« 3日後には『Nexus 7』が手に入る....のかポチれば | トップページ | 【買物】LED仕込みのJD Razor »

2012.09.28

【3rdレビュー】TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD 〜 明るい標準ズームに連れられて鋸山へ

昨日は休み。最近せっかくの休みを活かし切れて無い気がしたので、後先(子供の帰宅時間)をあまり考えずに思い切って遠出してみました。


大きな地図で見る

訪れたのは鋸山。季節も良くなってきましたからロープウェーに乗って広々とした景色を見て気分一新させて、それから美味しい地の魚を食べて帰ろうという魂胆です。

箱根や大山あたりも考えましたが、首都高〜アクアライン〜館山道と乗り継げば、実は千葉の方が短時間で行けますな。都内を通らないから渋滞知らずだし、ETC利用ならアクアラインは800円で済むし。

ただ海ほたるから木更津に至る海上道路は、横風びゅーびゅーで怖かったなぁ。前にも胆を冷やしたんですが、昨日も結構手に汗握りました。そんななか横風に煽られて斜めになってるのにガンガン飛ばしてるトラックもいたりしましたな、あのドライバーはどんな心臓してるんだろう(ーー;)心臓に剛毛?生き急いでるのは間違い無さそう。

P9270046
PEN E-P3
Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/80 / F2.8 / 70mm / ISO320

ともかくも1時間ほどで鋸山ロープウェーの山麓駅に到着。往復900円のチケットをふたり分購入。ロープウェーは15分間隔で運行しているようです。

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/250 / F5.6 / 67mm / ISO200

なんとも年季の入った車輛ですね、「ちどり」ちゃんって言うんですな。ちなみにこの「ちどり」ちゃん、開業50周年を機に今年12月に引退してしまうそうです。まぁ確かに老朽化は隠せませんもんね。

新しく導入される車輛はスタイリッシュなスイス製だそうですが、それを聞いたら錆が浮いてぼこぼこあばた顔の国産「ちどり」ちゃんが余計に可愛いく見えてきちゃいました。

P9270050
PEN E-P3

山麓と山頂は4分で行き来できます。圧巻な景観を見てるとあっという間に到着してしまうんですが、この日は接近中の台風17号の影響か強風が吹いておりまして、道中のゴンドラはゆらゆらと大きく揺れる揺れる(ーー;)こ、こわい。

それでも同乗のガイドさんが平然となさっていたのでビビりつつも平常心でいられましたが、もしもこれがお客さんだけだったら.....予想外にスリルありまっせww

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/500 / F8.0 / 70mm / ISO200

胆を冷やした後は素晴らしい景観がまっておりました。ちなみに山頂駅からは日本寺、房州石の石切り場跡、地獄のぞきといった名所を見て回ることが出来るのですが...

P9270066
PEN E-P3

ガイド「風速15mを超えますとロープウェーは運休となります。くれぐれもお早めにお戻り下さい。大仏さんまで行かれますと運休のアナウンスは聞こえません。ちなみに徒歩での下山は45分ほどかかります」

切り立った岩山のてっぺんでそれだけ脅かされたら、どこも見て回れませんて(;^ω^A


Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/500 / F11 / 24mm / ISO200
Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/250 / F8.0 / 24mm / ISO200
Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/250 / F5.6 / 70mm / ISO200

えぇえぇ、おっしゃる通り展望台で浦賀水道やら房総半島の山並みを見て、採石の資料室を覗いて、山頂のネコたちを愛でたら...

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/250 / F8.0 / 24mm / ISO200

すぐにロープウェーで下山しましたよとw

P9270069
PEN E-P3

鋸山ロープウェーを後にして、東京湾フェリー(備忘録:久里浜→40分→金谷→35分→久里浜。毎時20分発。セレナ片道3,880円)の船着き場にある大きなお土産物屋さんでお土産を買ったら、美味しいお魚でも食べに行きましょう。富津方面にクルマをのんびり走らせて店を探します。

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/320 / F9.0 / 27mm / ISO200

こんなキャッチーな場所のほど近くに美味しそうな磯料理のお店を発見。おっとこの場所についての解説はwikiをご参照下さい。この日は残念ながら金色の反射を見ることは出来ませんでした...orz

磯料理マルゴ

お昼を食べに立ち寄ったのはこのお店。

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/80 / F4.5 / 24mm / ISO200

かなり広い店内。ひっきりなしにお客さんが訪れます。キレイにしてるおばちゃんが客あしらいをしてくれますが、必要以外はしゃべらないという姿勢(;^ω^A いや決して愛想が悪いわけではありません。観光客相手にお愛想しても仕方ないからでしょう。そのかわり...

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/80 / F4.5 / 24mm / ISO200

肝心のお料理は美味しかった〜〜〜!!!このお店はアタリだった!

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/160 / F4.0 / 70mm / ISO200

嫁さんはほたてフライ定食。これが衣カリッとでホタテがトロッとで最高に美味しかった。

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/100 / F3.2 / 70mm / ISO200

んで私が日替わり定食。この日はホウボウの煮魚と厚切りのマグロ、ハマチ、鯛のお刺身でした〜。ホウボウの煮付けが最高に美味かったなぁ、思わずごはんおかわり(有料)しちゃいました!

カーフェリーに乗って帰りたかったですが、そんなに悠長なことしてる時間的猶予はすでに無く、真面目に来た道を帰りました。ちなみに帰り道はこの日3度目で最強の胆冷やしを味わいました、そう、海ほたるまでの海上道路の横風ね(ーー;)

でも千葉、近いなぁ。また行きたいな、鋸山。

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/500 / F10.0 / 24mm / ISO200

15869-638-290406

景色を撮り、目にした物を撮り、食した物を撮る。そんなちょっとした小旅行に24-70mmのズームレンズは重宝しますなぁ。

ただレビューでこのレンズをお借りしたのでなければ、スペック的には大きく劣るけどマイクロフォーサーズにキットの標準ズームあたりで出掛けていたことでしょう。

35mmフルサイズに大口径標準ズームのコンビは間違いなくドッシリとした写真を撮らせてくれるの分かってるけど、ここぞ!っていう場所や時以外は個人的には軽快感の方を優先しちゃうかも知れないと今回思いましたわ。

15869-638-290406

---------- ---------- ----------




|

« 3日後には『Nexus 7』が手に入る....のかポチれば | トップページ | 【買物】LED仕込みのJD Razor »

カメラ」カテゴリの記事

モノフェローズ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

小旅行記&レンズレビューお疲れさまでした。

私も最近E-M5でマイクロフォーサーズデビューしてしまってからというもの、すっかり一眼レフの出番が減ってしまいました(苦笑)

私の所有カメラ群の中では
・手ぶれ補正最強
・高感度最強
な上に軽量コンパクト。
AFや被写界深度なんかの、E-M5では補えない部分くらいでしか出番が...。
罪な奴ですね(笑)

でも写真を見ると、いいですよね♪フルサイズ。

投稿: ヨー | 2012.09.28 15:34

■ ヨーさんへ

いつもご覧いただき、コメントまで頂戴しありがとうございます

ヨーさん、E-M5買われたんですね!いいなぁうらやましいなぁ。E-M5、α900より高感度良いんですか?んぐぐ、これは買い替えねば(;^ω^A

一眼レフの「撮ってるぞ〜」感やフルサイズの立体感や階調や描写の余裕はやはり捨て難いですけど、確実に普段使いはm4/3に持って行かれちゃいますよね。

そういう意味では今度のソニーのフルサイズコンパクトは最強のお出掛けカメラなのかm....いや高いしなぁw

明日は運動会っす。がむばってきまっす!

投稿: 丁稚 | 2012.09.28 16:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3日後には『Nexus 7』が手に入る....のかポチれば | トップページ | 【買物】LED仕込みのJD Razor »