« 【レッスン】代替の飛び道具を | トップページ | パッシングの誘惑 »

2008.06.30

フォアリターンはクルムで

いや確かに引きすぎてる。

リターンなのに引き過ぎじゃ...アガシに憧れて

いつもボクを見守ってくれている元レッスン仲間のアルバイトコーチ君に、この間もリターンでの引きすぎについてさんざダメ出しを食らいました(^_^;)

たしかに以前HAMACHI!さんが撮ってくれた写真を見るとガッツリと引いてます。本人としてはまったくもって無意識。「飛んできたから打ち返さなきゃ」と思った瞬間にこういう姿になってます。

でもよ~く見るとラケットは大きく後方に放り出されてますが、腕もしくは手首自体は肩のラインよりも前にあるので或る意味テイクフロントじゃん(^_^;)あぁ出来てる出来てる.....出来てることにして!

んが、詰まって振り遅れているのは事実。んでもう一度よ~~~く見てみてみました。あ、サーキュラーしながら引いてる......我ながら余裕あるじゃん(ーー;)詰まるくせに。

そうそうよ~く思い返してみれば、スロートに添えた左手でラケットを後ろにポ~ンと弾くのが上半身のユニットターンのキッカケになるんだけど、勢い良く弾く先が拙いのかも。サーキュラーせざるをえない方向に左手でラケットを放り投げてるんだもんな。

後ろに引いた挙句にグルンと回してたら、そらインパクトまで忙しいわな~(^_^;)はっはっはっは。いやいや、リターンミスを連発する原因はそれだけでもなさそう。

ちょっと振り遅れ

インパクト前の手首の動きと体重の位置も問題あるなぁ。

インパクト前にいったんラケットをルーズにしてから一気に握りこんでヘッドを加速させる動きや、前に乗り切らない体重位置のせいで面が安定しないんだな。なるへそ~。

......ってことでフォアのリターン矯正点は?

「フォアにサーブが入ってくる」と判断した時点でスロートに添えた左手でラケットをグッと右下に押し下げる。これでサーキュラーテイクバックとはおさらば出来る。しかもサーキュラーしない分、手首の動きはシンプルに出来るから面安定性も多少高まるかも。

問題は体重移動。軸足決めてグッと踏み込めるのがベストですが、きっとボクはいつでも余裕が無いからセミオープンやオープンのままリターンしちゃうでしょう(^_^;)せめて重たい腰よりも打球方向に胸を押し出してやることで、そっくり返って打ち上げちゃうようなスイングにならないように気をつけよう。

イメージとしてはクルムさんのあのシンプル過ぎるまでのフォアのテイクバック(^_-)ストンとラケットを落とすようにね。

* * *

往年の名プレーヤーを知る者には畏れ多いんですが...

え!? これ、許可とってくれてるんだろうか?熱きあのオトコに!(^_^;)

T-2000

彼を知る者にとっては虫除けってちょっとつらいなぁ。しかもちょっとダジャレで登場するのは......。あ、でも、CMにT-2000を携えた彼が出てたりするなら大いに許す!盛大に宣伝しちゃる!日本の夏に不可欠な金鳥さんのことだしね。

* * *

HEAD LM PRESTIGE mid

ウインブルドン、まだ一回も見てないけど風の便りにサフィンがまだ勝ち残っていると耳にしました。ああ嬉しい(^^)フェデラーとヒューイットの対戦の狭間にでも彼の放送があるかな~。久しぶりに動くサフィンが見たいなぁ。優勝してくれとは言わないけど、嫌いな芝でももうひと暴れを期待しちゃいます。

---------- ---------- ----------
人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいですblogranking

テニスを見るならWOWOW! | テニス365 | ショップ一番 | テニスショップアド | La foresta d’Italia | アートスポーツ・ODBOX | テニス市場 | テニスマックス | テニスショップ エディ | KPI tennis | TENNIS 24 | 登戸サンライズテニスショップ | ウィナーズステーション | SPOTAKA | ラケットプラザ | tennis goods seller | テニスショップ starcraft | 中古テニスマーケット | ストリング ショップ ヒロ | Shopさんだんばらこ | ヘルスケア コヤマ | フィットネス市場 | OSHMAN'S ONLINE | Yahoo!ショッピング | ABC-MART

|

« 【レッスン】代替の飛び道具を | トップページ | パッシングの誘惑 »

テニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【レッスン】代替の飛び道具を | トップページ | パッシングの誘惑 »