« GF1のハンドストラッパーに朗報ケース! | トップページ | GRD2、雪の夜の受難 »

2010.03.09

CP+とSIGMA17-70mm

一雨毎に
GF1 | Planar T*1.4/50

寒の戻り、しかも雨ばっかりで気分までどんよりしてきちゃうなぁ。しかも今日なんてめざましうらないでビリだったし余計に(--;)

イブの港 / The port of Christmas Eve
K10D | sigma17-70mm | C-PLフィルター

3/11~14、地元パシフィコ横浜でカメラと写真の総合展示会「CP+」が催されるってんで、嫁さんとふたり分の入場事前登録を済ませてあるんですが見事に断られました (((((((・・;)

うそ~ん。

「私の時間は私の時間、勝手に予定を決めてくれるな」だって....いかに身近な人間に対しても人望が無いのかアリアリですな。

嫁さんにCP+の熱い展示場を体感させてカメラ道に引き込もうと画策してたんだけどなぁ。木曜は大人しくレッスンに行くか....

可憐な花と力強い枝ぶり / Strength
K10D | sigma17-70mm | C-PLフィルター

SIGMA17-70mmF2.8-4.5で撮った写真@Flickr

新しい写真機材の購入資金を得るために売却したSIGMA17-70mmF2.8-4.5ですが、喪失感が日に日に募っております。そんな折りも折り。SIGMA17-70mmのペンタマウント・リニューアル版がこの19日に発売されるので心穏やかでありません。

テレ端がF4.0と明るくなった、超音波モーターになった、手ブレ補正が搭載された

いやそんなことより。あのレンズ独特の色合いとか、シャープさとか、びっくりするほど寄れちゃうとこが恋しくなってるんです。ま、どうせなら明るくてAF速い方が良いですけどね。

CP+でよっぽど魅力的な新製品が発表されなければ、予約しちゃおうかなと。ま、新型に買い替えたと思えば良いんだし(^_-)

ドン!

40過ぎてワンピースにハマる痛いオヤヂ。連載はまさに怒濤の如く展開中。一味がちりぢりになり、そして大監獄から戦争へ。

主役であるルフィはもちろん、麦わらの一味・各登場人物・まだ見ぬ登場人物もすべて、尾田っちの頭の中ではひとりひとりがそれぞれの場所で同時進行に物語を生きているそうな。「誰にスポットを当てるか」だけを考えて描いているとか。凄い想像力だ。

あらゆる手段で尾田っちを籠絡して、彼が思い描いているストーリーを覗いてみたいけれど、それをしたら一気につまらなくなるんでしょうね。

---------- ---------- ----------

Follow detch on Twitter

blogranking


【3月19日発売予定・予約受付中】シグマ 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM(ペンタックス用)デジ...

|

« GF1のハンドストラッパーに朗報ケース! | トップページ | GRD2、雪の夜の受難 »

カメラ」カテゴリの記事

デジモノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GF1のハンドストラッパーに朗報ケース! | トップページ | GRD2、雪の夜の受難 »