« 良い時間を過ごしたいな | トップページ | 【1stレビュー】SIGMA APO 70-200mm F2.8 II EX DG MACRO HSM ~ 半端な気持ちじゃ使えない »

2010.02.26

TOUR BLX 95打ちました

休日の昨日、3週間ぶりにレッスンへ出席してきました。前回までの課題の数々はどうでもよくて、先ずはなにより身体が動くかどうかが心配でした。

身体が動くかどうか不安なくせに、レッスンに持っていったラケットはLMプレステージmidとツアーディアブロ(うにブロ)midとかなりシリアス(^_^;)

春だから
K-7 | SIGMA70-200mmF2.8

プレーの結果云々より楽しみたい気分だったんですな、きっと。陽気のせいで気分が軽くもなっていたんでしょう。しかし、いざスクールに到着してみると、新しい試打ラケが大量投入されていることを目ざとく発見。スクールでアメアスポーツさんのイベントが催されたそうで、その名残りってわけですな。

「ふ~んBLXねぇ」

最近、とんとラケット方面はどうでも良くなってしまって全く前知識も無いのですが、ブログネタになれば(^_^;)ってことで1本借りてみることに。

by Amalink
95in | バサルト・ファイバー/カロファイト・ブラック | 27.25inch | 289g | 34.0cm | 22.0mm | 16×20

いままでのボクでしたら迷い無く17mmフラットビームのフェデラーモデルを選ぶところですが、前からそのコスメティックに注目していた錦織君モデルを手にしました(^_^;)

紛れもない人造人間キカイダーver.ラケットを。

「キカイダーみたいだよねコレ」ってコーチに言ったら、ものすごっ不審な顔されて悲しくなりました。そういやアイツ、まだ29歳なんだよな。.....いいや分かる人だけで。


フェイス形状がイイ


コスメっていうか、カラーリングですよね残念に思うのは。まぁ「キカイダーインスパイアモデル」と感じちゃうのは同年代男子だけでしょうけれどね(^_^;)キカイダーがもっと強くて格好良い印象だったらOKだったかも知れないけど....。

でもプレステージやインスティンクトっぽい縦長横細のフェイス形状は個人的に気に入りましたね。きれいな楕円形よりもちょっと縦に長くとった形のほうが、なんとなく振りぬきやすく取り回しやすく感じるってだけですけどね。


軽いのに負けない


キカイダー、手に持った瞬間も「げっ」となります。何だか妙に軽くて。ラケットごとにバラツキはあるでしょうが、個人的にはフレーム289gってちょっと頼りなく感じます。

「やっぱりラケットは少しズシッと来ないと......」

なんて思いながらプレーし出しましたが、頼りないどころかかなり頼り甲斐があるフレームであることに直ぐに気付かされました。


ハンマー系の良さを初めて体感、そして新素材とフラットビームがもたらすもの


そういえばかつてのHツアーからの流れなんですよね、キカイダーって。Hツアーといえば軽量な代わりに頭を重くしてパワーを与えたハンマーシリーズのツアーモデルでしたよね。

あの当時、Hツアーを打ちやすいとは思わなかったんです。硬くて弾きが良くてシャープ過ぎたから。スイングスピードもパワーもある人じゃないと使いこなせない感じでしたから。

ところが時が過ぎてこのキカイダー、とっても打ちやすい!いやイイよ、コレ!

鉱石だか岩だかを繊維にして編みこんであるんでしたっけ?この新素材は。いやぁ見事にハマってると思います。22mmフラットなフレーム厚もあいまって....


とてもしなやかな打球感です。柔らかい。


そして頭を重くしてあるから軽いスイングでも大パワーが出ますね。フレーム315gに増量させたマル改ピュアドラなみにパワーがあって、ストロークはとっても楽です。

ホールド感というより、フレームのしなりが球持ちを長くしてくれる感覚ですね。かつてのHツアーの硬さとは全く真逆ですな。

ボク同様、こういう球離れの遅い打球感が好みの方にはもってこいですねキカイダー。

ただスピン性能は勝手にかかるっていうラケットではありませんね。かけようとしなきゃかかりません。当たり前ですけど(^_^;)どちらかっていうとフラット系のスピードショットに向いてるっぽいです。

ただ球離れが遅いのでスライスはよく乗っかってくれます。イメージ通りにコントロールしやすく感じました。


なにより秀逸なのはボレー!


ボクの中でキカイダーが最も輝いたのはボレーを打った瞬間でした。

軽量ラケなのに鋭いボールにも負けません。相手ボールの勢いに弾かれずにしっかりと一度受け止めてくれます。そしてそこからグッとグリップを押し出せば、ペースのあるボレーが容易に打てちゃいます。

そして膝を柔らかく使いながら面を作るようなエロボレーも非常にタッチが出しやすい。一度受け止めてくれるから、ボールの重みと方向を変えて弾くボールの距離感が掴みやすい。加減が分かりやすく、微調整する時間的猶予もあるんです。

95sqの小さめフェイスとは思えないほどネットプレーが楽になりますよ、ホント。この安心感は100sqのピュアドラ並。


HOLLOW COREって糸もイイかも


試打ラケに50Pで張られてた「HOLLOW CORE」って糸も柔らかさを演出してくれてるんだと思うなぁ。色目も柔らかそうなイエローベージュっぽくてイイです。キカイダーともよくマッチしてます。


---


軽いのに芯があって柔らかく打ち負けない、パワーがあるのにコントロールもしやすい。良いこと尽くめですね、このラケット。非の付け所はコスメだけです(^_^;)結局そこかい!

---------- ---------- ----------

Follow detch on Twitter

blogranking

|

« 良い時間を過ごしたいな | トップページ | 【1stレビュー】SIGMA APO 70-200mm F2.8 II EX DG MACRO HSM ~ 半端な気持ちじゃ使えない »

テニス」カテゴリの記事

コメント

six one blx 95

tourじゃないやつ打ったことありますか?

あれいいですよ

投稿: matusita | 2011.07.06 20:03

■ matusitaさんへ

情報ありがとうございます。
six one blx 95は打ったことないです。
スクールに置いてあったら試してみます。

投稿: 丁稚 | 2011.07.07 10:25

すごく参考になりました。sun

リンク張ってもいいですか?
みなさんに参考していただきたい記事です。

投稿: テニスラケットのつぼ | 2012.04.24 14:32

■ テニスラケットのつぼさんへ

コメントをありがとうございます。
また記事からのリンクも感謝感激です。
果たして参考になるか甚だ不安ですが...(苦笑

投稿: 丁稚 | 2012.04.24 15:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良い時間を過ごしたいな | トップページ | 【1stレビュー】SIGMA APO 70-200mm F2.8 II EX DG MACRO HSM ~ 半端な気持ちじゃ使えない »