« 【3rdレビュー】SIGMA85mmF1.4 EX DG HSM 〜 モノクロフィルムで撮ってみる 〜 | トップページ | 夏休みの思い出は宝物 »

2011.08.26

【レッスン】え?ボクって壁打ちの壁?

Review : SIGMA85mmF1.4
K-7 | SIGMA85mmF1.4

この間の水曜はレッスンを2コマ連続でやってきました。権利消滅まであと数日という振替が2つもあったので、無理矢理消化ってわけです。

ところが2コマ目に入った中級クラス、なんとも雰囲気が悪くてびっくりしました。もしもあのクラスしか通うことが出来ないのだったら、未練なくテニスを辞められる。

この中級クラスは良いショットととんでもないミスが半々っていう方が多く、レッスン全体が荒っぽい雰囲気。いやこれ自体はよくあるケースだし、自分自身もそうだから(^^ゞ全く気になりません。

ただ気になったのはテキパキ感の無さと雰囲気の重さ。

球出しからの各ショット練習が終わり、ローテーションによる各種ラリーに入って、澱んだような重たっ苦しさの原因が分かってきました。

あの二人だな。

2vs1での約束ボレーボレー、ボレーのコントロール力を高める練習ですね。ところが横に入ったマダム、ぽんぽんミスり自分の足元やネットにボールがいくつもあるのに、「すみませ〜ん」と自分で拾い上げて練習再開という行動をとりません( ̄− ̄)え?なんで?何してるの?

ボレー、ミスる。コロコロと自分の足元にボールが転がる。知らん顔で謝らない。「早く誰かボールを出せ」とばかりにラケットを構えて澄ましている。

ボクや相手側の方がボールを持っているうちは良いですけど、それが無くなっても全くその態度は変わらない。え?何様?さっさと拾ってくれれば一球でも多く練習できるんですけども...。

悲劇は続く。

ローテーションの声が掛かり、ボクがネットを挟んで相手二人交互にボールを送ります。そのマダムが向かって左側、右側には年配の男性が入り2vs1ボレーボレーのスタートです。

ボレーやストロークに関わらず、生徒同士のラリーはコーチからの指示がない限り、続ければ続けるほど繋げば繋ぐほど練習になります。相手の力量を見極め、いかに相手の打ちやすい所にコントロールし続けられるかが大切。お互いに繋ぎ合って始めて、ペースを徐々に速めたり違う回転を織りまぜてみたりという阿吽の呼吸が生まれるのです。

.....そう、もうみなさんお分かりでしょう(ーー;)

ボクが相手に打ちやすいボールを送る。打ち込まれる。必死に繋ぐ。打ち込まれる。ボクがミスる。すみませんと謝る。すぐにボールを拾って練習再開。エンドレス。

もう途中で笑えてきましたよ。馬鹿らしくて(ーー;)続かない練習をして何が楽しいのか?誰でも決められるボールを打ち込んでひとりムハ〜となるのが嬉しいのだろうか?不毛だ。

ボレストでもこのふたりの取り組み方は一緒。とにかく決めたいのだ。同じ料金を支払っている他のスクール生を、プライベートなヒッティングパートナーもしくは壁打ちの壁と一緒の扱いをしているのだ。

毎度毎度このふたりのやり口に晒されるレギュラーさんが荒んでいくのは当たり前だよね。レッスンの雰囲気を正常に保つ役割の担当コーチだって、言える相手と言えない相手が居るだろうし既に辟易してしまって匙を投げた感じだ。(本当はもう少しコーチにはしっかりしてもらいたいだろうな、他の生徒さん)

ヤル気ある生徒が集まるクラスはレベルに関係なく雰囲気も明るいし、一球でも多くボールを打ちたいからボールアップも早いし、コートの間仕切りやら何やらも率先して手伝う。決してお客さんに甘んじない。

あ、やべ、すっかり愚痴になっちまった。

---------- ---------- ----------


blogranking

テニス365楽天市場店 | TENNIS-VENUE | ショップ一番 | テニスショップアド | La foresta d’Italia | アートスポーツ・ODBOX | テニス市場 | テニスマックス | テニスショップ エディ | KPI tennis | TENNIS 24 | 中古テニスマーケット | Yahoo!ショッピング

|

« 【3rdレビュー】SIGMA85mmF1.4 EX DG HSM 〜 モノクロフィルムで撮ってみる 〜 | トップページ | 夏休みの思い出は宝物 »

テニス」カテゴリの記事

コメント

いましたねぇ~!そういう人ヾ(´∀`o)+

以前通っていたスクールで、
ボレストのストローク側にそういう女性がいて、
「明らかにアウト」の強打をしてくるのです。
ボレーで受けるなんて、怖くて逃げちゃうような球!
続くどころの話じゃないのです(笑)

見るに見かねてコーチが「コートに納まる球を打ちましょう」と
柔らかい言い方で注意してくれたのですけれど、
全く変化は見られませんでしたよ。
あの人はてにままが嫌いだった?(爆)

投稿: てにまま | 2011.08.27 00:42

タチが悪いですな。
何の練習をしているのか理解できんのだろうか? と問いただしたい(--;)

投稿: Neko | 2011.08.27 22:10

■ てにままさんへ

そういう人居ますねぇ。いやボクもかつてはそういう頃があったかも(^_^;)

てにままさんが嫌いだったのかも知れませんが(^^)多分そういう球しか打ちたくないし、打てない人なんですよ、きっと。

■ Nekoさんへ

理解はしてないですね。っていうか他人のコトを考えないタイプなんでしょう。

ふたりとも中級クラス(メガロスレベル)の中では決して下手ではないので、少し傲慢高慢になっているのかも知れません。

バカですねぇ、上級だろうが中級だろうがテニス人口の底辺を支えていることに変わりがないのに(^^)

投稿: 丁稚 | 2011.08.29 15:15

>>「明らかにアウト」の強打をしてくるのです。
>>ボレーで受けるなんて、怖くて逃げちゃうような球!

これ、某NASで速いボールに慣れるという練習でやるときがあります。さすがに上級男子のボールが顔面にくるとコワイです(^^;)

投稿: Neko | 2011.08.30 21:33

■ Nekoさんへ

そういう約束練習も良いですね!

ボレーヤーは速い球に対応できるようになるし、ストローカーも勇気が付くし(^^)

投稿: 丁稚 | 2011.09.03 11:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【3rdレビュー】SIGMA85mmF1.4 EX DG HSM 〜 モノクロフィルムで撮ってみる 〜 | トップページ | 夏休みの思い出は宝物 »