« 『時をかける少女』 〜 え?もしかして......初めて? | トップページ | 『おおかみこどもの雨と雪』 〜 追体験と疑似体験 »

2013.03.04

給食当番用の白衣が私に、パンドラの箱を開けさせた

大切にしてるバイカルアザラシさんと京都へ

この週末、嫁さんと次女は所用で帰省。

週末といえば、子供達がその週に精一杯汚してきた上履きやら体操着やらを洗います。まぁ上履きは本人達が、体操着やらは洗濯機がそれぞれやってくれますから、どうってこたぁありません。

ところが嫁さんが居ない週末に限って、子供が『給食当番の白衣』を持って帰ってきたりするんですよ。『給食当番の白衣』はクラスのみんなで使い回すモノですから、綺麗に洗ってしっかりアイロンを当てて次の当番さんが気持ち良く着られるようにして返却しなければいけません。

アイロンが鬼門です。

アイロンぐらいどうした?ってお思いですよね( ̄− ̄)いやアイロンを掛ければ掛けるほど「しっかりとした不要なシワを刻んで」しまったり、念入りに当て過ぎてうっかり生地を焦がして変色させたり、アイロン台のビニールを外し忘れたままアイロン掛けをして溶けたビニールが洋服にくっついて.....と、まぁアイロンにまつわるトホホなエピソードは枚挙に暇がございません。

誰だって苦手なことはあるでしょうが。

しかしアイロン当てずに知らん顔して『給食当番の白衣』の返却するなんてことは出来ません。そして嫁さんが長旅に草臥れて帰ってきてから面倒なアイロン仕事を強要するのも夫として忍びありません。

アイロンはまぁ上手いこと掛けられたんですがね...

アイロン完全破壊に至るまで、その1

よっぽどテンパっていたようで、出しちゃいけないゾーンまで電源コードを引っ張り出してしまって、戻らなくさせてしまいました(ーー;)

脳裏に浮かぶは般若の面

アイロン完全破壊に至るまで、その2

恐怖に突き動かされて止せば良いのに分解作業に入った結果、ゼンマイがボヨ〜ンと飛び出してきてえらいことになってきました。

脳裏に浮かぶは般若の面

アイロン完全破壊に至るまで、その3

それでも必死に食い下がります......

アイロン完全破壊からの弁償

結局、弁償させていただきました。恐怖に怯えた私は開けてはいけないパンドラの箱を開けてしまったということです...orz



あ、やっぱりネットの方が3000円も安かったか(ーー;)でももう良いや。般若の表情を見なくて済んだんだから。

---------- ---------- ----------

|

« 『時をかける少女』 〜 え?もしかして......初めて? | トップページ | 『おおかみこどもの雨と雪』 〜 追体験と疑似体験 »

お買物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『時をかける少女』 〜 え?もしかして......初めて? | トップページ | 『おおかみこどもの雨と雪』 〜 追体験と疑似体験 »