが浮こうが浮くまいが。

実戦では無いわけですし、展開を遠回りさせてなるべく4人でラリーを続けた状態から相手を崩してキレイなポイントを獲りたい。でもコート半分ってことは後衛(丁稚)と相手後衛(コーチ)のボレーによるクロスラリーだって、ポーチに出ようと思えば全球出れちゃう。

いやもちろんスクールでの練習ですから、どんなパターンでもOK、みんな好きな様にプレーして構わないんです。そういうケースも実戦であるわけですからそれはそれで練習になるってもんです。でもホレ、決まるにしろミスするにしろ、ドリルでのポイント全てがそのマダムのポーチ如何ってのはねぇ(-_-;)

スイッチ切り替え「明」→「暗」

そのローテの残り時間が半分を切った頃から腹黒丁稚に変身させてもらいました。そう「マダム苛め」に全力を尽すことに決めたんです(^^ゞ

「届くボールは全てポーチに出るのであれば、良いでしょう全球触らせてあげますよ。ただしネットより低いところでね(^_-)」

もう一番美味しい方角にボレーを配球してあげます。絶対にマダムが食い付く方角にね。ただし緩〜くネットより手前に軌跡の頂点が来るようなボレーで。斜め前に踏込んできたとしても面を開けなきゃネットを越せないようなボレーね。

はっはっはっは(^_-)面白いように食い付いてきます。そしてネット連発。さすがに4球ほど続けざまにネットすると次は面を開けてネット回避してきましたが、ネットより低いところからのポーチボレーなんてチャンスボールを相手に献上するだけ。こちらは思うように料理出来ます。スッと前に出てお留守になったサイドにシュッとボレー。

それでも決して引かない彼女。そんな緩球は見送ればコーチがきっちりと反撃してくれるのに、決してポーチをやめません。かといってコチラ前衛の頭上を抜くロブボレーとかネット際ギリギリに落すストップボレーとかコチラ前衛足元に同じような緩球返しなどのこちらを動かすボレーは決してしないのです。面は開けているのに決めボレー.........「前衛はポーチに出る。そしてポイントを獲るもの」って刷り込まれているんでしょうね。

いやぁやんわりと「マダム苛め」をするのは結構楽しい。やっぱりテニスは意地が悪くないと相手より上に行けないスポーツなんだわさ。再確認ですな。

---------- ---------- ----------
人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいですblogranking

ショップ一番 | テニスショップアド | アートスポーツ・ODBOX | テニス市場 | テニスマックス | テニスショップ エディ | KPI tennis | TENNIS 24 | SPOTAKA | ラケットプラザ | tennis goods seller | Sportsman 楽天市場支店 | テニスショップ starcraft | 中古テニスマーケット


|

« 家族5人で行く春の三浦 | トップページ | 強気と弱気 »

コメント

いやぁ、味をしめましたね。。ムフフ。
楽しいのよ、そういうの。
ロブやまっすぐってのも楽しいですけど、触らせて・・っていうのがいちばん楽しい。
えっ?そうですとも!
明らかにSですけど、何か?・・でへへ。

おっしゃる通り。反面ドリルはスルーも大事。
そこは、クロスの方が”つくり”を練習する場。。
あとのメンバーはおまけなんですから。

それにしても、参加したかった。。前衛で。

投稿: だん平。 | 2007.03.25 01:51

マダムには気の毒だけれど、、
私も丁稚さんに一票^^

レッスンは目的があってしているのですから
自己中な人は大嫌い!もっともっと苛めてあげて(^_-)-☆

私は逆にアップの時にボレストしてると、
打てば打つほどネットから落ちる球になる、、、
 「練習になりませんね^_^;」と謝ったら
「いい練習になりますから。。」と言ってもらえて気が楽になった経験あり。

格下の人との練習で、そういう球やトップスピンロブを打つと
「反則なり~!」
と怒られます(爆


追:私はMですけど、何か?…うふふ。

投稿: てにまま | 2007.03.25 09:17

■ だん平。さんへ

>> いやぁ、味をしめましたね。。ムフフ。楽しいのよ、そういうの。

いやいやすっかり(^_-)こういうテニスも楽しいなと。

>> ロブやまっすぐってのも楽しいですけど、触らせて・・っていうのがいちばん楽しい。

そうそう(^_^;)「どうして?どうして決まらないのよ!」と顔を真っ赤にしながらドツボにはまっていく相手を見るのが快感であります。

>> 明らかにSですけど、何か?・・でへへ。

あ、だん平。ロボはSなのね。ボクはどっちかってぇとMなんですがね。

>> 半面ドリルはスルーも大事。そこは、クロスの方が”つくり”を練習する場。。あとのメンバーはおまけなんですから。

なるほど。確かにクロスで展開を変えるタイミングを窺い合うのが楽しいですよね。前衛は「つくり」の締めくくり役ってわけですな。

>> それにしても、参加したかった。。前衛で。

ん?何か他にもそのマダムをやっつける秘策がありそうですな(・_・)しかも前衛として。

--- --- --- --- ---

■ てにままさんへ

>> マダムには気の毒だけれど、、私も丁稚さんに一票^^レッスンは目的があってしているのですから自己中な人は大嫌い!もっともっと苛めてあげて(^_-)-☆

お!マダムなてにままさんからお墨付き貰っちゃった(^^)ぜったい マダム方から総スカン喰らうとヒヤヒヤしてましたので嬉しいです。

ま、そのマダムにとってみればどんなドリルでも、ネットプレーがそこに存在する限り自己実現の場なのですな。自己中とまでは言いませんが「ちょっとラリーの様子を窺ってから自分の目的を果たしても良いでしょ?」とプレーで示して差し上げました。分かってもらえませんでしたが(^_^;)

>> 私は逆にアップの時にボレストしてると、打てば打つほどネットから落ちる球になる、、、 「練習になりませんね^_^;」と謝ったら「いい練習になりますから。。」と言ってもらえて気が楽になった経験あり。

それは良い練習になりますよ〜!全然OKです。ボレーで一番難しいのはローボレー、しかもそれをストローカーに深く返すのは大変な作業ですもん。ストローカーはそういう球を打たないとボレストの意味がありません。

ちなみにボクはボレーヤーの時、サービスラインちょい前まで下ります。全球ローボレーで受けられるように。

よくネットにベタ詰めしてビシビシと決めボレーばっかり打つ人も居ますが「勿体無いことしてんなぁ。そこから速いボレーなんて打てて当たり前じゃん」って思っちゃいます。

というわけでこういうケースもボクはスイッチを切り替えて、120%のストロークをボディに打ち込んでやります(^_-)えぇ格闘技に早変わりです。

>> 格下の人との練習で、そういう球やトップスピンロブを打つと
「反則なり~!」と怒られます

てにままさんはトップスピンロブ得意なんですね、凄いなぁ。テクニシャンですね〜。トップスピンロブを打てるマダムってそういらっしゃらないんじゃないですかぁ?ま、でもボレストでトップスピンロブは反則だと思う(^_^;)

>> 私はMですけど、何か?…うふふ。

おぉ〜!!!(@o@)たまりませんなぁ〜。ボクもM系ですがお手合わせを......ってプレーになりませんな。

ところで何のお話しでしたっけ?いやぁ春ですなぁ〜(^_-)

投稿: 丁稚 | 2007.03.25 11:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家族5人で行く春の三浦 | トップページ | 強気と弱気 »