« 少女の週末にピンクのショルダーを | トップページ | 貴重な休日、女と男の相容れぬ境界線 »

2013.11.03

『清須会議』 〜 勝家を応援したい自分がいた

__.JPG

三谷幸喜著『清須会議』読了。

歴史に弱い私でも面白おかしく読み進められたので、あっという間に読了。本作の語り口というかぶっちゃけた文章の雰囲気は、往年の筒井康隆のドタバタコメディ作品を彷彿させますね。

この表紙がまた秀逸で、映画で誰が誰を演じるのかは知りませんが、演者の人相でそれを推し量りながら読み進めるのがとても楽しかった。「勝家は間違いなくあの人で、秀吉はこいつか。デラ富樫だったあの人は誰役やるんだろうなぁ?」ってね。(映画『清須会議』公式サイトで配役分かるんですな)

完全に映画が観たくなってきましたよ、これは。しかしまぁ多才な人ですなぁ。

---------- ---------- ----------

|

« 少女の週末にピンクのショルダーを | トップページ | 貴重な休日、女と男の相容れぬ境界線 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 少女の週末にピンクのショルダーを | トップページ | 貴重な休日、女と男の相容れぬ境界線 »