« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の12件の記事

2014.03.30

悔いなき選択

満開の日に春の嵐

いよいよ満開ってタイミングで激しい春の嵐.....上手く行きませんなぁ。

秘密裏に進行させていた増税前のイケナイお買物も、通帳を見て溜め息をつく嫁さんを見ていたら.....上手く行きませんなぁ。

桜もこんなあんばいだし、今ある機材でこれからも戦っていけばいいじゃないか。諦めるのこころよ。

リヴァイの過去が知りたくて

人類最強の兵士の名を欲しいままにするリヴァイ兵長の過去を描くスピンオフ作品が掲載されていると知って、思わず女性向け漫画雑誌『ARIA(コンセプトは良質な奇想天外。キャッチコピーの非日常的ガールズコミックに基き、恋愛の枠に収まらないファンタジー要素のある少女漫画が多く掲載)』を購入。

ストーリーも作画も本編の雰囲気を上手く再現出来ていて良いです。本編よりもちょっと兵長が男前だけど、まぁこちらでは主役だし仕方ないか。

4/9には本編コミック13巻と同時に『悔いなき選択』のコミック第1巻も発売されます。忘れないようにiPhoneに覚えさせておかなきゃ、「朝一番で書店へ行け」と。

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.03.28

ヨドバシはひとりで行け

華の誕生プレゼント

まだ早いとは思いましたが、次女の誕生プレゼント。

最後までラジコンヘリコプターやディズニー・シーご招待と迷っておりましたが、結局タブレットという名のYouTube再生機兼ゲーム端末を強く所望。嫁さんとふたりでう〜んと唸りましたが、型落ちのNexus 7なら32GBで14800円だったし、Google印(ASUS)だから旧型でも最新ver.までアップデート出来るし、まぁ自分らも使えるし良いかと。

ぶたチーズモダン@鶴橋風月

それにつけてもヨドバシに家族で行くのは良くないですな。

「増税前にあわよくば...」と昼飯を途中で切り上げて、ひとりそそくさとカメラ売り場に走ってアレコレ弄り始めた途端に...

嫁「食べ終わったで〜。アンタ、ちゃんと食べんとどうしたん?んで、いまどこ?」

ってメールが(^▽^;)う〜んじっくり触れなかった。何があっても良いようにでっかいメッセンジャーバッグ持ってきたのになぁ。

進撃の巨人ガチャ by 海洋堂

結局ヨドバシでのお父ちゃんの収穫はコレだけ。まぁこのガチャガチャの景品が、ヨドバシでの嫁との力関係を見事に象徴してくれているというね。

もりあがるんだぜ

このまま何も買えずに帰れるかっ!ってんで帰宅途中のブックオフでこんな中古ソフトを購入。天気も悪かったし子供達とワイワイガヤガヤ対戦して過ごしました。

そういや次女がタブレットよりも欲しがったのはWii UやPS4やXboxだったんですよね、実は。サッカーゲームもヨドバシのサンプル機で遊んで楽しかったから。まぁ画像は綺麗じゃないけど、Wiiでだってまだまだ楽しめます。いま新しい据置きゲーム機を買うっていう強い動機付けが自分としては見つけられないんですよね。自分が欲しければ次女の誕生日にかこつけて買っちゃうんですけどね。

ASUS Nexus 7 (2012) TABLET / ブラウン ( Android 4.1 / 7inch / NVIDIA Tegra3 / 1G / 32G / BT3 ) NEXUS7-32G
ASUS Nexus 7 (2012) 32G

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.03.24

日々の背景ボケ、そしてフルサイズのサイズ

__.JPG

つらつらと取るに足らないくだらないこと書きます。

いや久しぶりに新しいカメラが欲しくなったんですわ。最近じゃ日常に追われてiPhoneで撮るのが精一杯なんですけどね。

Panasonic デジタル一眼カメラ ルミックス GM1 レンズキット 標準ズームレンズ付属 オレンジ DMC-GM1K-D

だからこそなんです。最近全然写真を撮ってないからこそ、小さくていつもポケットに入れておけるようなカメラとレンズが欲しくなったと。コンデジと同じボディサイズのGM1なら、そして...

河津桜咲いてたよ

手軽に背景ボケが楽しめる大口径パンケーキレンズの20mmF1.7があれば、あの頃みたいに楽しく写真が撮れるんじゃないかと。我が子を好き放題撮れるのも末っ子が低学年のあと1〜2年だし。

そういや最近、背景ボケを活かした写真撮ってないなぁ。あんなに好きだったのになぁ。っていうかそういう写真が撮りたくてカメラ道にハマったんじゃなかったか。どうした、オレ。

マイクロフォーサーズのレンズ群は充実してる。高感度耐性と30mmマクロに憧れてソニーEマウントに移行したけど、Eマウントで背景ボケ写真を撮ろうと思うと途端にコンパクトじゃないレンズになっちゃうんだよな。APS-Cだから仕方ないけど、その後レンズへの物欲が途絶えちゃった。

SONY デジタル一眼カメラ α7 ボディ ILCE-7/B

なんて言ってたらEマウントのまんま35mm判フルサイズの時代になっちゃった。今後はフルサイズ対応レンズの拡充に注力するだろうし、結局マイクロフォーサーズの20mmF1.7や17mmF1.8みたいな薄くて明るいレンズはEマウントには投入されないこと決定か。

α7はフルサイズとしてはやっぱりびっくりするほど小さい。対応レンズもフルサイズ対応としては小さく細く軽い。そういや手持ちの5Dmk2の出番は年数回、すっかり防湿ケースで死蔵しちゃってるなぁ。

SONY Eマウント交換レンズ FE 70-200mm F4 G OSS

FE70-200mmF4!このレンズがEマウントに投入されたのはでかい。手持ちのEF70-200mmF4Lはもの凄く素晴らしいけど、さらに出動機会は少ないし、もしかしたら5Dmk2からα7に鞍替えしたらもっとフルサイズを気軽に持ち出せるかもな.....。

ちょっと近所の量販店で弄ってみるか。

FUJIFILM レンズ交換式プレミアムカメラ X-T1 ブラック F FX-X-T1B

α7はシャッターボタンの位置が腑に落ちなかった。んで「デザイン嫌い」って見ないふりしてたX-T1、触ってみたらやたらとあちこちの操作系が行き届いてて素晴らしかった。シャッター音も小さいし、きっと撮影楽しいだろうなぁ。

ボケの大きさはフルサイズに譲るとしても、こと描写と高感度に関してはXシリーズは一歩も引けをとらないからなぁ。レンズも単焦点が充実しててハマり甲斐があるマウントなんだよね....

あれ?いつの間に5Dmk2入れ替えの話しになってんだ?まぁ死蔵してたら勿体無いのは確かだけど、それより日々の背景ボケ写真の方が大事だったんじゃ....

てなわけで久しぶりの大迷走まっただなかであります。

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.03.18

バムとケロ20周年 / MOE

過酷だった期末テストが終わり、我が世の春を謳歌している長女がこんな本を買ってきました。本当は外タレ情報満載の雑誌を探しに行ったらしいんですけどね。

バムケロシリーズ、我が家でも本当にお世話になりました。過去形になってしまってはいますが、ついこの前まで次女の寝しなに読み聴かせていました。

愛嬌のあるキャラクターメイキング、精緻で写実的なのにお洒落で可愛い背景描写、コックリとした色を細々とたくさん使っているのに見る者を草臥れさせない配色センス、主人公の裏で繰り広げられる小さなもうひとつの物語.....etc.

見る度、読む度に発見がある。子供はもちろん大人も楽しめる絵本ですよね。島田ゆかさんは絵本作りの天才ですよね。

長女が自分のお小遣いでこの雑誌を表紙買いしてきたってのが可愛いじゃありませんか。やっぱり大好きな絵本として、すごく印象に残っているんでしょうね。島田ゆか描きおろし「ぼんちゃんとおとうと」が付録になっていたのも、思わず買っちゃった理由だったんですって。

パラパラとめくった程度ですが、バムケロ特集ページの充実度は圧巻でした。なにより顔がほころんでしまったのは、バムケロやガラゴなどに登場する全キャラクター紹介の見開きページでした。おじぎちゃんやヤメピといった人気キャラ以外のことも詳しく知ることが出来ますよと。

長女が楽しみにしていた描きおろしの付録絵本、フルカラーではないけれどしっかりいつもの島田ゆかワールドですよ。最後にイスの下にいたのは誰だったんだろう?家に帰ったらキャラクター紹介ページで隠れてた子を探してみようっと。


---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.03.17

『進撃の巨人 Before the fall』 〜 反撃の嚆矢はすでに放たれていた

進撃の巨人 Before the fall (講談社ラノベ文庫) 進撃の巨人 Before the fall2 (講談社ラノベ文庫) 進撃の巨人 Before the fall3 (講談社ラノベ文庫)

長く安寧の地となっていた壁の内側がいよいよ陥落する数十年前の話し。それがこの『Before the fall』3部作です。

購入前に『Before the fall』シリーズのレビューを眺めているとあまり芳しいものではなく、「文章力に難がある」などと辛辣なものも散見され、少し購入を躊躇したりもしました。

しかしながら不可解で不条理で理不尽なあの世界観にハマってしまった身としては、本家『進撃の巨人』以前のエピソードを読まずに済ますという選択肢はありませんでした。

巨人とは何か?なぜ人を食らうのか?そして壁は誰が何のために作ったのか?

本編の深まるばかりの謎に対して、この『Before the fall』シリーズがポロッとヒントを与えてしまうんじゃないかと思うと気が気でなくなって一気に読了。

先ず「文章力に何ら問題はなく。それどころか本編の暗く重い世界観をしっかり踏襲して、丁寧に書かれている」と私は思いました。進撃の巨人ファンならば興味深く先を急ぐ様に読み進められることでしょう。

巨人の弱点を知らなかった人類が、立体機動による対巨人戦を確立するまでを、2人の男の生き様を通して描かれた3部作。反撃の嚆矢はイェーガー巨人化以前にすでに放たれていたことを知りました。

--- --- ---

進撃の巨人(13)

もうすぐ発売のコミック13巻の表紙絵が格好良過ぎる!4/9が楽しみだ。

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.03.15

【市場飯】木村屋の手ごねハンバーグ

__ 4.JPG

もうお腹いっぱいな市場飯ネタ(横浜中央卸売市場)なうえに、内容的にパンチも無い。しかもiPhone画像のみですが、せっかくだから記事にしちゃいます。

今回訪れたのは木村屋さん。とんけい定食が看板メニューのお店です。個人的にとんけいはちょっとだったのですが...

__ 3.JPG

なんとな〜くこの手ごねハンバーグとWな目玉焼きに誘われまして暖簾をくぐることにしました。

__ 1.JPG

周囲のほとんどがとんけい定食を召し上がっているなか、来た来た手ごねハンバーグ。う〜ん小っちゃ(-。−;)ハンバーグは200gらしいですが、やたらと可愛らしいなと。

しかし手ごねハンバーグの味は絶品。デミグラスソースがやたらと美味い。その美味いデミグラスに実直な肉と玉葱の味が素晴らしく調和しておりました。美味しい。だからこそもっとグラム数が欲しかった。

ダブルの目玉焼きに蓄えられたトッロトロでホッカホカの黄身をおもむろに箸で決壊させ、美味いデミグラスに流し込むとさらにハンバーグの味にコクが生まれまして.....嗚呼グラム数が欲しいよ〜。

__ 2.JPG

嫁さんはマグロの頬肉煮込み定食。濃厚な煮汁がばっちり絡んだ頬肉は、ホロホロなのに噛みごたえもあって白いご飯がはかどるはかどる。

そうそうちなみに定食に付いてくるお味噌汁が抜群に美味しかったことをご報告。濃い味なのは典型的な市場飯の味噌汁ですが、顎の付け根がもどかしく痛む美味さって表現は理解してもらえるでしょうか?とにかくこの味噌汁だけで丼ご飯1杯やっつけられるレベルでした。

次回は木村屋さんの穴子天重かカキフライあたりを食べたいなと。

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.03.14

ホワイトデーとイルルカ

__.JPG

ホワイトデー当日であります。

先日、Amazonでちょちょっと手軽に用意してしまった義理返し、嫁さんに毒味味見してもらってから先月頂戴した方々にお渡しする段取り。

嫁さんから無事「濃厚で美味しいで」とのコメントを頂戴しましたので、ドヤ顔でリボン付きのブツをお返しさせていただきます。


『ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵』に熱中しとります / 2014.02.19

さて『ドラゴンクエストモンスターズ2』。購入してからかれこれ1ヶ月以上経ちますが、まだ飽きずにプレーしております。あ、息子の方はもうとっくにバーンアウトしちゃったみたいですけどね。

・以前よりもモンスターをスカウトしやすくなっている
・「Wi-Fi対戦」をすると「すれ違い通信」の方に対戦者が出現する
・すれ違うことでモンスター・EXP・ゴールドを入手出来る不思議な鍵が手に入る
・レアな内容の不思議な鍵をプレーヤーが作成可能
・不思議な鍵で一足飛びにレアなモンスターを入手することが可能
・「新生配合」で特性をカスタマイズ出来る

鍵の収集・作成によりレアなモンスター集めが前作よりも格段に楽になったので、スカウトや配合が面倒くさくなって放り投げる燃え尽きパターンに陥りにくくなりました。また新生配合によってモンスターやパーティーの強化が多様になったのも飽きさせない要因ですね。日々のWi-Fiランキングバトルで自分で組み上げたパーティーの成果を確認出来るのも相変わらず良いですな。

もうしばらく遊べそうです。ちなみにいつもムキになって作るのは「バベルボブル」と「ゴールデンスライム」です。その辺りを作ってる時が一番楽しいんですけどね。

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.03.08

コペンハーゲンのクッキーは当たり

美味しかったぞ

ホワイトデー対策で購入したコペンハーゲンのクッキー、自宅用を開封して家族でボリボリ。

うまい(^○^)

家族の第一声は「外国の味がする」でした。何をもって外国の味なのか分かりませんが、思っていたより軽い食感でやたらと後引くコクのある味わいが良いですね。これは美味しいわ。

そうそう(・o・)想像していたよりも容器の嵩があり、クッキー自体の内容量も満足なレベルでして、贈り物として貧相にはならないのも良かったのではないかと。容器内側のふちもしっかりと丸められていて、こすって手を切る心配もありませんでした。食べた後は収納容器として活躍してくれそう。

発注タイミングが良かったみたいで、同じ商品は取り扱い不可になってます。まぁAmazonにおいての話しですし、チョコチップクッキーとかはまだあるみたいです。

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.03.07

海鮮入り黒チャーハンとポピーのネクタイ

岩合先生の「ねこ」を見終えた後は、仕事で渡英する義兄になにか贈り物をと元町方面へ。

中華街

最近、中華街でカレーを食すのが最先端らしいが、今日の予定では洋食だから華麗にスルー。

中華街

スルーだぜ。スルーするぞ。スルーしよう。スルーするか?スルーするの?四川が良い?エビマヨ食べる?今まで行ったこと無い店が良いよね?

中華街に差し掛かるまではふたりとも洋食のお腹だったのになぁ(^▽^;)まぁこれも自然な成り行きだから仕方ないよな。景徳鎮など四川料理店がひしめく横丁で店選び。2往復ほどして客引きしない潔さと「海鮮入り黒チャーハン」の見た目のインパクトに惹かれて『福満園別館』へ。

ねぎそば@福満園
「ネギそば 840円」

オーダーしてあっという間に運ばれてきたのが「ネギそば」。このスープが絶品!支那そばらしい八角の香りが最高です。飲んでも飲んでも飲み飽きない美味いスープだわ。ほどよいボリュームで喉越しの良い麺が美味いスープに絡んで(^○^)いいわ、最高。

魚介の黒チャーハン@福満園
「海鮮入り黒チャーハン 1,050円」

そして「ネギそば」に遅れること数十秒で店を決めるポイントになった「海鮮入り黒チャーハン」が運ばれてきました。

むむ、むむむ、これは海鮮入りじゃない方が良かったのかも。盛大に油っぽく、しかも乾燥貝柱か干し蝦なのか、まぁよく分かりませんが、とにかく海方面の味が強烈でして、独りでこれを平らげるのは大変かも。途中で飽きる味(^▽^;)

神奈川食肉センター×福満園シリーズ ホルモンと野菜の炒め物@福満園
「神奈川食肉センター直送ホルモンとピーマンと茸を唐辛子で炒めた定食 650円(だったかな)」

そして神奈川食肉センターとのコラボ料理がイチオシらしかったので乗ってみました。

ホルモン美味い!そして辛い!ホルモン美味い!やっぱり辛い!

強烈な辛さに嫁さん悶絶ww 辛いもの好きな私も少し手こずる辛さでしたが、ホルモンの旨味が適度に助け舟を出してくれました。

嗚呼、お腹いっぱい。

中華街

「中華街の喧噪もひと筋越えると嘘みたいにひっそりと静かな通りになるね」などと、ふくらんだ腹をさすりながら元町を目指します。

THE POPPY@元町

目的地はここ。そう紳士服の老舗「ポピー」さん。贈り物にこちらのネクタイは鉄板でしょう。上品で小気味良い接客を受けながら、どれもこれもお洒落なネクタイを品定め。

THE POPPY@元町

明る過ぎず沈み過ぎず、それでいてコックリとした茶の地色が気に入ってコチラをチョイス。春の限定モノ、そして限定のシリアルNo.は「1」という小ネタ付き。イギリスでのお仕事はカジュアルで良いそうですけど.....あたたた。

柄の長い傘も軒並み壊れちゃって...という義兄に傘の1本もと思い、10年以上ぶりでバーニーズを訪ねてみるも、良さそうな傘の値札をめくってみて衝撃を受け、そそくさと帰ってきました。お義兄さんごめんなさい。3万の傘はさすがに無理でした。

関内〜石川町界隈をウロウロ。近場ってことでのんびりし過ぎて、帰宅は子供達が帰ってくる時間ギリギリになっちまった。危ねぇ危ねぇ

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

岩合光昭写真展「ねこ」

放送ライブラリー

昨日は横浜は関内、日本大通の横浜情報文化センター内『放送ライブラリー』を訪れてみました。ちなみに横浜に居るのにこんな施設があることを初めて知りました(^▽^;)

横浜情報文化センター

お目当てはコレです。岩合光昭写真展「ねこ」です。どっちかっつぅとイヌ派の私ですが、嫁さんたっての希望でありますので。

横浜情報文化センター

横浜情報文化センター

横浜情報文化センター(旧・横浜商工奨励館)は横浜らしいレトロで重厚な近代建築と現代的な建築が混在するユニークな施設でした。あのでっかい機械は新聞印刷の輪転機かな、もうちょっとじっくり撮りたかったけど、警備員さんがそこかしこに配置されててビビってしもた。

ねこ歩き

岩合光昭氏は動物写真家として著名であり、『岩合光昭の世界ネコ歩き(NHK BS)』も人気を博しているんですってね.....モノを知らずに申し訳ありませんでした。

積極的にこの写真展を訪れたわけじゃなかったイヌ派の私ですが、会場に足を踏み入れた途端に表情がだらしなく弛緩し、ひとつひとつの作品に心を動かされました。ネコ派の方々ならば先ず間違いなく身悶えすることでしょう。

無料なのになんとも充実した作品内容と点数。涙ぐんでしまう作品、いつまでも見ていたいと思う作品、きっと訪れた誰しもに心に残る作品が生まれるんじゃないかと思いました。それだけの深い愛情が感じられる写真ばかりでした。

観賞後はしっかり写真集などもろもろ購入してしまいました。会場内で「世界ネコ歩き」も視聴出来るんですけど、ネコと信頼関係を築いていく岩合先生のネコたらしぶりが素晴らしい。ネコへの愛情はもちろんですが生態を知り尽くしているからこその素晴らしい才能ですね。

touch!

岩合先生のスチル作品の使用機材はフォーサーズとのこと。個人的にフォーサーズにしろマイクロフォーサーズにしろ、その弱点ばかりを嘆いて他のマウントに移行しましたが、岩合先生の作品を拝見して「それって写真の良し悪しに関係あった?」ってすごく反省しました。

確かにその規格の弱点やそのカメラの限界を感じさせる作品も散見出来ましたが、それをもってその作品に魅力がなかったのか?といえば全くそんなこともなく、「その瞬間を、その表情を、その構図で撮り切った」ことこそが素晴らしく、また心を揺り動かされるものなのだなと痛感しました。

写真が放つ魅力の本質とは全く関係のない些末なことをあげつらって、あっちふらふら こっちふらふらしている自分が恥ずかしくもなりました。大切なことはそこじゃなかった。

岩合先生はZD300mmF2.8やZD150mmF2.0といったプロ仕様レンズがお気に入りとおっしゃっていますが、同時にZD12-60mmやZD50-200mmといったフォーサーズシステムを支えた人気レンズもよくお使いになっているそうです。前々から50-200mmF2.8-3.5は使ってみたいレンズなんだよなぁ。E-520やE-620あたりと一緒に中古で揃えてフォーサーズ復帰しちまうか....って、あぶない写真展だ(^▽^;)

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.03.05

α読了、今度はQ。新刊と映画は同時投入。

特等添乗員αの難事件 V:5 (角川文庫)

闇のシンジケートの御曹司が絢奈に横恋慕し、そこから怒濤のベタな展開になるかと思いきや、全く予想の斜め上を行きまして....いやはややはり素人がアレコレ予想するもんじゃありませんな。

まぁいつもの軽快な読み心地で、スッと楽しく読了出来ました。個人的に大好きなキャラである能登厦人先生をもう少し物語の中で登用・重用して欲しいなぁ。

恒例の2ヶ月後の新刊は『万能鑑定士Qの謎解き』で5/25発刊予定と巻末に記されていました。凜田莉子役に綾瀬はるか、小笠原悠斗役に松坂桃李を起用した映画『万能鑑定士Q モナ・リザの瞳』も同時期の5/31封切り。

新刊と映画を同時期に投入することで相乗効果が期待出来ると...さすがは用意周到で商売上手な松岡圭祐氏と唸らされますね。自分のイメージとは違うはるかちゃんの莉子を観に行くかどうかは、その時の心の持ち様によるけれど、全くこのシリーズの予備知識を持たない嫁さんが映画にどんな印象を抱くかは興味あったりするな。

---------- ---------- ----------

| | コメント (2)

2014.03.02

【渡世の義理】チョコとクッキーとブラウニー

そうかもう3月か、そういやアノ人やアノ人にもらってたっけ。.....忘れないうちにポチっておこう。

ホワイトデー定番の義理チョコお返し 林檎ポテトとチョコまつばセット
『林檎ポテトとチョコまつばセット / おいもやのお芋スイーツ』

ホワイトデー限定 義理チョコや友チョコのお返しに 人気チョコレートスイーツ3種セット (バレッタ色ゴールド)
『人気チョコレートスイーツ3種セット / おいもやのお芋スイーツ』

ホワイトデーの義理返し。マカダミアナッツ入りのチョコボールを返すのが恒例だったのに「アンタ、またソレかい」っていう嫁さんの一言から迷走しちまってるな。

ま、長いモノには巻かれろってことで、売れていそうなコイツら(義理にも2段階設けるケチ臭さ)をポチリ。

コペンハーゲン ダニッシュミニクッキー 250g
『ダニッシュミニクッキー 250g / ケルセン・コペンハーゲン』

1世帯に2つお返しするところもあるので、まったく毛色の違ったモノも手配。コレは缶の柄が可愛らしいので、もし万一、味の方がアレでも喜ばれるかも知れないかなと。

....はずしたらごめんなさい。こんな手抜きでごめんなさい。

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »