« チャリTの行方とスピン女子 | トップページ | 手軽で安くて美味しいメキシカンレストランめっけ! »

2011.05.11

【レッスン】屹立させよ!

今人気のトラファルガー・ロー

先日のレッスンを反芻していてハタと気付いたことがあります。

今度の女子コーチ、レッスンメニューは斬新なものもある反面、面白みの薄いコーディネーション的なものも採り入れます。

レギュラーの生徒全般を見渡して不足しているスキルに対する対処なのだろうし、大人数主義なスクールであるからして(^_^;)狭い一面で全員が常にボールタッチ出来る配慮だろうから仕方ない面もあると思いますです。

前回もボレストやロングラリーの影で、コーディネーション的な約束練習があったのですが、後になって「あのメニューはオレ用に組んだものだったんじゃ?」と思ったりしています。

簡易ネットを挟んでごくごく短い距離からショートラリーなのですが、課されたお約束が...「フォア・バックフリーですが、お互い必ずスピン回転を掛けてください」というものでした。

通常のショートラリーよりも短い距離で、お互いがスピンを掛け合いながらショートラリーを行う。ラリーペースが決して上がらないように、薄いボールタッチで調節しつつ順回転を掛ける。

うっかりすると無回転でポーンと飛び出していったり、厚く当てすぎて長くなってしまいます。簡単なようで調節は結構難しい。相手を替えてローテーション2回分、時間にして5〜6分でしょうか?かなり夢中になってましたね。

上手く長さやスピードを抑えながらスピンを掛けるために必要なこと、それはラケットヘッドをクルッとさせるワイパースイングでした。グリップの厚さも、どこを支点にワイパーするかも関係なし。とにかくヘッドダウンとインパクト後にヘッドを屹立させることが大事でした。

フォアにしろバックにしろ、 安定感を標榜する順回転のグランドストロークでこのヘッドを屹立させてくる動きが、自分はきちんと出来ていたかな?いや出来ていない時が多々ある。

そう自問自答させてくれるメニューであったんだと今頃になって気付きました。そして振り切ることの重要性も、振り過ぎないこのショートラリーで再確認できたりもしました。ヘッドのワイパーを強調するには、ヘッドの加速や動きを止めないことが大事ですからね。

スイングに迷いが見られるボクに対して、コーチからの無言のアドバイスだったんだと思って、次回に繋げていこうと思います。

---------- ---------- ----------


blogranking

テニス365楽天市場店 | TENNIS-VENUE | ショップ一番 | テニスショップアド | La foresta d’Italia | アートスポーツ・ODBOX | テニス市場 | テニスマックス | テニスショップ エディ | KPI tennis | TENNIS 24 | 中古テニスマーケット | Yahoo!ショッピング

|

« チャリTの行方とスピン女子 | トップページ | 手軽で安くて美味しいメキシカンレストランめっけ! »

テニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チャリTの行方とスピン女子 | トップページ | 手軽で安くて美味しいメキシカンレストランめっけ! »