« AutoSock、いざ実戦! | トップページ | 特等添乗員αの難事件 V »

2014.02.16

CP+2014 〜 m4/3に返り咲き?それともフルサイズで600mm?

CP+2014

横浜に雪が降り積もる前日。嫁さんを連れ立ってCP+ 2014に行ってまいりました。

WillVii様、SIGMA様、CASIO様のご厚意で、今年も一般入場前のプレミアタイムの招待券を頂戴することが出来ました。それでも開場直前となるとこの行列です。

CP+2014

何は無くとも『SIGMA dp Quattro』。

いやはやデカい。思っていたよりも横にデカい、デカ過ぎる。本来ならご厚意に応えて、先ずは秀でた部分を書かなければいけませんが、率直な第一印象を書かせていただきました。

より解像力や再現力に優れ、カメラとしてより使いやすくなっていたとしても、「おっ!いいな!」って思わせるフォルムやサイズ感でないと自分としては食指が...

CP+2014

続いてはこれまた今回お世話になったCASIOさん。ブースの特等席に陳列されていた『ある意味、9眼』がキャッチフレーズのEX-10を少し弄ってみました。

『ワンシャッターで、フォーカスと絞り、ホワイトバランスと明るさなど、2つの撮影パラメータの設定値を3段階変化させて計9枚を連写するプレミアムブラケティングを搭載。思いもよらなかった写真が撮れたり、微妙な画質の変化を楽しんだりできます』

2軸のブラケティング撮影を行うことで9眼か.....ブラケティング撮影ってあまりしないし、したとしても撮った後のチョイスが面倒なので苦手なんですよね(^▽^;)だから一番の売りってそこなの?って疑問符。

だってこのEX-10、『1/1.7型裏面照射型CMOS』『28-112mmF1.8-2.5』『RAW撮影』『マグネシウムダイキャストボディ』『チルト液晶』『2ダイヤル+リング』『最大1000fpsハイスピードムービー』『レンズ前1cmマクロ』『Wi-Fi機能』と高級コンパクトとしての資質は十二分なのです。加えてレンズ横に配置された『フロントシャッター』が秀逸。チルト液晶と相俟ってハッセルブラッド的なウエストレベルでの撮影に想いを馳せてしまいました。

ただコレもハイスペックとはいえ、ちょっとコンパクトデジカメとしてはボディが大柄なんですよね。う〜んCASIO独自の楽しみ方も出来るカメラなんだけどなぁ、惜しいなぁ。レンズスペックを『28-300mm全域F2.8』とした上位機種『EX-100』の方を弄ったら、少々ボディが大柄でもまた印象が違ったかもしれないけど。

お世話になったメーカーさんを見終えたら、足の向くままふらふらと各ブースを見て回ります。

CP+2014

おぉα7欲しいなぁ。

CP+2014

CP+2014

なんだこいつらは。特にα7に装着されてるヤツ。

CP+2014

コレ、あったら便利な気もするな。

CP+2014

防塵・防滴・耐低温などを盛り込んだFUJIFILM Xシリーズの新たなプロギア『X-T1』のタッチ&トライには長蛇の列が出来てましたな。個人的にはレンジファインダー的な佇まいのXシリーズにより魅力を感じてますが、レフ機構を廃した『S5 Pro』後継としてバカ売れして欲しいと願ってはおります。

CP+2014

X100Sの黒!これ欲しいなぁ!かっこいいなぁ。

CP+2014

接写も出来るうえに、みてくれがちょっと小生意気で可愛いチェキ。

CP+2014

そしてスマホの画像を飛ばしてチェキとしてプリントアウト出来る『スマホ de チェキ』もけっこうお客さんが取っ付いてたね。デコってあるタイプは特に女性の目を惹いてましたね。チェキのプリンターとしてはちょっと大ぶりな気もしたけどね。

CP+2014

ああニコンだ。まさにニコン。これ売れてるんでしょ?好きな人はもう好きで好きでたまらなくなりそうだもんね。

CP+2014

面白いなと思ったのはリコーの『theta』。

CP+2014

両面にフィッシュアイレンズが奢られていて、1ショットで自分が居る空間まるごとを撮影出来るっていう触れ込み。

CP+2014

theta独特のうにょうにょと上下左右を見渡せる画像を閲覧するために、スマホならiOS/Android、PCならWin/Macそれぞれに専用アプリが用意(公式サイト)されています。リコーさん、ごめんなさい。面白いけど、きっとすぐ飽きる(^▽^;)

CP+2014

嫁さんが一番食い付いたのがここ

CP+2014

あまちゃんのオープニングで話題になり、ソチオリンピックでも映像に見切れてたりして空飛ぶカメラは目立ってますが、そんな空飛ぶカメラの1メーカーさんです。けっこう競合する分野になってきているんですね。

CP+2014

嫁さんウケが最も良かったカメラがパナソニックの『GM』。そしてオレンジ色。

しっかりすっぽり女性にハマるカメラなんですな。そういや去年はXF1の赤に嫁さん反応してたっけ。小さくて(薄くて)持ちやすい、ちょっとビビッドな色目の革張りカメラが女性には良いのかもね。

CP+2014

『GM』を買ってマイクロフォーサーズに返り咲いても嫁さんに怒られない感じなので、久々に物欲の迸りを感じてます(^○^)G14mmとセットならポケットに入るかもとか夢は広がる。

CP+2014

一方でこんなレンズが出ていたことを知り、眠っていた運動会カメラおやぢの血も騒いでしまったりも。タムロンすごいぞ!35mm判フルサイズ対応600mmがその価格ですか!ありがとう!

こんな感じでホントに表面だけつるんと眺めて、たったの1時間ほどで会場を後にしました。これまた例年通りの所業ww

そして市場飯(カネセイ@横浜中央卸売市場)をする頃に思い出しました『御苗場Vol.14』を見逃してしまったことに。嗚呼、関係各位ごめんなさい。去年までは同じ会場だったじゃんか〜。


---------- ---------- ----------

|

« AutoSock、いざ実戦! | トップページ | 特等添乗員αの難事件 V »

カメラ」カテゴリの記事

モノフェローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AutoSock、いざ実戦! | トップページ | 特等添乗員αの難事件 V »