« 【レッスン】鍛えるべきはやはり『シモ』 | トップページ | 【インプレ】UnitedAthleの激安ムジT »

2007.06.25

傲慢とエゴの衝突

商店街の福引き売出しに合わせて6月終りから7月の半ば過ぎまで店は休まず営業。中元商戦ですから....あんまり弊店には関係が無いのがツライです(^_^;)ま、賑やかしでございます。

というわけで各自、この間は交替で休日を取得するのでございます。当然、丁稚は日頃ご奉公申し上げていない家族の為に日曜に代休。

せっかくの代休なのに朝から天気は愚図つき気味(-_-)それでも少しは遠出しないということで川崎の「生田緑地」へレッツラゴー!(かなり近場という噂も...)

My creation

天気のせいなのか、それともやっぱりマイナーなのか(^_^;)訪れるお客様は日曜なのに控えめ。チビ連れには凄く嬉しいですな。

ねむの花

合歓の木って初めて見ました。いや今まで見えてなかったのでしょう(^^)美しい花ですね。子供達に昼飯を食べさせながら嫁さんとしばし見とれていました。

夕方になると寝るからネムの木なんですってね(^^)シダに似た葉っぱがしゅ〜っとお辞儀するようにしぼむんですかぁ、可愛いなぁ。マメ科にはこういう動きをする植物が多いそうな、萩とか藤もそうなんですって(ググりました)。花も葉も変わってるけど、なんだか不思議な木だなぁ

生田緑地名物のプラネタリウムは2歳児がいるので見ませんでしたが、青少年科学館で不思議発見したり、日本民家園でスタンプラリーに興じたり、ザリガニ釣りの少年たちを眺めたり、メタセコイヤの林で雨宿りしたり、さえずりを頼りに抜き足差し足でウグイスを探したり、カタツムリを探したり......etc.

冷たい雨も何のそので子供達も凄〜く楽しそうにしていたのが嬉しかったです(^^)やっぱり家族揃ってのお出掛けって楽しいな。

ただひとつ残念だったのは「岡本太郎美術館」です。いや素晴らしいんですよ、岡本太郎の素晴らしい作品を十二分に堪能出来る素晴らしい美術館なのです。

でもあからさまにチビ連れを迷惑がられてショックでした。入場券を購入し入口へ向かうと警備の女性から....

・美術品に触らせない
・館内で走らせない
・館内で大きな声を上げさせない

この3つを厳守するようにとの言葉が(-_-;)いや美術品の警備や館内秩序を保つことが警備請負業者の仕事でありますから、おっしゃっていることは至極真当だと思います。でもこれから館内に入ろうかって場所で直接言い含めるのはいかがなものでしょう。雰囲気悪くなるって....

ボクだって「自分の子供することはなんでもOK」なんていうエゴで固まった親じゃありませんから、常識というものは持ち合わせています。そういう風に見えなかったのかな?(-_-;)

太陽の塔

「太陽の塔」の書き割りがあるのは館内で唯一、写真撮影を許された場所。子供達3人が目一杯の笑顔で岡本太郎の代表作と戯れていたら.......

警備員「展示コーナーにまでお子さんの声が響いてしまいます。入口でも申し上げましたように館内でお子様に大きな声を出させないようにお願い致します」

確かにちょっと子供の声が大きかったかも知れません。すぐにこの警備の女性に陳謝し、子供達に注意をしましたが、収まらないのは嫁さんです(・・;)ど、どうした?そんな怖い顔して....

嫁さん「気に入らん!気に入らんわ!絶対おかしい!こういう美術館みたいな場所こそ子供達に楽しんでもらう場所やとワタシは思う!小さい子にこそ芸術を楽しんでもらわなアカンとワタシは思う!岡本先生の作品って子供の心に直接響くモノばっかりやんか!子供にこそ見せる作品ばかりやろ!嗚呼、気に入らん(-_-メ)ちょっと間違ってるわ考え方が」

美術科コースを歩んだ嫁さんならではの毅然とした怒りでございました。何一つ間違ったことは言っておりませんな、確かに世間で薄汚れてしまった感性しか持ち合わせていない大人よりも無垢な子供にこそゆっくり自由に見せてあげたい作品ばかりですもんね岡本氏のは。

岡本太郎美術館自体は小学校の遠足などを広く受け入れていますし、中学生以下は無料で入場出来るなど、子供達への門戸は広く開けているんです。ただハコが上品で大掛かりだし、価値の高い作品ばかりですから現場では締めつけざるを得ないのでしょう。

今日の芸術は、うまくあってはならない。きれいであってはならない。ここちよくあってはならない。と、私は宣言します。それが芸術における根本条件である、と確信するからです。」----『今日の芸術』1954年刊行 より(Wiki)

惜しい、まことに惜しいですね(-_-;)岡本氏の言葉に反して綺麗で居心地の良い『通り一遍の当たり前な美術館』ですもんねココは。ま、押し付けがましい親共のエゴなのかも知れませんがねm(__)m

TangleTangleTangle

文句を言いつつも岡本太郎美術館のおみやげがコレです。その場で開けて遊ばせてますが(^_^;)

Tangleっていうオモチャなんですが、何とも言えない弄り心地なんですよ。『 ( 』っていう形のパーツがいっぱい繋がってて、各関節部分でクルクル回るだけなんですが、不思議な形がいっぱい作れちゃいます。クローバーを作りたいんだけどどうしても出来ない(^_^;)くそ〜。

あまり通販では出回っていないみたいですが、色々な美術館のお土産ショップには置いてあるみたいです。機会があったら弄ってみて下さい。ちょっとハマりますよ(^^)ちなみに1,000円でお釣りがきました。

---------- ---------- ----------
人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいですblogranking

テニス365 | ショップ一番 | テニスショップアド | La foresta d’Italia | アートスポーツ・ODBOX | テニス市場 | テニスマックス | テニスショップ エディ | KPI tennis | TENNIS 24 | SPOTAKA | ラケットプラザ | tennis goods seller | Sportsman 楽天支店 | テニスショップ starcraft | 中古テニスマーケット | メガロス | ルネサンス楽天店 | Alpen楽天店 | インポートスポーツマート | ウイング アウトレット | ヘルスケア コヤマ | フィットネス市場 | OSHMAN'S ONLINE | スポーツオーソリティ | eSPORTS | Yahoo!ショッピング | テニス@amazon

タングル ジュニア クロム
トミーダイレクト
定価 ¥ 2,625
タングル ジュニア メタリック
トミーダイレクト
定価 ¥ 399
タングル ジュニア
トミーダイレクト
定価 ¥ 294
powerd by Amazon360

|

« 【レッスン】鍛えるべきはやはり『シモ』 | トップページ | 【インプレ】UnitedAthleの激安ムジT »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

東京で勤めていた会社のすぐ近くに、
岡本太郎のアトリエがありました。
塀ごしに見える独特なオブジェが、ハイソな住宅街にミスマッチでわははでした。

奥様は正しいと思います。
岡本先生が存命であったなら、その警備員たちはしばき倒されるでしょう。

投稿: やすぞう | 2007.06.26 08:29

■ やすぞうさんへ

>> 東京で勤めていた会社のすぐ近くに、岡本太郎のアトリエがありました。

おぉ〜カッコいい!(^^)

>> 塀ごしに見える独特なオブジェが、ハイソな住宅街にミスマッチでわははでした。

ただで太郎氏の作品が見られるなんて良い会社にお勤めだったんですね〜!確かに住宅街にアレがあったら異様でしょうなぁ(^_^;)

>> 奥様は正しいと思います。岡本先生が存命であったなら、その警備員たちはしばき倒されるでしょう。

ありがとうございます。

いや〜でもどうでしょう?太郎氏の意向云々は別にして美術館でのルールを守るっていうのも「しつけ」なのは確かですからね〜。

もっと太郎氏の作品に子供達が親しめる美術館だったら本当に素晴らしい施設なのは確かなんですがね〜。レプリカでも構わないので.....(^_^;)

投稿: 丁稚 | 2007.06.27 09:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【レッスン】鍛えるべきはやはり『シモ』 | トップページ | 【インプレ】UnitedAthleの激安ムジT »