« 【レッスン】ゴンザレスに憧れて | トップページ | 愛すべき暴君 »

2011.05.26

【レッスン】問題は手の甲の向きだった!

朝一番でレッスンに行ってきました。

振替が貯まっているとはいえ、今週は月水木と3回もレッスンに通ってしまった。上手くなっちゃったらどうしよう(^_^;)

そこらへんは心配ご無用!月・水と好調だったフォアが今日は全くダメダメでした。安定しないところがとても自分らしい。

さておき。

実はこの一年ほどサービスがめちゃくちゃだったんです。っていうかトスアップがマトモに出来なくて、自分のサービスが全く打てていませんでした。

これもスクールプレーヤーの弊害ですが、ダブルスの実戦形式ドリルに時間を割く関係上、サービス練習を採り入れるのは稀。それなのにゲーム形式でいきなり「さぁ打て」というパターンが多くなります。(サービス練習をたっぷりとか言われると逆に「つまんねぇな」と思ったりするわけですけども)

まぁ「曲がりなりにも上級なんだからサービスぐらい打てるでしょ?」ってことなんでしょうけれど、いったん崩れてしまうと他の機会にサービスを打つコトも無いわけですから、ズルズルと自信喪失のまま引きずってしまうんです。

まさにボクがそれ。サーブからのゲーム形式すら稀というクラスで、長いこと悶々とプレーしてきてしまいました。

ところが今日のクラスではサービス練習がありまして、ようやくトスアップのコツを掴むことが出来ました

最初はいつものようにトスが不安定でマトモなサービスが打てなくてしょげてたんですが、いじけながら他所様のトスアップの様子を眺めているうちに「ん?」って思うポイントが!キレイにトスアップされる方の左手を見てたら、リリースする時に手の甲が相手コート側に向いていたんです。

これだ!

長いことテニスしてきてますが、今の今までトスアップは手の甲は真下に向けてしてました。っていうかそれを疑ったことすらありませんでした。

無意識にスッと上げられているうちは全く問題ないんですが、一度乱れだすと収拾がつかなくなるんです。スナップして投げてしまったり、逆に手首を固めてしまって高さが出なかったり、トスアップ方向に対する手首の融通が利き過ぎる分だけ「こうすれば間違いない!」っていう決定打を見つけられずにいたんです。

ところが軽い気持ちで手の甲を相手コートに向けながらトスアップしてみますと、スッとキレイにトスが上がるじゃありませんか!

そっかこれか!ついに見つけたぞ!大興奮!

冷静に考えてみたら納得の理由がありました。手の甲を相手コートに向けながらのトスアップは、肩を支点に指先までリラックスした状態でキレイに真っすぐになります。つまりトスアップ方向に対して融通を利かせられる部位が無いんです。

ブレが少ない。

薬指と中指と人差し指と親指でふんわりボールを固定して、左手をただただ上に振り上げれば勝手にボールは良い按配にリリースされて、スッと真上に上がってくれます。ホント今までの苦労が嘘みたいに毎回キレイに上がってくれます。助かるわ〜。

久しぶりに自分のタイミングでサービスが打てたんですが、打てなかった時間が長すぎて少し打ち急いじゃったかも(^^ゞまぁそれだけ嬉しかったってことですよ。

すっかり気を良くしてLMプレステージmidのストリング張り替えを頼んできました。実に1年以上ぶりの張り替えです(^_^;)

素直にアルパワーにしようかなって思ったんですが、安かったしネタにもなりそうなネーミングだったんで『レンコン デビルスピン(黒)125』を。

だいたいいつも52〜3pでお願いするんですが、どうせボールを潰して打ったり出来ないので融通を利かせやすい緩めの50pでお願いしました。もうちょっと緩めでも良かったんだけど、気に入らなかったらもう1本は48pぐらいで張り替えてみようかな。

---------- ---------- ----------


blogranking

テニス365楽天市場店 | TENNIS-VENUE | ショップ一番 | テニスショップアド | La foresta d’Italia | アートスポーツ・ODBOX | テニス市場 | テニスマックス | テニスショップ エディ | KPI tennis | TENNIS 24 | 中古テニスマーケット | Yahoo!ショッピング

|

« 【レッスン】ゴンザレスに憧れて | トップページ | 愛すべき暴君 »

お買物」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【レッスン】ゴンザレスに憧れて | トップページ | 愛すべき暴君 »