« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の16件の記事

2012.09.30

【運動会のカメラパパ】何を記録し、何を焼き付けるのか

P9290224
PEN E-P3 + MMF-2 + ED70-300mm

運動会との戦いは前日の夜から始ります。

仕事から自宅に戻ると油の香りで充満しておりました。そうです、嫁さんが唐揚げ作りに奮闘しておりました。ともに戦うパートナーとして、私も無言で納戸へ向かい、レジャーシートや折畳みイスなどの準備に取り掛かりました。

一夜明けた早朝5時、嫁さんはおにぎり作りを始めます。私もむっくりと起き出し、撮影機材の最終チェックをして身支度を整え、場所取り合戦の時に備えます。

今年は事前に学校から通達があり、開門と同時にレジャーシートを敷ける場所を大幅に減らすとのこと。場所取り合戦が熾烈になることが予想されましたから、場所取り担当の父親はそわそわと落ち着きませんでした。

DSCF0022
F770EXR

開門時間ぴったりに学校へ到着するとすでに父親たちが長蛇の列を作っておりました。「嗚呼、オレの役立たず」と自分を責めましたが、どうやら他所様と狙っているスペースが異なっているらしく去年と同じベストポジション(常に日陰)を確保できました。「オレ、偉い!」とひとりごちながら、汚いすね毛と主砲/副砲をパチリ。

P9290101

P9290121
PEN E-P3 + MMF-2 + ED70-300mm

AFに懸念を抱いていたマウントアダプター越しの70-300mmですが、やはり600mm相当の引き寄せヂカラは強力です。AFだって今まで結構苦労させられてきてますから、このぐらいの速度と精度なら充分に役割を果たしてくれますよ。(C-AFはさすがにアウトでした)

遠い場所から我が子を大写しに出来るから非常に撮影が捗り、もはやこの日の主砲はPENでした。

IMG_5542

IMG_5570
5Dmk2 + EF70-200mmF4L

副砲役を担わされた5Dmk2と70-200mmF4ですが、やはり端正な写りは普及クラスの望遠ズームとは一線を画しておりますな。得意なレンジに被写体さえ飛び込んできてくれれば...

IMG_5645

IMG_5619

IMG_5612

IMG_5575
5Dmk2 + EF70-200mmF4L

キリリッ!とコントラストも効き、ズコ〜〜〜っとヌケまくりますな。さすがは白レンズ最強と呼ばれるだけのレンズであります。

P9290148
PEN E-P3 + MMF-2 + ED70-300mm
DSCF0033
F770EXR
P9290200
PEN E-P3 + MMF-2 + ED70-300mm

ま、どのカメラで撮ったって良いんです。ピントを外そうが写りが劣ろうが実はあんまり重大なことでなく、子供たちの何を記録できたかが大事なんですよ。分かってるんだ。

DSCF0044
F770EXR

長男は応援団でオトコらしい姿を見せてくれたし、初めての小学校の運動会で次女は有言実行、徒競走1位を獲ってくれました。今年シャッターを切る回数が少なかったのは、子供たちの貴重な一瞬を何が何でも写真として写し留めなくても、この目に焼き付けたって良いじゃないかと思える様になったからかも知れません。(ちょっと前の文章と矛盾してるなw)

運動会でドタバタできるうちが華ですよね、あと5回だ。

---------- ---------- ----------




| | コメント (4)

【買物】OLYMPUS VF-2 〜 準備は相整った!いざ出陣!

__.JPG

【買物】MMF-2 + ED70-300mm 〜 後悔先に立たず / 2012.09.22

テレ端600mm相当のレンズを入手したのは良いものの、それだけでは実際の使用にかなり難があった。AFに関してよりもまず、600mm相当の画角を背面モニターを見ながら(身体からカメラを離して)撮影するということが最大の困難でありました。

そもそも最大限にズームした状態で数十メートル先の被写体を画面内に写すのが至難の業である。さらにその構図を腕の力だけで保持し続けることもまた。

運動会当日はどんどん迫る。このままではマトモに撮れないことは明白。待った無しで出物の中古物件をポチッた。

運動会ファインダー着荷

専用の電子式外付けビューファインダー『VF-2』です。

解像度や倍率は劣るもののコンパクトで廉価な『VF-3』という選択肢もあったけれど、実際に覗いてみると驚くほど見やすさに差があったし、ただでさえ大きくて不格好なEVFを黒いPENで目立たなくさせるために銀色でなく黒色が選べるってことで無理して『VF-2』を。

運動会ファインダー装着

運動会戦線に投入される火器の最終形態。やはり一眼レフスタイルで構えられることで格段に撮影がしやすくなりました。

自分だけかも知れませんが運動会での撮影はあらゆる面で、思っている以上に余裕がありません。大きなマイナス面をいくつも抱えたままでは現場で使い物にならないだけに、VF-2導入でようやく最低ラインを越えることが出来たと思えました。

散財だったけどさ。

IMG_5533

いざ出陣!

14638-638-290535

---------- ---------- ----------




| | コメント (0)

2012.09.28

【買物】LED仕込みのJD Razor

焼けていく西の空
PEN E-P3 + MZD14-42mm + WCON-P01
焼けていく西の空

焼けていく西の空
PEN E-P3 + MZD14-42mm

昨日は西の空が綺麗に焼けましたよね。

美しい夕焼けをひとしきり鑑賞し終わったら、もうすぐ誕生日な息子のプレゼントを買いに出掛けました。毎度ゲームソフトをねだる息子ですが、今年は珍しくキックボードをご所望ってことで嫁さんも嬉しそうに近所のオリンピックへ。

買ったのは『JD Razor MS-102 LED』。走るとタイヤの中に仕込まれたLEDが七色(誇張あり)に光ります。

誕生プレゼントはキックボード

実際に光らせてみますと(いや走らせると勝手に光るのですが)、非常に微妙な感じww でも本人はいたって気に入っているようですし、サッカー帰りの夜道でクルマなどから認識されやすいと考えれば、コレを選んで良かったかも知れません。

お父ちゃんとしてはコレがカッコいいなぁと思ったけど、本人含む家族全員から「えぇ〜〜〜!?」という反応でしたので即座に提案を引っ込めましたww

しかし子供ってキックボード(スクーター)が好きですよね。自転車の方が遥かにラクチンなのになぁ。

---------- ---------- ----------




| | コメント (0)

【3rdレビュー】TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD 〜 明るい標準ズームに連れられて鋸山へ

昨日は休み。最近せっかくの休みを活かし切れて無い気がしたので、後先(子供の帰宅時間)をあまり考えずに思い切って遠出してみました。


大きな地図で見る

訪れたのは鋸山。季節も良くなってきましたからロープウェーに乗って広々とした景色を見て気分一新させて、それから美味しい地の魚を食べて帰ろうという魂胆です。

箱根や大山あたりも考えましたが、首都高〜アクアライン〜館山道と乗り継げば、実は千葉の方が短時間で行けますな。都内を通らないから渋滞知らずだし、ETC利用ならアクアラインは800円で済むし。

ただ海ほたるから木更津に至る海上道路は、横風びゅーびゅーで怖かったなぁ。前にも胆を冷やしたんですが、昨日も結構手に汗握りました。そんななか横風に煽られて斜めになってるのにガンガン飛ばしてるトラックもいたりしましたな、あのドライバーはどんな心臓してるんだろう(ーー;)心臓に剛毛?生き急いでるのは間違い無さそう。

P9270046
PEN E-P3
Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/80 / F2.8 / 70mm / ISO320

ともかくも1時間ほどで鋸山ロープウェーの山麓駅に到着。往復900円のチケットをふたり分購入。ロープウェーは15分間隔で運行しているようです。

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/250 / F5.6 / 67mm / ISO200

なんとも年季の入った車輛ですね、「ちどり」ちゃんって言うんですな。ちなみにこの「ちどり」ちゃん、開業50周年を機に今年12月に引退してしまうそうです。まぁ確かに老朽化は隠せませんもんね。

新しく導入される車輛はスタイリッシュなスイス製だそうですが、それを聞いたら錆が浮いてぼこぼこあばた顔の国産「ちどり」ちゃんが余計に可愛いく見えてきちゃいました。

P9270050
PEN E-P3

山麓と山頂は4分で行き来できます。圧巻な景観を見てるとあっという間に到着してしまうんですが、この日は接近中の台風17号の影響か強風が吹いておりまして、道中のゴンドラはゆらゆらと大きく揺れる揺れる(ーー;)こ、こわい。

それでも同乗のガイドさんが平然となさっていたのでビビりつつも平常心でいられましたが、もしもこれがお客さんだけだったら.....予想外にスリルありまっせww

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/500 / F8.0 / 70mm / ISO200

胆を冷やした後は素晴らしい景観がまっておりました。ちなみに山頂駅からは日本寺、房州石の石切り場跡、地獄のぞきといった名所を見て回ることが出来るのですが...

P9270066
PEN E-P3

ガイド「風速15mを超えますとロープウェーは運休となります。くれぐれもお早めにお戻り下さい。大仏さんまで行かれますと運休のアナウンスは聞こえません。ちなみに徒歩での下山は45分ほどかかります」

切り立った岩山のてっぺんでそれだけ脅かされたら、どこも見て回れませんて(;^ω^A


Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/500 / F11 / 24mm / ISO200
Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/250 / F8.0 / 24mm / ISO200
Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/250 / F5.6 / 70mm / ISO200

えぇえぇ、おっしゃる通り展望台で浦賀水道やら房総半島の山並みを見て、採石の資料室を覗いて、山頂のネコたちを愛でたら...

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/250 / F8.0 / 24mm / ISO200

すぐにロープウェーで下山しましたよとw

P9270069
PEN E-P3

鋸山ロープウェーを後にして、東京湾フェリー(備忘録:久里浜→40分→金谷→35分→久里浜。毎時20分発。セレナ片道3,880円)の船着き場にある大きなお土産物屋さんでお土産を買ったら、美味しいお魚でも食べに行きましょう。富津方面にクルマをのんびり走らせて店を探します。

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/320 / F9.0 / 27mm / ISO200

こんなキャッチーな場所のほど近くに美味しそうな磯料理のお店を発見。おっとこの場所についての解説はwikiをご参照下さい。この日は残念ながら金色の反射を見ることは出来ませんでした...orz

磯料理マルゴ

お昼を食べに立ち寄ったのはこのお店。

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/80 / F4.5 / 24mm / ISO200

かなり広い店内。ひっきりなしにお客さんが訪れます。キレイにしてるおばちゃんが客あしらいをしてくれますが、必要以外はしゃべらないという姿勢(;^ω^A いや決して愛想が悪いわけではありません。観光客相手にお愛想しても仕方ないからでしょう。そのかわり...

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/80 / F4.5 / 24mm / ISO200

肝心のお料理は美味しかった〜〜〜!!!このお店はアタリだった!

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/160 / F4.0 / 70mm / ISO200

嫁さんはほたてフライ定食。これが衣カリッとでホタテがトロッとで最高に美味しかった。

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/100 / F3.2 / 70mm / ISO200

んで私が日替わり定食。この日はホウボウの煮魚と厚切りのマグロ、ハマチ、鯛のお刺身でした〜。ホウボウの煮付けが最高に美味かったなぁ、思わずごはんおかわり(有料)しちゃいました!

カーフェリーに乗って帰りたかったですが、そんなに悠長なことしてる時間的猶予はすでに無く、真面目に来た道を帰りました。ちなみに帰り道はこの日3度目で最強の胆冷やしを味わいました、そう、海ほたるまでの海上道路の横風ね(ーー;)

でも千葉、近いなぁ。また行きたいな、鋸山。

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm / 1/500 / F10.0 / 24mm / ISO200

15869-638-290406

景色を撮り、目にした物を撮り、食した物を撮る。そんなちょっとした小旅行に24-70mmのズームレンズは重宝しますなぁ。

ただレビューでこのレンズをお借りしたのでなければ、スペック的には大きく劣るけどマイクロフォーサーズにキットの標準ズームあたりで出掛けていたことでしょう。

35mmフルサイズに大口径標準ズームのコンビは間違いなくドッシリとした写真を撮らせてくれるの分かってるけど、ここぞ!っていう場所や時以外は個人的には軽快感の方を優先しちゃうかも知れないと今回思いましたわ。

15869-638-290406

---------- ---------- ----------




| | コメント (2)

2012.09.25

3日後には『Nexus 7』が手に入る....のかポチれば

Nexus7

ぐはっ!しまった!急いてはコトをし損じるのであるよ、予想以上にGoogleブランドのタブレットが早く国内販売されてしまったじゃないか(;^ω^A

本当に一番欲しかったタブレットはコレ。Google印のコレ。でも技適マークが付いてないこいつを買ってしまうと、ブログネタに出来ないしなぁと。実はあっさりと今月あたりにNexus 7、iPad mini、Kindle Fireと7インチタブレットが国内で揃い踏みしたりしたら泣けるなぁ

【買い物】ICONIA TAB A200 〜 おうちタブレットは周回遅れで良いのだ / 2012.09.01

いやまぁ自分で自分に予防線を張ってはいたけれど、現実に大本命が当月中(3〜5営業日以内にお届け)に発売されるとはなぁ。

Review : Tamron24-70mm

A200とはモニターサイズもOSも違うし、タブレットがふたつあったって良いか....ってふたつも要らないよ( ̄− ̄)しかしこのスペックでこの値段かぁ安いなぁ。


---------- ---------- ----------




| | コメント (0)

2012.09.22

【買物】MMF-2 + ED70-300mm 〜 後悔先に立たず

鈴割り

来週は運動会なのですよ。待った無しでやってきます。今年は嫁さん用にテレ端500mm相当までカバーするコンデジ「F770EXR」を手当てするだけで、5Dmk2+EF70-200F4Lを主砲に据えて撮れるモノだけを撮ると決めていました。

やっぱダメだ。運動会前に何も買わずにいられるわけが無いじゃないか!

ただ5Dmk2用に白い70-300mmとか黒い50-500mmを買える財力も無いし、動き物は諦めてマイクロフォーサーズ用のこいつらを。実際はどちらも中古で買いましたし、ポイントもちょっとあったので、ふたつで30,000円ちょいの出費。

マイクロフォーサーズマウントにはパナソニックのG100-300mmっていうレンズもあるんですけども、フォーサーズレンズが使えるマウントアダプターを持ってても良いかなと思ってたのでMMF-2とED70-300mmというコンビを。

マウントアダプターは防塵防滴のMMF-3も出てますし、さらに中古価格が安いMMF-1もありますけど、防塵防滴は自分には不要のスペックですし黒いアダプターじゃないと見た目がアレなんでMMF-2を。

週末の運動会を待つ副砲

ED70-300mmはまさかの買い戻しであります。3年前の運動会前に購入して、運動会後にすぐに売り払った過去があります。E-520と一緒に残しておけば....

さて、さっそくPENに装着してみましょう。

ズームして鏡筒を伸長させなければ、まぁそんなにアンバランスではないように思いました。フードを付けてテレ端にするとちょっとアレですがね。ただ持った感じは著しくアンバランスw OM-Dぐらいのグリップがあればもう少し安定するのかな?

見た目や持った感じは最初から覚悟してたから「こんなもんだろう」と諦めも付きますが、いかんせんAFが思っていたよりもダメダメだ....。特にテレ端のAFはやばいw フォーカスが行って戻って....諦めたぁ〜?マジか?MFで子供を撮れと?

待てよ、確かこのレンズは『ハイスピードイメージャAF』に対応してるはずだよな

そこで購入以来ずっと仕舞ってあったPENのUSBケーブルを取り出してきてMacに繋ぎ、『OLYMPUSデジタルカメラアップデーター』経由でボディとレンズを最新ファームにアップデート。やっぱりファームが古かったからか。

あれ?さっきより合わせようと頑張ってるけど、諦めるじゃん、やっぱり...orz

これはやっちまったかも知れないな。フォーサーズとマイクロフォーサーズに、そしてオリンパスに夢を見過ぎたのかも知れないな、オレww

【散財】運動会が近いから

【散財】運動会が近いから

P92150080001

P92150130004

写り自体は悪くないんですよ。手ブレ補正も効いてくれるから、ピントさえ合えば。

被写界深度が浅くなるテレ端のAFに難を抱えちゃってる上に、600mm相当を背面モニターで構図を決めてフォーカスリングで微調整ってのは無理だ(ーー;)

やっぱり高いけど、この組み合わせを運動会に投入するなら外付けのビューファインダーが必須だ。でもこれを買ったら...

【送料無料】SONY 75-300mm F4.5-5.6 SAL75300

【送料無料】SONY 75-300mm F4.5-5.6 SAL75300
価格:17,300円(税込、送料込)

トランスルーセント技術でピントを合わせ続けるこのコンビを買った方が良かったんじゃ....orz これ実機を触ったけどけっこう小気味良くて撮りやすそうだったんだよなぁ。手持ちを活かそうとして失敗したかも知れない。

後悔先に立たず、運動会当日がコントラストが冴えまくる晴天であることを祈ります。

5544-638-289760

---------- ---------- ----------




| | コメント (4)

2012.09.19

京都 1泊 墓参り

京都 一泊 お墓参り
F770EXR

彼岸の入り。そろそろ涼しくなるぜい。

お彼岸前の3連休、嫁さんが長女を連れて里帰りしてお墓参りをしてきてくれました。お義父さん、全然お線香をあげに伺わなくてすみません。

京都 一泊 お墓参り

京都 一泊 お墓参り
F770EXR

秋が深まったらカメラ持って仕事抜きでのんびりと京都に行きたいなぁ。

moe000009

京都で産まれた長女も...

京都 一泊 お墓参り
F770EXR

こんなに大きくなりました。お義父さん、いつもいつまでもこの子を見守ってあげてください。


---------- ---------- ----------




| | コメント (0)

2012.09.18

【ポチッと】OLYMPUS BCL-1580(15mm F8.0)

完全にやられたわ〜。まったくノーマークだったのに、この佇まいを見てキュンとしてしまった。そして値段を見たら、もう失神(ポチッとな)していた。


ボディーキャップレンズ BCL-1580(15mm F8.0)/ オリンパスオンライン価格5,460円(ポイント15%使用可能)

フォトパスで貯まっていたポイントを使って税込・送料込で¥4,641でした。嬉しい安さ。

....あ、でもコレって『とりあえず写真も撮れるボディキャップ』なんですよねw ボディキャップとしたら相当に馬鹿高いですし、MF専用で絞りも固定だし、描写力云々のレンズ(ん?キャップか?)ではないから万人にはオススメ出来ないブツでありますww

薄さ9mm、カメラマウント用のボディーキャップと見紛うほどの超薄型のレンズです。3群3枚のオールガラスのレンズ構成で、焦点距離30mm相当(35mm判換算)の単焦点広角レンズとして使用できます。広角かつF8固定で被写界深度も深いため、パンフォーカスレンズとして普段使いできる他、マニュアルフォーカスも可能です。30cmまでの近接撮影が可能です。レンズ保護バリア付きなので常時カメラに付けて、そのままポケットに入れられます。普段はボディーキャップとして、撮影時には、スナップ用パンフォーカスレンズとして、すばやく気軽に写真を楽しめます。ボディー内手ぶれ補正機構搭載のOM-DやPENと一緒に使えば、手ぶれ補正も有効です。

焦点距離:15mm(35mm判換算30mm相当)/ レンズ構成:3群3枚 / 画角:72° / MF専用 / 最短撮影距離:0.3m / 最大撮影倍率:0.06倍(35mm判換算0.12倍) / 絞り羽枚数:1(円形絞り) / 最大口径比:F8.0 / 最小口径比:F8.0 / 大きさ(最大径×全長):Ø 56×9mm / 質量:22g

でもこの姿、愛らしいじゃありませんか。どこぞのアレによく似てますが、こちらは完全に遊びってのがこれまた逆に面白くって良い。さりとてキャップに穴をあけただけのピンホールレンズではなくて、3群3枚のガラスレンズが奢られているってのがこれまた良いのです。

レンズ正面下部に設けられたレトロテイスト全開のフォーカスレバーに、これまた心を鷲掴みにされちゃいました。一番左にすればレンズバリア状態となってボディキャップとしての務めをしっかり果たすなんて、もう可愛らし過ぎてたまりません。

いやぁオリンパスにもこんな遊び心があったなんてなぁ。

手持ちのE-P3にもしっかり似合ってくれると思うんですけど、より小さいE-PM2の方がナイスなコンビになるでしょうね。しかもOM-Dと同じセンサーでタッチスクリーンまで奢られているんだから、E-P3から買い替えない理由が....(;^ω^A PENはほぼPモードで撮ってるから露出補正だけ普通に出来れば操作性は問題無いしなぁ。

解像力・階調再現力・高感度低ノイズ性能など群を抜く高画質を実現しているFUJIFILMのXマウントカメラに、近々『X-E1』というX-Pro1の廉価版が出るんですよ。もうねm4/3からXマウントに移行する気マンマンだったんですよ、実は。

でもこのボディキャップをポチッてしまったので、まだまだとうぶんm4/3陣営に籍を残すことになりました。不満はあるけど結構いろいろと楽しませてくれるマウントなんだよね、マイクロフォーサーズって。

17083-638-289378

---------- ---------- ----------




| | コメント (0)

2012.09.16

センターグリル新館 〜 あのとき食べたスパゲティ

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm

先日の横須賀歩き、人の多さに気圧されて昼飯も食わずに横浜に戻ってきました。横須賀中央から快特に乗って上大岡そして鈍行で日ノ出町へ。

涼しい京急の車中、嫁さんとお互いの腹の具合を報告し相談し合った結果、ほどなくしてある1軒の店が導き出されました。

センターグリル新館
F770EXR

懐かしくも美味しい洋食レストラン、野毛のセンターグリルです。

野毛から馬車道。美味すぎる洋食屋さんとの出会い / 2011.06.11

ブログ記事を遡ってみると初めて訪れてから1年以上経っていました。時の流れは早いなぁ。でもまぁ1年以上前に訪れたお店の印象が、今でも強く残っているということは.....まぁ良い意味でそういうことです(⌒〜⌒)

iPhoneのマップと記憶を頼りに何とかセンターグリルに辿り着いたけれど、どうも店内の様子が違う。店内の雰囲気は昭和の香りが色濃く残りつつも清潔で上品、居心地の良さは変わらないけれど確か細い階段を上がって2階で食べたはずだが、階段が無い.....

慌てて店を出てもう一度探してみたら、角を曲がったすぐそこに以前訪れたお店がありました。ところがそちらは団体さんで満席状態( ̄− ̄)

センターグリル新館

センターグリル新館
F770EXR

嫁さん曰くどうやらメニューは同じようだったったので、もう一度さっきの見慣れぬセンターグリルに戻りました。

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm

どうしてこんな近距離に同じ屋号で2軒も店を?その謎を注文を取りにきてくれた女性店員さんに投げかけてみましたら...

店員さん「2階に上がるアチラが”本店”でこちらが”新館”。実はL字型になっていてどちらも繋がっています。厨房は共通ですから新館でも本店の味が楽しめます。小さな違いは本店が禁煙で新館が喫煙OKです。」

なるほどなるほど、こんなところも非常にユニークだなぁセンターグリル。

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm

店内の様子を色々撮りたかったけれど、穏やかでのんびりとした時間が流れる静かな洋食屋さんでシャッター音を響かせるのも何だか下衆に思えてあまり撮れませんでしたw

このガラス、懐かしいですよね。昔、ウチの自宅にもこんなガラスを張った窓がありました。ありふれた普通のガラスだったけど、今もしもこのガラスを割ってしまったら大変だろうなぁ。何でも新しくすれば良いってもんじゃなくて、大切に使う姿勢も尊敬すべきことだなぁと同じ商店主として思いましたです。

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm

しまった!念願の『スパランチ』も頼んだのに写真撮らずにがっついてしまった...orz

写真は『イタリアンハンバーグ』ですが『スパランチ』の感想ww スパゲティもライスもボリュームたっぷり、チキンカツは中の鶏肉は柔らかくてジューシーであっつあつ、そしてスパゲティは....

何とも心に響くホッとする美味しさ。あのね、子供の頃に食べたスパゲティを思い出すんですよ。多分きっと、小さい頃に連れてってもらったレストランで食べた、お子様ランチのスパゲティの味なんだと思うんです。

料理を食べて懐かい気分になって胸がキュンとするなんて経験、そうそう出来るもんじゃないからセンターグリルは貴重なお店です。いつまでもいつまでも変わらずに続けてもらいたいお店ですな。

関連ランキング:洋食 | 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅


---------- ---------- ----------




| | コメント (0)

2012.09.14

【2ndレビュー】TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD 〜 今も海が見えるでしょうか、ここは...

Review : Tamron24-70mm
1/400 / F10 / 24mm / ISO200 / RAW / Aperture3

昨日は休日。気分転換と作例撮りを兼ねて自然溢れる場所に行きたかったのですが、やはり子供達が戻ってくる時間を考えると遠出も叶わず、足が勝手に向いたJR『横須賀』で下車。

駅に降りると米軍の方々でしょうか、外人さんで溢れかえっておりました。おぉここはニッポンであってニッポンで無いのかw 知名度の割に寂れた駅舎と潮の香りと異国の香り、なんだか不思議な場所だJR横須賀駅。

Review : Tamron24-70mm
1/250 / F8.0 / 24mm / ISO200 / RAW / Aperture3

Review : Tamron24-70mm
1/200 / F5.0 / 70mm / ISO200 / RAW / Aperture3

Review : Tamron24-70mm
1/200 / F7.1 / 24mm / ISO200 / RAW / Aperture3

改札を出るとすぐに海。そして軍艦。海上自衛隊と米軍施設が入り交じった港ですからね。普段見慣れぬ潜水艦を目にしてかなり興奮しましたわ。

そんな港の様子や軍艦や潜水艦をTamron24-70mmでは撮っていないという。いやぁ24mmで散漫にならずに港を撮るのは難しいし、70mmで遠くの軍艦や潜水艦を撮ってもこれまた迫力が....

DSCF0202
F770EXR
DSCF0210
F770EXR

慌てて嫁さんに持させていたF770EXRで撮りました。万能なはずのTamron24-70mmですけども、撮り手に経験や工夫する才が無いと宝の持ち腐れになる好例ですな。

Review : Tamron24-70mm
1/200 / F7.1 / 24mm / ISO200 / RAW / Aperture3

Review : Tamron24-70mm
1/400 / F8.0 / 42mm / ISO200 / RAW / Aperture3

Review : Tamron24-70mm
1/500 / F8.0 / 70mm / ISO200 / RAW / Aperture3

Review : Tamron24-70mm
1/250 / F8.0 / 24mm / ISO200 / RAW / Aperture3

Review : Tamron24-70mm
1/400 / F9.0 / 24mm / ISO200 / RAW / Aperture3

Review : Tamron24-70mm
1/200 / F7.1 / 24mm / ISO200 / RAW / Aperture3

Review : Tamron24-70mm
1/250 / F8.0 / 24mm / ISO200 / RAW / Aperture3

照りつける太陽の下、嫁さんの恨み言を聞きながらヴェルニー公園のボードウォークを抜け『ドブ板通り』へ。

残念ながら訪れた時間が早過ぎて、殆どのお店がまだ開店前w それでもアメリカの海兵さん相手の、何ともバタ臭い店がたくさん軒を連ねる様子には圧倒されましたね〜。夕方あたりに来たらまた違う表情を見せてくれそうな通りだなぁ。夜更けはちょっと危険な香りw

しかし美味しい被写体がいっぱいあったのに、四角四面のどうでも良い構図でしか作例が撮れなかった自分が情けない....orz

ドブ板通りを抜けるとそこは大都会。京急『横須賀中央』へと続く国道26号線がいわゆる目抜き通りなのでしょうなぁ。いやぁ大勢の人でごった返していました。

Review : Tamron24-70mm
1/320 / F8.0 / 24mm / ISO200 / RAW / Aperture3

せっかく横須賀くんだりまで来たからランチだけでも食べようと思いましたが、都会の雰囲気に気圧されて気付けば京急の快特に乗ってました。

せっかく写りの良いレンズなのに街撮りスナップって難しいなぁ。切り取っちゃうか、入れ込んじゃうか、人を入れるか.....もっと工夫しないとなぁ。

とにかくボケとかパースとか圧縮効果とか特殊な表現で誤摩化せるレンズじゃないので、撮り手の腕がそのまんま出ちゃうんですよね、Tamron24-70mmって。なんでもこなす優等生だけどお付き合いは難しいタイプだわ。

15869-638-289237
15869-638-289237

---------- ---------- ----------




| | コメント (2)

自分には高いスルー能力がある 〜 iPhone5発表

Review : Tamron24-70mm
5Dmk2 + Tamron24-70mm

昨日の夜明け前に「これまでで最も薄く、軽く、速いiPhone」が発表されましたな。上手いこと発表直前に目を覚ますことが出来たので、横になりながらタブレットで実況サイトを見てました。

背面のツートンは「んんん?」って印象。ディスプレイが大きくなったので、老眼用に拡大表示させても情報量を減らさずに済むかも知れないなぁとは思いますが、アスペクト比が変わることでしばらくはアレコレあるのかな。

最近、身長の伸びが著しい
K-7 + SIGMA30mm

LTE対応とかテザリングがどうって話題になってますが、個人的には定額制を維持出来るのなら今の通信速度や環境で全く不満無し。手持ちのiPhone4がiOS6やiCloudの進化への対応に窮するようになってきたら、その時考えようかな。でもソフトバンクが美味しい機種変更プランを提案してくれたら心が揺らぐかも。いろいろ面倒だからauへMNPはしないです、きっと。

途中途中で気を失ってましたけど、その他に発表されたのは新しいiPod nanoとiPod touchが出ますよ、iTunesも新しくなりますよ、iOS6もそろそろ出しますよって感じでしたかね。個人的にはタブレットを買ったばかりだったので、噂されてた7インチのiPadが出なくてホッとしました(∩。∩;)ゞ

iPhone5の予約開始はSBMもauも今日の16時かららしいですね。オンラインから覗くだけ覗いてみようかな(危険)

---------- ---------- ----------




ケースを買い替えちゃえば本体を買い替える心配がなくなるかもw

| | コメント (0)

2012.09.12

買わないって決めてたのに「DQM テリーのワンダーランド3D」

親子でハマった前々作『DQM2』から2年。スルーすると心に決めていたのに...

結局また息子とふたりでハマってます。ものすごく楽しいけど、配合が進むに連れてキリが無くなり比例して気力も無くなるので、序盤からストーリークリアまでが個人的には熱が入るかな。

衝動買い / 2010.07.02 』

購入に至る心の変遷は2年前のエントリーとまんま同じなので割愛ww まぁ前回はDSi LLまで買ってたわけですから、今回の方が罪は軽いな。

Review : Tamron24-70mm

....あ、自分のじゃないけど3DS LLも買ったんだっけ。そして2ヶ月後には「ぶつ森×3」も控えていると。こりゃiPhone5やiPad miniどころの話しじゃないな。

---------- ---------- ----------




| | コメント (0)

2012.09.11

【グロ注意】これからは毎晩一緒に

Review : Tamron24-70mm

なかなか涼しくなりませんなぁ。そろそろ暑いのも厭きてきましたわ(ーー;)

先日から歯痛と顎関節痛になり歯科医通いを始めました。歯痛は歯茎の痩せ(経年劣化ですと)からくる知覚過敏で、顎関節痛はストレス由来のモノだと思うが睡眠中の歯ぎしりや普段から食いしばる癖によるところも大きいとして...

Review : Tamron24-70mm

こんなモノを作る事になりましたとさ。歯ぎしり防止のナイトガードです。

歯ぎしり自体は治らないので、ストレスの根絶が最も有効なアレなわけですが....まぁ歯と歯をギリギリと擦り合わせるよりは良いでしょうから、しばらくはコイツを装着して就寝してみようと思います。

歯科医曰く「上の歯と下の歯は普段から1〜2mm離しているのが正常」だそうな、マジですか!いつでも噛み締めている私にとってみれば衝撃のコメントだったわん....とにかく定期的に歯科医に行かなきゃですな(∩。∩;)ゞ

---------- ---------- ----------




| | コメント (2)

2012.09.08

【1stレビュー】TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD 〜 何でも撮っちゃえる万能なレンズ

今年の春先、厳しい現実に打ちのめされ...

買えると思ってた、TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

【主なスペック】モデル名:A007 | 焦点距離:24-70mm | 明るさ:F/2.8 | レンズ構成:12群17枚 | 最短撮影距離:0.38m | 最大撮影倍率:1:5(70mm) | フィルター径:Φ82mm | 長さ:108.5mm | 全長:116.9mm | 最大径:Φ88.2mm | 質量:825g | 絞り羽根:9枚 | 最小絞り:F/22

...「自分には縁のないモノ」として、すっかり目を向けることもなくなったこのレンズを、お借りすることが出来ました。嗚呼、ありがとうみんぽす。

15869-638-288173

最も多用する画角全域をF2.8という明るさでカバーする頼れる大口径標準ズームで...

キヤノンがこの秋に投入する『EF24-70mm F2.8L II USM』と同様のスペックでありながら、およそ半額で入手できるコストパフォーマンスの良さも魅力な一本と。いや純正では見送られた手ブレ補正機構を搭載の上で半額ですからバーゲン価格でありましょう。旧型となる『EF24-70mm F2.8L USM』よりも安いですしね。(まぁ半額でもバーゲンでもボクには手が出ませんけどねw)

ま、とにかく開梱、開梱!

ドン!前玉でけぇ!

さすがはF2.8通しって感じの前玉ですな。

鏡胴もご覧のようにマウント部をくびらせるぐらい太いのですが、全長が短いので思っていたよりコンパクト感を与えてくれます。

5Dmk2に装着した感じも非常にバランスがよろしい。ただね、最近PENやGRD3ばっかり使ってたから、この組み合わせは結構ズシッときますなw


【広角端24mm時】


【望遠端70mm時】

鏡胴はこのようにズーミングすることで伸びるってことをお伝えしますが、それよりなによりズームリングが渋いっ!節度がありすぎて回転が重た過ぎますです。自重でレンズが不用意に伸びたりしないように設置されているLockボタンが、悪い冗談のようにさえ思えますw

そして何故ズームリングが先端で、フォーカスリングが手前なんだろう。リングは渋いし、位置はトリッキーだし面喰らいました。


【広角端24mm】1/25 / F2.8開放 / ISO200

タムロン24-70mmで初めて撮ったもの
【望遠端70mm】1/60 / F2.8開放 / ISO400

レンズが届いたのが昼飯時でしたので、1stショットはチリトマト。広角端と望遠端それぞれの最短撮影距離から撮ってみました。

最短撮影距離はズーム全域で38cmなのかな?広角端だとちょっと寄り切れない感じですけど、望遠端だと一転して寄れちゃって楽しい印象になります。

Review : Tamron24-70mm
【広角端24mm】1/1600 / F2.8開放 / ISO200 / +4/3EV

Review : Tamron24-70mm
【望遠端70mm】1/800 / F2.8開放 / ISO200 / +4/3EV

あれだけ巨大な前玉ですけど、広角端でも望遠端でも画面四隅はドスン!と光量落ちします。きっと絞れば解消されるんでしょうし、「絞りを開けるとこういう味も楽しめますよ」とも受け取れます。子供撮りや身の回りスナップしかしない私個人としては、あからさまな周辺光量落ちはまったく気になりませんが。

Review : Tamron24-70mm
【広角端24mm】1/25 / F2.8開放 / ISO250

Review : Tamron24-70mm
【望遠端70mm】1/80 / F2.8開放 / ISO2000

開放からピント部はしっかりこっくりとした申し分の無い描写ですね〜。そして広角端の24mmから背景ボケがとても滑らかで柔らかく美しい。35mm判フルサイズらしい立体感ある描写を実現出来るレンズですなぁ。

Review : Tamron24-70mm
1/25 / F2.8開放 / 24mm / ISO800

Review : Tamron24-70mm
1/80 / F2.8開放 / 24mm / ISO200

Review : Tamron24-70mm
1/400 / F2.8開放 / 70mm / ISO200

Review : Tamron24-70mm
1/500 / F5.6 / 70mm / ISO200

Review : Tamron24-70mm
1/60 / F2.8開放 / 24mm / ISO200

Review : Tamron24-70mm
1/800 / F5.6 / 70mm / ISO200

Review : Tamron24-70mm
1/80 / F2.8開放 / 70mm / ISO320

Review : Tamron24-70mm
1/320 / F5.6 / 40mm / ISO200

Review : Tamron24-70mm
1/60 / F2.8開放 / 70mm / ISO320

何この雑多な作例....というぐらい何でも撮っちゃえる万能なレンズ、まさしく標準ズームとして頼れる1本って証しです。

手ブレ補正機構のおかげで手持ちでガンガン撮りにいけますね。効果のほどはまだよく分かりませんけど、「ある」っていう安心感から積極性が生まれます。

そしてやっぱりテレ端70mmが寄れるってのはとても重宝ですな、ボケも美しいのでついついマクロ的に切り取って撮りたくなります。

このサイズ感と重さ、そしてズームリングの渋さと位置に慣れてくれば、普段使いのコンビとして申し分ありません。個人的にはEF70-200mmF4Lと50mmF1.4そしてこの『TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD』さえあれば、デジタル35mm判のレンズはもう他に要らないかも。

それではざっくりとした第一印象はここまで〜

15869-638-288173

---------- ---------- ----------




| | コメント (0)

2012.09.02

期末試験が終わるまで開けちゃダメ

夏休み明けの朝
GRD3

この間の休み、チビ二人に協力を仰ぎながらブックオフで使わなくなったDSiやゲームソフトをドドンと売却してきました。ところが断捨離作業に立ち会えなかった長女が激しく噛みついて来ました。

長女「なんで本人に断りなしに売っちゃうの?ポケモンのダイヤモンドもブラックも売っちゃったの?お父さん酷い!」

確かに怒るのも無理は無い、チビ二人にはブックオフで中古ソフトを買ってあげちゃったしなぁ。というわけで...

期末試験が終わるまで
PEN E-P3 + G20mm

売却して得たお金にちょっとプラスして長女が待望していたブツを購入。

でも長女は期末試験目前ってことでテスト期間が終わるまでは開梱禁止でありますw 成績如何では....っていうのは可哀想だからやめておこう。

【送料無料】ニンテンドー3DS LL ホワイト

【送料無料】ニンテンドー3DS LL ホワイト
価格:18,080円(税込、送料別)

長女への罪滅ぼしがコレ。これで子供達のDSは全て3D化されました。(モンハンに飽きてすっかり使わなくなったお父ちゃんの3DSは次女のモノに)実は3DSを手にすることが長女の悲願でもあったんです。なぜなら...

そう「とびだせ どうぶつの森」がいよいよこの11月に3DSソフトとして発売されるからです。ぶつ森パワーは強烈で、今でも3人で楽しそうにDS版やWii版のぶつ森やってますからね。新作をスルーできるはずがありません。

はぁ〜、しかしX'masには3人分のコイツを用意しなければならないことが決定かぁ、大変だ。

---------- ---------- ----------




| | コメント (0)

2012.09.01

【買い物】ICONIA TAB A200 〜 おうちタブレットは周回遅れで良いのだ

とにかく待つのが苦手なもんで、あれこれ妥協してAndroidタブレットを買いました。

買ったのは『acer ICONIA TAB A200』。日進月歩なAndroid、A200はもはやスペックとして見るべきものがなく周回遅れな状況となっておりますが、自宅でそれも家族が調べ物やゲームに使うのであれば必要十分と判断しました。

Review : Sony Tablet S

どうせ周回遅れのAndroidタブレットを買うのなら、数ヶ月もお借りしてすっかり慣れ親しんだソニタブSを買おうと思っていたんです。Xperiaタブレットが発表されたタイミングですから見事なまでに底値でしょうから。ところが買いに出かけたヨドバシには影も形も既に無く....

ネットで探せばまだまだあるんですけども「欲しいと思った日に欲しい」という堪え性の無さを存分に発揮した結果がA200であると。

もちろんApple売り場とタブレットPC売り場を何度も往復しましたよ。iPad2なら+5000円で買えますからね。勝手知ったるiOS、タブレットとしては安心のブランドですしね。でもやっぱりタブレットぐらいはAndroidで刺激を受けたいし、iPadはポイントつかないしねw

質感は悪くないです。ちょっと重い気もしますけど、10.1インチですからこんなもんなのかな。本当は7インチタブレットが欲しかったんだけど、iPad miniもNexus 7もいつ出るか、本当に出るか分からないし、もういいのだ。

各種スイッチやら入力端子やらはこんな感じ。USBがそのまんま接続できるんだね、ふ〜んこれは使い倒したい人には便利で重宝するかもしれないっすな。

めぼしいアプリをGoogle PlayからDLしてアイコンを整理して、無線に繋げて準備完了。(自宅の無線LAN設定、面倒だなぁって思ってたらAOSS for Androidという優れものアプリのおかげで手間なしでした。ありがとうBUFFALO!)

って、あ〜〜〜!!!ネットで真剣に探せば良かった...orz 1万円も安く買えたじゃないか。くぅううう。

本当に一番欲しかったタブレットはコレ。Google印のコレ。でも技適マークが付いてないこいつを買ってしまうと、ブログネタに出来ないしなぁと。実はあっさりと今月あたりにNexus 7、iPad mini、Kindle Fireと7インチタブレットが国内で揃い踏みしたりしたら泣けるなぁ。

ま、うちの家族が使う分にはA200で充分なんだけどね、何度も書くけど。

---------- ---------- ----------




| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »