« あえてGX100を狙ってみた... | トップページ | フォアリターンはクルムで »

2008.06.29

【レッスン】代替の飛び道具を

緊張、集中
F2 | 30mm | ISO160 | 1/50

昨夜のレギュラーレッスン、珍しく集中力を感じながら臨みました。このあいだの水曜に振替でプレーしたのが効いています。やっぱり週2ぐらいのペースでテニスできると良いなぁ。筋肉の張りが治まるか治まらないかっていう頻度でプレーすると実のある筋力も付くし。

先週のアナウンス通り、今週はゲーム中心のメニュー。球出しからの各ショット練、実戦形式ドリルと経て2ポイント先取の半面クロスシングルスと4ポイント先取のダブルスをたっぷりと。

集中力や闘争心はいつも以上にあるものの、見事に空回りするのがボクのプレースタイル(^_^;)気持ちだけで上手くなるほどテニスは簡単なスポーツじゃありませんからね、ははは。

迷い多きフォアを補うために新たなる武器を得んと欲する自分。ここらで真剣にバックハンドからのハードヒットを使っていこうと心に決めました。ハードヒットですよ、ハードヒット(^_^;)なんだか文字にするとカッコ悪いけど『遠慮なく勇気を持って強く打つんです』宣言を高らかに。

球出しなどでは打てるバックハンドの強打ですが、ゲーム中はもちろん生徒同士のラリーでも殆ど打ちません(^_^;)基本は相変わらずスライスです。しゅ~っとね。

でも不躾に申し上げさせていただけば、スクール仲間を見渡してもボク以上に美しいシングルバックハンドの強打を打てる人は少ないのです。フォーム的には天下一品という自負がございます。(あ、ちなみに事実は得てして希望とは懸け離れているものです)

確証の無い思い込みこそスポーツ上達のエネルギーであります

そんな美しくも力強いバックハンドの強打を何故に自ら封印しているのか?答えは簡単、勇気が無い(^_^;)スライスならミスが少ないしね。でも変えなきゃ、チェンジですよ。

スライスとの大きな違いは打球までの準備。コンチに握って呼び込んで打つスライスと違い、厚いグリップで後方下部から大きく振り抜くためには素早くセットをしてしっかり打点に入らねばなりません。

また予めヘッドを立ててセットするスライスは飛んでくるボールにアジャストしやすいのですが、一度ヘッドダウンしてから再びヘッドを立てる必要のあるドライブ系はある程度飛んでくるボールのバウンド予測をしながらほぼ点で捉えなければいけないシビアさがあります。特にインドアで伸びてくるドライブ系やハードコートで弾んでくるスピン系には合わせにくさを感じます。

そんなシビアさを打ち消すためにはライジングでブワ~ッと打ち返してやるのが得策なのですが、となると更に準備の素早さが求められると。「いや、出来るんじゃないかな?っていうかやってみよう」と安易に考えてやってみることにしました。打点さえ確保できればフォアよりも難しいこと考えなくて済むショットですしね。

んで昨夜、強打は打てませんでしたがドライブやスピンが使える場面ではスライスを封印してみました。まぁ球威は上げられませんでしたが、スライスでは狙えないアングルなコースに配球出来るので勝ち味が早くなったかな。

「ドライブしかボクは打てないんだ」と意識を変えれば、人間それなりに帳尻を合わせられるものなのですね。

道具のせいじゃない
F2 | 30mm | ISO200 | 1/40

さて最悪を考えて行動しておけば間違いが無いものです。フォアもバックも崩壊するケースも十二分に考えられます。てなわけで飛び道具候補第2弾は『ボレー』です。

振らなくて良い、直接ボールを打ち返せる、ああ何て簡単なショットなの

ある面では正解でしょコレ。もちろん落とし穴はいっぱい設けられてもいるんですが、基本的にラケット移動が無くボールをキャッチすれば良いのですから、ストロークよりも簡単なショットなのは間違いない。

ボクの生命線的なショットでした。コレ以外にボクの生きる道は無いショットでした。昔から自信のあるショットでもありました。

そう過去形(-_-;)

周囲のレベルが上がるにつれマッケンロー的な『難しいコースへ適当なフォームで』では浮かせたりガシャったりと大騒ぎです。マッケンローは異星人だから、あのフォームでエグいボレーが打てるわけで、ポッチャリオヤヂが真似しても寒い結果が待っているだけ.....

そう感じ始めてから1年ほど、丁寧に丁寧にボレーを打つように意識変換を果たしました。んが、丁寧さを履き違えてしまっていたことに最近になって気付きました。

がっちりと面を作ってボールをキャッチ。間違いではありませんが、深さは出せるもののぽよ~んとペースの無い繋ぎのボレーになってしまってました。そう!足での押し込みが足りなくなっていました。

『ネットでは野獣になれ』かつてコーチにそう教わりました。ポイントを獲る獣にならなければいけないのです。面作りはもちろん大事ですが、もっと攻撃的に!フレームに当たったとしても足で押し込めば良いんです。

前へ前へ!

昨夜は機会を見つけたら迷わずにネットにベタ詰めしてボレーを打ってみました。エレガントではありませんがガムシャラで泥臭くて挑戦的なボレー、すっかり忘れていたものを取り戻した気分です。

* * * 昨夜のあたしさん * * *

珍しく嘆き節でした。サーブがことごとく少しづつ長くなることを嘆いておられました。

1st、2ndともに強烈でプレースメントの良さが際立つあたしさんのサーブ。当然、彼の中では大きな大きな武器なのですから、心中穏やかではないでしょう(^_^;)でもそういう時って多いですよね~。調整していく時間もボクらにはありませんし.....。

でも「今日はサーブに頼らない」って言葉、かっこよかったですよ!それに実戦では結果が出ていたではありませんか。ちょっとやそっとのコトじゃドツボにはまらないのが素晴らしいですね!

* * * 昨夜のわいさん * * *

黒いナイキのシューズがカッコ良いわいさんに衝撃の過去が!

なんと軟テ出身だったとか!メチャ意外です!しかしサンプラスに憧れて軟テでサーブ&ボレーを決めていたのもある意味衝撃でした(^_^;)っていうかそれ見たいんですけど。

今週はわいさんと組んでダブルス総当り戦全勝を目指しましたが、ボクの気合い空回りな凡ミスプレーでかえってご迷惑をかけてしまいましたm(__)mごめんちゃい。

* * * 昨夜のダンくん * * *

レッスンが終わるとサイドネットの外にダンくん発見(^^)今週はミニカーをきれいに一列に並べてました。かわいいなぁ。

先週、ボクに笑いかけてくれたのでグッと距離を詰めて話しかけてみたのですが、今週はちょっとイヤだったみたい(^_^;)おっとごめんごめん。

ボクとダンくんが仲良しになるまでまだもう少し時間がかかりそうです。ですから毎週連れてきてね、ダンママさん!

---------- ---------- ----------
人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいですblogranking

テニスを見るならWOWOW! | テニス365 | ショップ一番 | テニスショップアド | La foresta d’Italia | アートスポーツ・ODBOX | テニス市場 | テニスマックス | テニスショップ エディ | KPI tennis | TENNIS 24 | 登戸サンライズテニスショップ | ウィナーズステーション | SPOTAKA | ラケットプラザ | tennis goods seller | テニスショップ starcraft | 中古テニスマーケット | ストリング ショップ ヒロ | Shopさんだんばらこ | ヘルスケア コヤマ | フィットネス市場 | OSHMAN'S ONLINE | Yahoo!ショッピング | ABC-MART

|

« あえてGX100を狙ってみた... | トップページ | フォアリターンはクルムで »

テニス」カテゴリの記事

コメント

いえいえ。
僕の方こそ、昨日は足を動かせてなかったので、
ボレーミスを連発してました。
頭痛を押してのレッスンだったので、あまり良い結果を求めてなかったんですが。
最初に1敗した後、「全勝をめざしていた」
という言葉に「こりゃ火をつけなきゃ」と遅まきながらエンジンをかけました(^^;

次回また組む機会があれば、全勝しましょう。

サンプラスの件ですが、
実はサーブは軟庭時代の癖が抜けきれてません。
サンプラスのサーブフォームが残ってるんですよね。
これだと腰と肩を痛めてしまうんです。
実際、慢性腰痛から抜け出せてません。
今フェデラーのリラックスしたフォームを目指しているので、修正にかなり時間かかってます。

投稿: わい | 2008.06.29 11:37

なるほど・・・いつも2回ぐらい読み返してます(笑)バックハンド・・・迷いますよね。
私も中途半端なスライスばかり。
でも勇気なく・・・余計駄目です。どこかでスパッと「今はこれをやる!」て決めないといけないですよね。でも自信を持たないと、上達しないから丁稚さんのシングルハンドは天下一品ていうのも大事ですよね!!そうですよ!

昨夜のダンくん、挨拶きちんと出来ずにごめんなさい。挨拶だけはちゃんとやるようにと言っているのですが・・・!
でも丁稚さんのことは覚えていますよ。ちょっと照れくさかったのかも知れません。(笑)

投稿: ダンママ | 2008.06.30 00:00

■ わいさんへ

>> あまり良い結果を求めてなかったんですが....「こりゃ火をつけなきゃ」と遅まきながらエンジンをかけました

勝手な物言いで申し訳ありませんでした(^_^;)いや本気ではなかったんですが、なんかこう「燃えたいぜ~」って気持ちだったもんで....

>> 次回また組む機会があれば、全勝しましょう。

わいさんとボク、さしずめフェデラー / サフィン組といったペアですからね。全勝なんてちょろいもんです。スクールの優勝カップでもとりあえずもらっときますか?

>> 実はサーブは軟庭時代の癖が抜けきれてません。サンプラスのサーブフォームが残ってるんですよね....今フェデラーのリラックスしたフォームを目指しているので、修正にかなり時間かかってます。

たしかにサンプラスのサーブフォームは身体に悪そうだ(^_^;)一方のフェデラーは良いですよね!無理なく鋭いスイングが出来そうなフォームですから。でもあのリラックスサーブも自分のものにするのは大変そう....

--- --- --- --- ---

■ ダンママさんへ

>> いつも2回ぐらい読み返してます

ごめんなさい(^_^;)ボク、文章力が無いんで読みにくいでしょう。簡潔に書こうと思ってて、どんどんくどくなる......まるでボクの顔のよう。

>> どこかでスパッと「今はこれをやる!」て決めないといけないですよね。

そうそう(^^)レッスンって自分でテーマを持たないと誰も何も教えてくれないし、何も気付けないですもんね。

思い切ってやってみてコーチにアドバイスを仰ぐってのがスクール生の上達への近道ですもんね。

次回以降も引き続きバックの強打にこだわってみます。

>> ダンくん、ちょっと照れくさかったのかも知れません。(笑)

いやいやダンママさん!ダンくん、きちんとご挨拶してくれましたよ~!ホントにイイ子です。

ボクが急に近寄ってきて馴れ馴れしくしちゃったから、照れちゃったみたいです。「しつこくしてゴメンね」ってダンくんに謝っておいてくださいm(__)m

投稿: 丁稚 | 2008.06.30 18:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あえてGX100を狙ってみた... | トップページ | フォアリターンはクルムで »