« カメラ狂想曲 | トップページ | Wimbledon »

2008.07.06

【レッスン】遂に生まれ変わるのかフォアハンド!?

混乱 / Confusion
F2.8 | 4.6mm | ISO200 | 1/8

悩み多きフォアハンドストロークに光明か!?

昨夜はレギュラーレッスン。最近くさいエントリーが続いておりましたが、実際の自分はしたり顔でテニスを語れるようなものでは無いのが悲しいところ。つくづく感じました。

が、しかし、もしかして、ひょっとすると(^_^;)フォア上昇のきっかけが見つかったかも知れません。えぇ今度こそ....。

先月から超絶フォアの方がレギュラークラスに復帰されたのですが、彼の迷い無き鋭い振りのフォアをつくづく見ていて『あっ』と思ったことをやってみたんですわ。

正確無比なユニットターン

これです。色々な言い方が出来るのですが、要は腰から上(上半身)の軸を垂直に保ち、かつ体幹とラケットの位置関係も一定に保つユニットターンざます。

とにかく振る振らないとかスピンを掛ける掛けないとか考えないで、背筋をピンと垂直にしてラケットに余計な動作を入れずにスイングする。

それさえ出来ればネットを越して相手コートにも絶対収まる!

そう信じて打っておりましたら、フォアへの苦手意識や恐怖感が薄れるじゃありませんか旦那さん!こりゃ良い!打ち出しているボールも、リキんでいないにも関わらず我ながら惚れ惚れするような高速フラットドライブがすっ飛んで行くじゃありませんか。これ絶対良い!

理解しているようで出来てないこと、やっているつもりでやっていなかったこと。結構あるんですね。とにかくちょっと光が差し込んできました。

---

さてバックハンド波動砲の方。これがまた壊滅しました(^_^;)ははは。

コーチ前ラリーの時に「今日は少し速いペースでお願いします」と頼んでみました。実際、周囲の打球スピードが上がって差し込まれるケースが多いんです最近。いつもいつまでも気持ち良く打たせてもらえるラリーではイカンと思ったんで。

ユニットターン打法のフォアは随所でコーチをやり込めるパワーショットも飛び出し良い感じ。ところがバックの方は、ラリー後半からヨレヨレになって『波動砲』を撃つどころか、がんがんに差し込まれて真っ直ぐに返球することすらままならない(-_-;)速いボール、打点へのフットワーク、鋭いスイング、正確な打点、どれもこれもバッラバラに。

速いペースのラリー中でもバックで強打を標榜するならば、もっとコンパクトで鋭いフォームと打点に素早くアジャストできるフットワークが必要ですな。フォアで出来るんだからバックだって出来る。ちょっと意識的に早く早く準備をしなきゃ。

左右の両輪というのか前後の両輪というべきか、フォア・バック共に鋭いボールを打てるようになれば悪戯に「ちょこざいなテニス」に走らなくても手練の方々のお相手ができるようになるんだし、頑張るべ~。

* * * 昨夜のあたしさん * * *

半面クロスシングルスで対戦させていただきましたが、ノータッチリターンエースを獲られました(ーー;)結構良いサーブが入ったんですが、完全にコースや球筋を覚えられています。

う~む、そういや最近あたしさん以外でもリターンで返り討ちに遭う機会が増えてきたなぁ。球種は3つあるんですが、基本的にスライス回転ですから覚えられたら処理されやすいんですな~。コースのバリエーションを増やして少しでも考えさせるサーブを打たなきゃ。

* * * 昨夜のわいさん * * *

今週も最後のダブルスではペアを組ませていただきました。今週もわいさんのナイスプレーに助けられ何とか2勝させていただきました。大事な場面でのダボを2回もしてしまい申し訳ありません。

さてわいさん。省エネモードでレッスンをこなされていたそうですが、コーチ前ラリーでのストロークや半面クロスシングルスでのネットプレーなどとてもエネルギッシュでした(^^)かなり身体のキレが戻ってきたのではないでしょうか?

---------- ---------- ----------
人気blogランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいですblogranking

テニスを見るならWOWOW! | テニス365 | ショップ一番 | テニスショップアド | La foresta d’Italia | アートスポーツ・ODBOX | テニス市場 | テニスマックス | テニスショップ エディ | KPI tennis | TENNIS 24 | 登戸サンライズテニスショップ | ウィナーズステーション | SPOTAKA | ラケットプラザ | tennis goods seller | テニスショップ starcraft | 中古テニスマーケット | ストリング ショップ ヒロ | Shopさんだんばらこ | ヘルスケア コヤマ | フィットネス市場 | OSHMAN'S ONLINE | Yahoo!ショッピング | ABC-MART

|

« カメラ狂想曲 | トップページ | Wimbledon »

テニス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
昨日は僕も丁稚さんのコーチ前ラリーを見させていただきました|・)ノ
記事にあるとおり、安定したショットになってましたね。
腰を低くして打つ姿は見習わないとなぁと思いました。
僕には無い厚いあたりで、バウンドしてから低くイレギュラーすることもありましたよ。
カーペットってフラット系に打つと芝のようにイレギュラーすることあるんだなぁと思いました。

僕は体力がないので省エネプレーを続けてます(^^;
でも、ここぞというときだけ80%くらいまで引き上げます。
コーチ前ラリーでは、いつもバランスだけ気にしてやってます。
半面クロスのときに見られたボレーは、おそらく相手がコーチだったから燃えてたんだと思いますw
そのときはかなり集中してネットに張り付いていたと思いますよ?!w

投稿: わい | 2008.07.06 18:08

渋い投稿はもうおしまいですか?
残念、結構楽しかったのに…
ネタが切れたなら、また新しいネタを仕入れてくださいね

投稿: ユウキ | 2008.07.07 01:08

■ わいさんへ

>> 丁稚さんのコーチ前ラリーを見させていただきました

げっ(・・;)見ちゃダメん!恥ずかしいでしょ!

>> 腰を低くして打つ姿は見習わないとなぁと思いました。

ボク、元から腰が低位置にある純(旧ともいう)日本人であるがゆえです(^_^;)

>> 厚いあたりで、バウンドしてから低くイレギュラーすることもありましたよ。

おぉそんな球がありましたか!狙って打てるようになると良いんですがね〜。

>> ここぞというときだけ80%くらいまで引き上げます。....おそらく相手がコーチだったから燃えてたんだと思います

そういう気持ちが大事ですよねテニスって!っていうか内から沸き上がる力を自分で感じられることが楽しいのかも知れませんねテニスって。

--- --- ---

■ ユウキさんへ

>> 渋い投稿はもうおしまいですか?残念、結構楽しかったのに…

ありがとうございます。本人は気に入って書いてますので、不評でなければ今後も(^_^;)

>> ネタが切れたなら、また新しいネタを仕入れてくださいね

テニスをする機会は少ないのですが、今まで見たり聞いたり体験したテニスにまつわる事柄の一場面を切り取っていけば、そりゃもう無尽蔵にネタはあるかも知れないです。

不変なもの、共感出来ること、そんなネタに気付けたらまた書こうと思います。

投稿: 丁稚 | 2008.07.07 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カメラ狂想曲 | トップページ | Wimbledon »