« もうすぐQの新作と映画 | トップページ | 夏の家族旅行、決めました »

2014.05.24

北か南か、岐路の御殿場

何か見えないものが写りそう
α7 + SWH 15mm


休日のあてどないドライブ。

なんとなく東名高速を西へ、御殿場辺りで高速走行に飽きて北に上がって忍野八海でも行くか、南に下がって箱根界隈冷やかして海沿い走って帰るか。

てなわけで最初に立ち寄ったのは仙石原ススキ草原入口にある「箱根ラスク グランリヴィエール」横にある、とても子供達が遊んでいる風ではない小さな公園。いやもちろん嫁さんはラスク、私はこの公園をどう撮ろうか四苦八苦。何も考えずに撮った最初の写真が一番マトモだったというのはよくあること。


DSC04901
α7 + Planar T* 2/50


芦ノ湖目指して辿り着いたは箱根神社。前日の雨で木々も苔も大いに水を含んでふくよかな草の香りで気持ちがリフレッシュされていきます。


DSC04908
α7 + Planar T* 2/50

DSC04912
α7 + Planar T* 2/50

DSC04911
α7 + Planar T* 2/50


赤というより緋色だろうか、対になる緑とのコントラストがとても美しい。


DSC04909
α7 + Planar T* 2/50

DSC04913
α7 + Planar T* 2/50


さらに美しいなと思った光景。「私も年とって足が悪くなったら、手繋いで連れてきてな」とにっこりしながら嫁さん。うん、わかった。


DSC04919
α7 + Planar T* 2/50


湯本に出る道すがら畑宿の甘酒茶屋に立ち寄るも、茅葺きの建物を守るためか囲炉裏で盛大にモクモクと木を燻していまして、こりゃたまらんと退散(^▽^;)


DSC04925
α7 + SWH 15mm

DSC04924
α7 + SWH 15mm


そういえば箱根湯本は夏休みの家族旅行先の第一候補だったではないかってことで、宿泊先として有力な湯本富士屋ホテルを下見。

よくある大規模温泉旅館風の外観とは裏腹に、一歩館内に足を踏み入れると、われら庶民がちっとばっかし居心地の悪さを感じる高級な趣きでした。宿泊したらきっと快適だろうけどなぁ。


__.JPG
iPhone5s


せっかくなので食いそびれていた昼飯をホテル内の鮨処で。海鮮丼の奥には追加で頼んだ箱根そば。嗚呼ビールが飲みたかった。

土産物コーナーで本家富士屋ホテルの披露宴でも振る舞われるというカレーのレトルトと、こちらではあまり見かけない杉兼のかまぼこを買って、深緑美しい箱根を後にしました。

帰りの西湘バイパスから見える夏色の海と心地よい潮風も満喫しつつ、覆面パトや白バイの多さに圧倒されながら安全運転で横浜着。

梅雨入り前の一番心地良い時季にもうちょっと自然満喫したかったけど、そこそこリフレッシュは出来たかな。まぁでも梅雨の箱根も悪くないか、アジサイの頃に箱根登山鉄道に乗り鉄したいわ。

---------- ---------- ----------

|

« もうすぐQの新作と映画 | トップページ | 夏の家族旅行、決めました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうすぐQの新作と映画 | トップページ | 夏の家族旅行、決めました »