« 先ずは「サマーウォーズ」から | トップページ | 給食当番用の白衣が私に、パンドラの箱を開けさせた »

2013.03.02

『時をかける少女』 〜 え?もしかして......初めて?

時をかける少女 【期間数量限定生産版】 [Blu-ray]

昨日の晩は「おおかみこどもの雨と雪」を観るまでのステップその2として、細田守版「時をかける少女」を子供達と観ました。

あれ?時をかける少女ってこんなストーリーだったっけ?

今を遡ること30年前。角川映画がそれはそれは華やかだった頃、映画も筒井康隆の原作も観て読んだ.....つもりになっていたのか(^▽^;)実は初見だったとは衝撃だ!

ってことでお父ちゃんもたいそう楽しくワクワクドキドキしながら鑑賞いたしました。コミカルな場面ではみんなが声を出して笑い、切ない恋物語にみな胸を痛めリビングに沈黙が訪れる。家族みんなの感情を揺さぶる良い作品でした。

え!美術館のあの美しい女性が、あの時のヒロインだったのか!wiki見て知った。どうりで訳知り顔だと思った。

時をかける少女 (角川文庫)

ってなわけであの美しい女性の少女時代の恋物語も覗いてみたくなって、新装版の原作をポチりました。読み終わったら長女に渡そうっと。

---------- ---------- ----------

|

« 先ずは「サマーウォーズ」から | トップページ | 給食当番用の白衣が私に、パンドラの箱を開けさせた »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先ずは「サマーウォーズ」から | トップページ | 給食当番用の白衣が私に、パンドラの箱を開けさせた »