« 医師から血圧手帳をもらいました | トップページ | 【Hulu】西の魔女が死んだ »

2013.10.27

【1stレビュー】FUJINON XF23mmF1.4R 〜 もうひとつの標準をF1.4で愉しむ

つい先日FUJIFILMから発売されたばかりの『フジノンレンズ XF23mmF1.4 R』を1ヶ月間試用出来る運びとなりました。さすが大口径レンズ、一緒にお借りしたカメラボディのX-E1よりもひと回り大きい堂々たるパッケージでした。

17590-638-293610

かっけぇ〜〜〜!ひんやりとした金属の手触り、節度あるクリック感の絞りリングにいかにも光を取り込みそうな大きな前玉。FUJIFILMのレンズに共通した品の良さもしっかり踏襲されていますね。所有欲が充たされ、且つ街中では悪目立ちしない大きさと佇まい。いいなぁ。

『XF23mmF1.4R』は35mm判換算35mm相当の画角。「50mmでなく35mmこそ標準である」という意見もあるぐらい汎用性の高い画角ですが、50mmと異なりF1.4という明るさを実現している35mmレンズは少なく、またその大口径を実現するレンズは大きく重くなるのが常。ところが『XF35mmF1.4R』は小さく軽い。

35mmF1.4を日々持ち出しても苦にならないってのは素晴らしい。

ちなみに付属の花形フードを装着すると一気に攻撃的なルックスに。準広角レンズだからフードは装着してしっかり遮光した方が良いだろうしカッコいいとは思いますけど、個人的にはちょっと仰々しくなって苦手だ。


----- 【XF23mmF1.4Rの主な特長】------------------------------

■ ローパスレス「X-Trans CMOS」に最適な光学設計
■ 逆光など過酷な環境下でもゴースト・フレアの発生を抑制
大口径F1.4の明るさにより得られる幅広い表現力
■ 高コントラスト・高解像度の圧倒的な描写性能
■ 全レンズ両面に多層コーティング「HT-EBC」を採用
■ 歪曲収差を光学補正のみで極限まで低減
多彩な被写体の撮影が楽しめる35mm相当の画角
■ 最短撮影距離28cmと近接撮影にも強い
スナップ撮影に最適な距離指標・被写界深度指標を搭載
■ 高速AFを実現するインナーフォーカス方式を採用
■ 小型軽量化と高品位な外観を実現

----- 【XF23mmF1.4Rの主な仕様】------------------------------

レンズ構成:8群11枚(非球面レンズ1枚)
最大口径比:F1.4 / 最小絞り:F16
羽根枚数:7枚(円形絞り)
ステップ段差:1/3ステップ (全22段)
撮影距離範囲:標準 0.6m~ / マクロ 28cm~
最大撮影倍率:0.1倍
外形寸法:φ72mm×63mm
質量:300g(レンズキャップ・フード含まず )
フィルターサイズ:φ62mm
----------------------------------------------------------------------------


『XF35mmF1.4R』の魅力をさらに高めているのが...

フォーカスリングをカチンと前後にスライドさせてAFとMFをワンタッチで切り替えられる仕組みです。そして「距離指標・被写界深度指標」の刻印も少しレトロなXシリーズの雰囲気を高めてくれて良いですね〜。

Review : XF23mmF1.4R
FUJIFILM X-E1 + XF23mmF1.4R / 1/70 / F1.4 / ISO200 / +2EV / JPEG

広めの35mmですからある程度絞って、距離も目測で合わせておいてノーファインダーでキャンディッド写真をっていう提案なのでしょうね。個人的にはそういう撮り方は多分しませんが、近接撮影時にカチンとMFに切り替えられるのは便利でいいなと思いました。

Review : XF23mmF1.4R
FUJIFILM X-E1 + XF23mmF1.4R / 1/150 / F1.4 / ISO200 / RAW

X-E1でのAF速度は不満の無いところですが、像面位相差センサーを搭載したX-Trans CMOS IIのカメラボディならもっと高速に合焦するんでしょうね。

Review : XF23mmF1.4R
FUJIFILM X-E1 + XF23mmF1.4R / 1/25 / F1.4 / ISO200 / RAW

広角寄りでもF1.4の明るさによる背景ボケはさすがに期待を裏切らない大きさとまろやかさ。やっぱりこういう表現の出来る大口径レンズは楽しいなぁ。

レビュー時に避けて通れない面倒な作業「絞りによる描写変化」をやっつけでやってみました(^▽^;) 参考になるかならんか微妙ですが、一度ここで折り畳んで作例を貼り付けておきます。


F1.4(開放絞り)


F2.0


F2.8


F4.0


F5.6


F8.0


F11


F16(最小絞り)

このサイズでは背景が徐々にハッキリしてくるだけで、被写体である手前の帯地には全く描写の変化が窺えませんな。仕方ない、等倍で切り出してみます。


F1.4(開放絞り)


F2.0


F2.8


F4.0


F5.6


F8.0


F11


F16(最小絞り)

あ、なるほど。開放F1.4では少しもわっとにじむ感じ、1段絞っただけでシャキッとしてF4.0まで絞ればカリッときますね。そしてF11からは回折現象で再び少しもわっとしてきますね。

ノーファインダーを駆使した街角スナップならば、距離指標を5mに合わせてF8に絞ればほぼパンフォーカスになりますし、描写の良い美味しいゾーンを堪能出来そうですな。

Review : XF23mmF1.4R
FUJIFILM X-E1 + XF23mmF1.4R / 1/300 / F1.4 / ISO200 / RAW

Review : XF23mmF1.4R
FUJIFILM X-E1 + XF23mmF1.4R / 1/34 / F1.4 / ISO200 / RAW

Review : XF23mmF1.4R
FUJIFILM X-E1 + XF23mmF1.4R / 1/34 / F1.4 / ISO400 / JPEG

Review : XF23mmF1.4R
FUJIFILM X-E1 + XF23mmF1.4R / 1/34 / F1.4 / ISO1250 / -0.3EV / JPEG

でも個人的には開放絞りでガンガン使いたくなるレンズです。

ヌケが良くコクもありデジタル臭さが薄めの写り、そして絞りにSSに露出補正をダイヤルやリングで即座に調節出来るダイレクトな操作性、FUJIFILMのXシリーズはやっぱり好きだなぁ。

不慣れな35mmだけど良い作例がたくさん撮れますように。

17590-638-293610


FUJIFILM FUJINON F XF23mmF1.4R
by カエレバ

FUJIFILM X-E1 ボディ
by カエレバ

---------- ---------- ----------

|

« 医師から血圧手帳をもらいました | トップページ | 【Hulu】西の魔女が死んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 医師から血圧手帳をもらいました | トップページ | 【Hulu】西の魔女が死んだ »