« CUBIXラウンドジップ・ブックカバーを使ってます | トップページ | 30mmマクロとリッチトーンモノクロ »

2013.02.05

『特等添乗員αの難事件』 〜 おい16冊じゃ済まないってよ 〜

特等添乗員αの難事件 I: 1 (角川文庫) 特等添乗員αの難事件 II: 2 (角川文庫)

莉子しか読まないと書いたそばから、絢奈も読むはめに...。

絢奈が『万能鑑定士Qの推理劇1』の中で唐突に登場し、主人公の莉子のちょっとしたピンチを救ったあたりでヤバいとは思ったんです。んで『万能鑑定士Qの推理劇2』を読むにあたっては「絢奈の本ももう出てるよ、ファンなら読んでくれてるでしょう?え?まだ読んでないの?莉子も出てるのに?」的な登場のさせ方をするもんすから。

この作者ホントにズルいわ、読ませる術がこなれ過ぎてるわ。


2010.04.24 万能鑑定士Qの事件簿1
2010.04.24 万能鑑定士Qの事件簿2
2010.05.25 万能鑑定士Qの事件簿3
2010.06.23 万能鑑定士Qの事件簿4
2010.08.25 万能鑑定士Qの事件簿5
2010.10.25 万能鑑定士Qの事件簿6
2010.12.25 万能鑑定士Qの事件簿7
2011.02.25 万能鑑定士Qの事件簿8
2011.04.25 万能鑑定士Qの事件簿9
2011.06.23 万能鑑定士Qの事件簿10
2011.08.25 万能鑑定士Qの事件簿11
2011.10.25 万能鑑定士Qの事件簿12
2011.12.22 万能鑑定士Qの推理劇1(13)
2012.02.25 特等添乗員αの難事件1
2012.04.25 万能鑑定士Qの推理劇2(14)
2012.06.25 特等添乗員αの難事件2
2012.10.25 万能鑑定士Qの短編集1(15)
2012.12.25 万能鑑定士Qの短編集2(16)
...
2013.02.25 特等添乗員αの難事件3
(予定)


これがQとαの刊行順です。なるほど作者と出版社の意図がよく理解出来ました。シリーズを跨いで主人公を登場させるのは、αをQに続く新シリーズとして勢い良くローンチさせるための方策なわけですな。

はいはいαも読めば良いんでしょ?って2/25には絢奈の新刊が出るのか(ーー;)順調に行っちゃうと年末までに絢奈も8巻まで行くのか。はぁ、どこまで付き合うかな。

万能鑑定士Qの推理劇 II: 2 (角川文庫)

そうそう問題の『万能鑑定士Qの推理劇2』。実はこの作品の締めくくり方がどうにも腑に落ちません。でも狡猾な作者&出版社のことですから、それすら意図的なものとも考えられます。『万能鑑定士Q』の映画化が決定してますからね〜。

いや映画化は決定ですけど、推理劇2のエピソードが使われるかどうかは定かではありませんし、きっちりと結末を描くかどうかも定かではありません。いやぁもしかすると後日談がαシリーズやQシリーズで発表されるかもしれません。

まぁとにかくね、読み始めたら終わりってこと(;^ω^A それだけしつこく読むってことは面白いってことだけどさ。

---------- ---------- ----------

|

« CUBIXラウンドジップ・ブックカバーを使ってます | トップページ | 30mmマクロとリッチトーンモノクロ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

丁稚さん、
やっと、特等添乗員αまで読み進んで頂いて、とても嬉しいです。
お仲間、お仲間。

投稿: Kiyo | 2013.02.05 20:34

■ kiyoさんへ

こうは書いても楽しく読み進めてます。映画化されるってことでまた盛り上がるかもしれませんね。

投稿: 丁稚 | 2013.02.06 13:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CUBIXラウンドジップ・ブックカバーを使ってます | トップページ | 30mmマクロとリッチトーンモノクロ »