« 【2ndレビュー】大口径と行く日本海 ~ SIGMA85mmF1.4 EX DG HSM ~ | トップページ | 【3rdレビュー】SIGMA85mmF1.4 EX DG HSM 〜 モノクロフィルムで撮ってみる 〜 »

2011.08.22

【レッスン】うで、ピ〜ン!

P8200540
PEN E-P3 | G20mm

夏休みの終焉を伝える子ども会主催のラジオ体操が始まりました。初日は雨で中止でしたが、いよいよ長く過酷だった日も終わろうとしています。

そんな折、嫁さんは息子を連れて京都に帰省。京都の暑すぎる夏を過ごしていたお義母さんは、ちょっと痩せてしまったとのこと。でも久しぶりに娘の顔、孫の顔を見て癒されていることだろう。(連れて行く子供の選出に一悶着あったが、それはまた別の機会に...)

しかし仲の良い長女と次女を置いてってくれて、お父ちゃんホント助かるわ。長女の面倒見の良さに感謝、感謝。

---

さて今日はレギュラーレッスンに行ってきました。

もう終わりはすぐそこかも知れないけれど、だからこそ諦めることなくフォアハンド上達を目指しております。納得行くフォアハンドが打てるようにならないまま、ラケットを置いたら悔いが残りそうだしね。

テイクバック、いやボールを打ちに行く時の腕の状態を変えてみました。ヒントは自分のバックハンド。

バックハンドでフラット系のドライブを打つ時、肩から手首まではピンと一直線にしてボールを叩きに行っています。手首だけクッと曲げてヘッドダウンさせておいて、インパクト時に急激にヘッドを立てて行くような動きで順回転を掛けています。

なぜにフォアハンドはこのようにシンプルに叩きに行けないのか?確か前にも同じように思ったことがあって、同じような取り組みをしたはずなのですが今回こそ『フォア強者』への大本命になりそうな気が...

フォアハンドでもボールを打ちに行く時、意識的に肩から手首までをピンと一直線にして手首でヘッドダウンをさせた状態からボールを打ちに行ってみました。

今までは肘支点のワイパースイングと手首支点のグリグリというダブルの回転運動をし、且つ、腰と肩のひねり戻しで前方への推進力も絡ませる......そんな複雑な身体の使い方をしようと思ってましたからね。うまくいく筈ないわな。

腕ピ〜ン打法ですが、悪くないと思います。タイミングが取れなくてとっ散らかってたりしましたが、前方向への肩の動きと急激に立ち上がってくるヘッドの動きが上手くシンクロするショットもそこそこ出ました。

うん、なんかスッキリ振りきれる感覚だし、上にブレる(フカす)不安が急速に小さくなってきました。もっと前に叩けるな、次はもっと前に。

コーチ前ラリー後のアドバイスではスイングそのものへの言及はなく、相変わらず早く決めすぎるフットワークをダメ出しされました。余裕がある時こそ最後まで足でボールとの距離を調節して!と。それ直すのが一番難しいんだけど、実はそれこそ一番フォア不安定の元凶だったりするんだよな...

---

期の途中で退会は出来ないようなので、9月末までスクール通い決定。決心が揺らいじゃうなぁ、やっぱりテニスは楽しいから。届出期限は9/10。ま、先延ばし。

---------- ---------- ----------


blogranking

テニス365楽天市場店 | TENNIS-VENUE | ショップ一番 | テニスショップアド | La foresta d’Italia | アートスポーツ・ODBOX | テニス市場 | テニスマックス | テニスショップ エディ | KPI tennis | TENNIS 24 | 中古テニスマーケット | Yahoo!ショッピング

|

« 【2ndレビュー】大口径と行く日本海 ~ SIGMA85mmF1.4 EX DG HSM ~ | トップページ | 【3rdレビュー】SIGMA85mmF1.4 EX DG HSM 〜 モノクロフィルムで撮ってみる 〜 »

テニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【2ndレビュー】大口径と行く日本海 ~ SIGMA85mmF1.4 EX DG HSM ~ | トップページ | 【3rdレビュー】SIGMA85mmF1.4 EX DG HSM 〜 モノクロフィルムで撮ってみる 〜 »