« 【X'mas】プレゼントは青天井? | トップページ | 日曜はダメよ »

2009.12.03

【レッスン】この打法完成に必要なのは『我慢』だ

店は年末進行により開けておりますが、一度貯めると消化しきれなくなるので、午前中は無理言ってレッスンへ行かせてもらいました。ごめんなさい仕事サボって。

フォアハンドストロークをでんでん太鼓打法に変え、レッスン毎に一進一退しておりますが、今日は一歩進んだかも知れません。

球出しストローク練、ボレスト、コーチ前ロングラリー、雁行陣vs平行陣実戦ドリルなど、今日はフォアハンドストロークを打つ機会が多く、良い練習になったからかな。

ただまだ前にコーチに指摘された「引っかける打ち方」自体は直ってません。それでもインパクトからフォローで面が開いていく悪癖が、ほぼ矯正されたことを先ず喜びたいっす。ガシガシ振り切れてますし、自分らしくないパームアウトしまくりのフォローに惚れ惚れ(^_^;)

でもこのフォームはホント、しんどいよ(--;)腰や肩といった大きな部位を鋭く回転させることでパワーを生み出す代わりに、エネルギー消費も甚大っすね。まぁ最初に大きく身体を使っていくことで、この打ち方を身体に染み込ませたいので、しばらくはこのままオーバースイングでいきましょう。

引っかける打ち方矯正法を思いつきました。

■ これでもかとボールを引きつける
■ これでもかと打点に顔を残す

今ボクのでんでん太鼓打法、真上から見ると円運動のラケット軌跡の一点でボールを引っかけてる感じ。いやもちろん遠心力最大で打ちたいんだから、それで正解。

ただ問題は円の軌跡のどこでインパクトを迎えるかです。

コントロールや伸びの源となる『押し』を加えるためには、手首から先の最後の「グリッ」が打球方向と角度的にシンクロする様にしなければならないってこと。

現段階では、どうも適正な打点よりもかなり前でボールとコンタクトしてしまっています。身体だけ先に開いてしまって無理矢理に腕やラケットだけ残す様にもなってしまっています。

だから引っかける打ち方になりますし、大幅にパワーロスもしています。いかに我慢して引きつけるか、いかに我慢して顔を残せるかで、この打ち方の化け方が変わってくる様に思います。

ああ、もっといっぱいフォアを打ちたいなぁ。もう少しで何かが掴めそうなんだけど...(^.^)

|

« 【X'mas】プレゼントは青天井? | トップページ | 日曜はダメよ »

テニス」カテゴリの記事

コメント

燃えてますね!頑張ってください!!

投稿: どさんこ。 | 2009.12.05 09:31

こういうあと少しって時に集中してテニスが出来ると
良いのでしょうけど、家庭を背負う我々にはなかなか難しいですよね。

お互い頑張りましょうgood

投稿: Moto | 2009.12.05 12:56

どうも、久しぶりです。
ちょっと気になったのでコメントさせてもらいまっす。

引き付けて打つには左手を使うことで解決出来ます。
打ち出す直前まで左手を使ってバランスを取り、また腰の回転の始動を溜める事で強烈な球が打てるようになると思いますよ。
あと、力で打ちにいくと各パーツが壊れると思いますのでデンデン太鼓というよりは(ギャンブルの;昔ながらの)パチンコのようにバネのついたバーを引いた反動で打つように変える方が良いと思います。
これを伸張反射と言います。
そのうち、自分とこのブログでも書く予定なので気になったらチェックしてみてください。
伸張反射を使った打ち方なら、腰の回転による腰負担以外はどんなに力使っても肘や肩、手首に負担かけることなく強打が打てます。
もしその打ち方を力を使って打っていたら自分と同じヘルニアの道を辿ってしまう可能性がありますので注意してください。
手首のクイッは調子の良し悪しが発生する可能性が高くなるのであまり意識しない方が良いと思います。
最後にですが、円というよりは前方に飛び出た楕円で打つイメージの方が良いです。
円で打つと打つポイントが決まってしまいますので場所によってシクジりますが、楕円なら必ず「押す」形で打ち終わるので引っ掛ける事なく打てるはずです。

長文ですみません。
参考になれば幸いです。

投稿: sofia | 2009.12.06 04:30

丁稚さん、、お久しぶりです~
なにやらフォアのコツが掴めそうな展開にワクワクして読ませて頂いてまーす。
「引っかける打ち方」、、自分もよく試合で本当にひっかります、俗に言うフレームショットです(笑)
その時は自分的な修正方法は体を閉じたままヒットする事を心がけて修正します。
閉じてといっても最終的には開くんですけど、イメージとしてです。

今後がますます楽しみな展開に、丁稚フォア炸裂!!を期待してます。。。。

投稿: 大和少年 | 2009.12.07 11:44

■ どさんこ。さんへ

もう少しで何かが見えてきそうなんですが、週1スクールプレーヤーの哀しさで、その一線がなかなか越えられません(^_^;)ま、だからこそ細く長くテニスを愛せるのかも知れませんが。

---

■ Motoさんへ

>> 家庭を背負う我々にはなかなか難しいですよね

ですよね〜(^_^;)まぁ家庭円満で仕事も順調だからこその趣味ですし、根詰められなくても仕方ないですよね。

---

■ sofiaさんへ

>> 引き付けて打つには左手を使うことで解決出来ます。

おっしゃる通り、左手をもっと上手く活用出来れば、懐に引き込むにも顔を残すにも役立ってくれると思います。左手の意識、頑張ってみます。

>> 力で打ちにいくと各パーツが壊れると思いますので....パチンコのようにバネのついたバーを引いた反動で打つように変える方が良いと思います。...力を使って打っていたら自分と同じヘルニアの道を辿ってしまう可能性がありますので注意してください。

ご心配有り難うございます。

あちゃ〜sofiaさんはヘルニア持ちでしたか、それはお辛いでしょうね。お大事になさって下さい。

そして確かにでんでん太鼓打法でのフルスイングは、身体への負担が甚大です(^_^;)全球そんな打ち方してたら、どこそこ痛めること必至でしょうね。

ただ何かが掴めるその時までオーバースイング承知で振り回してみたいと思ってます。

ま、言っても週1回90分だけですし、ダブルスドリルの多いレッスンですから、フォアなんて100球も打たないですしね(^^)

>> 手首のクイッは調子の良し悪しが発生する可能性が高くなるのであまり意識しない方が良いと思います。

確かにムラが出そうですよね。でも今までそのクイッが出来ていなかったので、しばらくは自然にそれが出るこのスイングを楽しませて下さい(^_^;)

>> 円というよりは前方に飛び出た楕円で打つイメージの方が良いです。...楕円なら必ず「押す」形で打ち終わるので引っ掛ける事なく打てるはずです。

おっしゃる通り、ラケットフェイスの軌跡は楕円になるように努力すべきですよね。

ただ今の今まで「押す」意識が強過ぎて、強張ったスイングになってしまっていたので、右肩より左側は真円運動を意識してみます。

ただ、数こなしていく中で、右肩からラケットヘッドまでの動きをもう少し前へという意識で打ってみたいと思います。

「d」

っていう動きを理想型に見据えて頑張ってみます。

いつも貴重なアドバイスありがとうございます。ちょっと頑固なオヤヂですが、懲りずにまたお願いしますm(__)m

---

■ 大和少年さんへ

>> フォアのコツが掴めそうな展開にワクワクして読ませて頂いてまーす。


いやぁ嬉しいコメントですね〜。こんな記事でも楽しんでいただける方がいらっしゃっるとは(^^)

>> 「引っかける打ち方」、、自分もよく試合で本当にひっかります、俗に言うフレームショットです(笑)

ああ、ボクも焦るとガチ〜ン!とフレームショットしまくります(^_^;)

>> 体を閉じたままヒットする事を心がけて修正します。

良い修正法ですね。気が焦ってついつい身体の開きが早くなっちゃうんですよね〜。いっそ開けないつもりでいた方が良いかも知れませんね。

>> 今後がますます楽しみな展開に、丁稚フォア炸裂!!を期待してます。。。。

励ましのコメント、ありがとうございます!ナイスな展開もトホホな展開もブログネタにもってこいなので(^_^;)思い切って頑張りまっす。

投稿: 丁稚 | 2009.12.08 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【X'mas】プレゼントは青天井? | トップページ | 日曜はダメよ »