« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月の10件の記事

2014.12.31

503WILDFIREとOLD SKOOL

IMG_4064.JPG


配置転換でここんとこブティック店員として頑張っております。

こう見えても京都での丁稚奉公時代のラスト1年、婦人服小売店の売り子をやっておりましたので、何だか初心に帰ったような新鮮な気分であります。接客を積極的にさせるお店で修行したあの1年、糧になってるなぁ。

今まで長いこと作務衣姿で店番しておりましたゆえ、店員としてむさ苦しく見えない小綺麗な洋服が無いってことでちょっとずつ揃えております。

身だしなみを整えるに先ずは足元と髪型。髪の毛はホームバリカンで4cmに刈り揃え、少し色が禿げてしまった黒スエードのジャングルモックは自宅用にしてVANSのCHUKKAを主力として投入。

そして今回は寒い店内での店番を少しでも暖かくということで、ジャージーズでもお世話になってるエドウィンの暖かいジーンズ『503WILDFIRE』を購入。色目は店番にも対応可能であろうワンウォッシュ。

CHUKKA1足を毎日履くのも能がないので、503WILDFIREに合わせてまたもやVANSのOLD SKOOLも併せて購入。色目は無難に黒にしようとも思いましたが、トゥとヒールとシューレースホールの濃紺スエードがグッと愛らしさを強調するネイビーを選択。


先ず503WILDFIRE、肝心の暖かさという面ですが、寒風吹き込む開けっぴろげの店内ではパッチ無しでの運用は不可能です(^▽^;)もちろん通常のジーンズよりも数段暖かいですけどね。まぁ予想の範囲内。

でも503のカタチは良いですね〜、ラクチンな履き心地なのにシルエットはなかなか。足が短くさえなければ格好良く履けるのになぁ。ロールアップすると渋い千鳥格子柄の起毛裏地見せられるのも良いですね。3cm長めに丈直し頼んでおいて良かった。

次にOLD SKOOL。これは履きやすい!足首回りのクッションとコーデュロイを裏貼りしたタンが履き心地の良さを演出してくれてます。サイズはSLIP-ONと同じ25cmですが、アッパーにボリュームがあるのでタイト感はありませんが。右甲が少し当たって痛くなりそうだったので、右足だけシューレースをふんわり通して対応。いやはやもっと早くこの靴を買っておけば良かった、さすがは定番スニーカーだ。

ちなみにミセス相手のブティックなんですけどね....ウチ。ま、オッケー。


---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.12.28

VANS CHUKKA

IMG_4052.JPG


私にもサンタが来ました。ずっと欲しかったVANSのCHUKKA、姉貴がプレゼントしてくれました。ありがとう!

VANSはSLIP-ONを持っていますが、シューズの細い足型と私の甲高巾広もあいまって25.0cmでキッツキツ。まぁヒモでキューッと出来ないモデルですし、ジャストサイズでないと歩く度にカパカパしちゃってみっともないですから、それはそれで正解。

てなわけでハイカットのCHUKKAは0.5cm大きめをお願いしましたが、今度はブカい(・・;)靴の中で足が遊んでる。ハイカットのブーツとはいえ脱着迅速な足入れ広めタイプなので、ジャストサイズでも良かったかな。

まぁ冬場の分厚いソックスに対応出来るってことで、紐を穴ひとつ外して脱着の簡便さを保ちつつ、少しタイトに締め上げて履いています。少し遊びはあるけどこれでかなり履きやすくなりました。

しかしこの手のVANSの履き心地って独特ですよね。踵よりもつま先界隈の方がクッション性が良く感じます。SK8方面ではその方が具合がいいのでしょうか。


---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

納骨

DSC05542


骨壺を納めるところに納めて、ちょっと一段落。

お寺さんとのお付き合いは色々大変だけど、長男に生まれた定めだ。一周忌は病んだ親父が放ったらかしにしていたご先祖様の法事もひっくるめてお願いするか。


---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.12.22

『洋食 大吉』と『梅園のあわぜんざい』

IMG_4012.JPG


3週連続休み返上で日本橋にて仕入れ。婦人服をちょこちょこと。ま、仕入れは楽しいし、いい散歩になるし、休み返上なんて実は大袈裟なんですけどね。

いつものように朝一番で駆けつけて昼までに仕入れを終えまして、前回食べ損ねた梅園の「あわぜんざい」を目指して再び浅草へ。



歩き始めてさっそく、こんな看板に惹き寄せられますと...



店内入口のある階下から「美味しかったなぁ」とにこやかに先客が上ってきました。いやこれは間違いないぞ。



入店しま~す!


DSC05527


目抜き通りから1本も2本も入ったひっそりとした場所なのに、店内に入るとお客様でいっぱい。とっても賑やかです。



しゃっちょこばったレストランならいい加減に待たなきゃいけないくらいの盛況ぶりだけど、「どうぞどうぞここ空いてるよ」ってお客さんも合席当たり前じゃんっていう雰囲気で、待たされることなく6人席の端っこに着席。

良いお店です。みんなの洋食屋さんって雰囲気。お店の人もお客様も肩ひじ張ってなくていい。ギンガムチェックのテーブルクロスもいい。


IMG_4016.JPG


みんなの洋食屋さんではあるけれど、しっかりとお店とお客様の間には緊張感というものも感じられます。

とても広くて清潔で行き届いた設備の厨房ときりりとした調理人の振る舞いを、お客様にすべて見せているのがその矜持の証し。でもオーナーでしょうか?ホールに出てすごく如才なくて、下町っていいなと。


IMG_4017.JPG


見てこのチキンカツのお値段。1コインでおつりが来る。これおかずだけじゃなくてきちんとしたチキンカツ定食ですからね、それも結構なボリュームのチキンカツ。しっかりやることはやるけど、余計な気取りがなくてとっても良い、本当に。

あぁお味の方でした。まぁでも書かなくても分かりますよね。また行きたい。お腹いっぱいになりましたご馳走様でした。




きついお腹をさすりながら浅草までのったり歩いて、やってきました梅園の甘味処であります。いやそこはシルバー世代のサロン状態で満席。私たちの前に2組がお待ちではありましたが、せっかくここまで来たんですし、あわぜんざいの食券を購入して列に加わりました。ちょいと甘いもので一休みってお店ですから、どんどん回転します。たいして待たされることなく席へ案内されました。


IMG_4025.JPG


はい、ドン!あわぜんざい!

初めて現物を見ましたが、結構立派な粟餅に漉し餡であることよ。では実食。


んまい!


やばい!甘いものが得意なクチではないんですけど、このあわぜんざいは美味いと思いました。あんこはねっとりとしていてちょうど良い甘さ、そしてプチプチ感を残しつつ粘りも楽しめる粟餅が絶品でありますな。あんころ餅は食べたいと思わないけど、梅園のあわぜんざいなら週2くらいで食べたいですわ。ああ疲れが取れました。ご馳走様。

店頭で売ってるレンジでチンするお土産用のあわぜんざい、「これも中で食べたくらい美味しい?」って店員さんに聞いたら「同じくらい美味しいですよ」って素っ気なく答えてもらいましたww もうちょっと面白く返してくれたら買ったのになぁ。


仕入れはかように楽しみながらするのが基本です。

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.12.12

『ボーダーランズ2』〜 コレは大当たり!

ボーダーランズ2 【CEROレーティング「Z」】


発売日に届いたVita版の『ボーダーランズ2』、めっちゃくちゃ面白いです。


ボーダーランズ2 【CEROレーティング「Z」】


リアル指向のFPSゲームが多数を占める中で異彩を放つカートゥーン風グラフィックが良いですね〜。そうは言っても微細に描き込まれているのでこれはこれでリアル、自然とゲームの世界に没入させられてしまいます。

いまや死語なのでしょうが洋ゲーらしい自由度の高さという「ほったらかし」を味わえますな。「あのアジトに侵入したいけど道が無いじゃん、え?ああこうやってあの壁を越えるのか.....ヒントも無いじゃん」っていうね。そこら辺も含めて楽しい。


ボーダーランズ2 【CEROレーティング「Z」】


困ってるのがテキストの大きさ。この画像は切り出してあるからアレですけど、まぁとにかくテキストが小さい(ーー;)老眼のおっさんには全くもって何が書いてあるのか分からない。元々PCやXbox360、PlayStation3といった据置機からの移植ゲームですから、画面の小さいVitaではテキストが小さくなるのは仕方ないんですけどね。

ミッションの内容がイマイチ読み取れないからマップに点滅表示されてるエリアにワケも分からずとにかく行くというプレイスタイルww それでもなんとかなってるし、楽しいから良いんだけど。

Vita版では使い勝手の異なる6つのクラス(種族のようなもの)が用意されていますし、自動生成される武器は2000万種近くなるというし、イカレた悪ノリが過ぎるけど、長いこと楽しめる1本になりそうです。

テキストの大きさ、マップ内で隙間にハマって身動き取れなくなる時があったり、突然エラー表示になって落ちることがあるので、★★★★☆ってところでしょうか。面白さだけなら文句無し五つ星なんえすけどね。

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.12.10

サンタよ、沼から足を引き上げろ!

TDLでクリスマス


さて散財の季節です。ボーナスとは無縁の自営業、ほんとに出て行くばっかで、町吹く風もことさら冷たく感じられる今日この頃。


カシオ 電子キーボード 49標準鍵 スリムタイプ CTK-240


「もはやお前に請求権は無い!」と中3長女に申し伝えてはみたものの、25日の朝に喜ぶ顔が見たくなり結局。

友人とのバンド構想があって、たしかアイツはドラムスに割り当てられていたように記憶しているけれど、なにゆえキーボードを欲しがっているのか?思春期女子の気紛れなんだろう。てなわけで鍵盤数の少ない廉価版。数日で放置されない事を祈るばかり。


Minecraft Playstation 4 Edition(北米版)


小6息子はサンタ孝行。PS4でまでマインクラフトやらなくても良さそうなものだけど、ハマるらしいねコレ。どこらへんが楽しいのかな。


Pioneer 密閉型ヘッドホン グリーンホワイト SE-MJ512-GW


小3次女もサンタ孝行。タブレットを抱えてHuluで配信されてるNARUTOを観るのが日課の彼女ですが、密閉型のヘッドホンで外野の音を遮断して、もっと物語に入り込みたいようですな。


MERRELL(メレル) MOOTOPIA LOW(ムートピアLOW) J577085 トープ


嫁さんはメレルのムートピアLOW。


Mootopia Hi


嫁さんお気に入りの冬の一足がコレ。実に2006年に購入したブーツを大事に履いてくれていたのでありますが、遂にソールに穴が開いてしまいまして同じムートピアHIをと。

ところが軒並み「ムートピアにハイカットがあったんですね!」と靴屋の店員さん方に驚かれまして(^▽^;)メレル以外の似たようなブーツも探したりもしましたが、けっきょく同型ローカットで妥協されたという次第であります。ムートピアのハイカット、暖かくて軽くて履きやすかったそうな、メレルの中の方が見ていらしたら、ぜひ復活させてやってください8年後くらいにww

ま、この時期、自分がレンズやカメラを欲しがらなければ良いだけの話し。

---------- ---------- ----------


| | コメント (0)

2014.12.08

でっちさんぽ 〜 日本橋から浅草へ

日本橋 - 浅草

木曜は仕入れで日本橋横山町へ。年末用に綿入れ袢天とお年賀タオルの補充。美人が3人居る和装現金問屋でサクッと選品してお会計。ちなみに付き合ってくれた嫁さんに「アンタの美人センサーとおっぱいセンサーは高性能やな」と呆れられました。

仕事は1時間で終了。食事処がオープンする11時まであと1時間ほど。さてどちらに足を向けるか。目標も無いけどぷらぷら浅草向かって歩き出してみるか。

日本橋 - 浅草

日本橋 - 浅草

日本橋 - 浅草

日本橋 - 浅草

日本橋 - 浅草

日本橋 - 浅草


八百万の神々でなく人々を乗せる屋形船、冬から春だけで目一杯売り上げる人形屋、美人若女将が居る玩具問屋、新キャラ発表会が催されていたバンダイ本社、以前悪酔いしたどぜう屋を過ぎて...


日本橋 - 浅草


スカイツリーが大きく見えたら、そこはもう...


日本橋 - 浅草


浅草ざます。

いやはや冷たい雨が降る平日だというのに人でいっぱい。ごったがえす仲見世や浅草寺はエスケイプして、裏道裏道を歩きつつ美味そうな食事処を探すふたり。この時間が一番楽しい。


IMG_3968.JPG
『食事処 酒肴 浅草 水口』http://asakusa-mizuguch.main.jp/


われらが吸い込まれたのは、青いテントと大きなショーケースが印象的なこのお店でした。


日本橋 - 浅草


店内1階の様子。ホッとするような懐かしい雰囲気の店内、本当は愛想が良くて気も回るのにあまりでしゃばらないようにしてる好印象な女性店員さん、そしてもの凄い数のお品書き。いいでしょ?

さて何を食べようかな


IMG_3970.JPG


「チキンライス」とお店オリジナルの「いり豚」そして「日替わり定食(この日はミックスフライでした)」を注文。寒かったから熱燗も頼みたかったけど自重。

お店イチオシの「いり豚」は玉葱と豚肉がカレー風味で炒められています。きっとウスターも入ってる気がします。想像通りのようで、ちょっとその上を行く美味しさです。炊きたての白ご飯にこそ合う料理かな。

んで日替わりに付いてきたあさり汁が絶品。お出汁がしっかり出てるし、あさりの身がしっかりしてて素晴らしかった。単品で100円だって!安い!

きれいに完食。そして例のごとく腹一杯。ごちそうさまでした。大満足。


IMG_3977.JPG


せっかくの浅草だし、誘ったら嫁さんも受けて立つと言うので、舟和の甘味処で別腹もいっぱいにしておきました。もはや我が胃袋には立錐の余地もない。

お土産は舟和の芋ようかんとあんこ玉ではなく、梅園のきんつばと草餅と栗羊羹と羊羹の切れ端。今度来た時は「あわぜんざい」をぜひ食さねば。


日本橋 - 浅草


おっと、そういえばこのお店もすごく美味しそうなオーラを放っていたんだよなぁ。でもビーフシチュー2,700円かぁ、それなら日本橋のうなぎの方が良いかな〜。

食うことばっかだな(^▽^;)

---------- ---------- ----------


| | コメント (0)

2014.12.07

『地球防衛軍3 PORTABLE』 〜 EDF!EDF!

地球防衛軍 3 PORTABLE

『キルゾーン:マーセナリー』から『ボーダーランズ2』への繋ぎ役として、VitaのFPSゲームとして評価の高い『地球防衛軍 3 PORTABLE』をプレイしました。

難易度ノーマルでミッション全クリしただけで、本来のお楽しみとなるであろうアドホックやオンラインでのマルチプレイまで手を伸ばしておりません。

携帯ゲーム端末だからという面を差し引いてもグラフィックは「う〜む」というレベル。かつての「燃えろ!!プロ野球」を彷彿。

ただまぁそれがゲーム自体の面白さを阻害するほどのレベルではなく、難易度ノーマルでも手応えしっかりなミッションも数多くあり、武器の選択や立ち回りなどを工夫しながら進める楽しさを味わえました。

ノンプレーヤーキャラがよく喋り、よく叫ぶのもこのゲームの特徴ですかね。たいていのFPSゲームが殺伐とした孤立感を噛み締めながらプレイするのに対して、見知らぬ戦友と共に戦っている感覚になります。

そしてそれらの熱いメッセージをマルチプレイでも使用出来るようです。「EDF!EDF!」って叫びながらの共闘は盛り上がること必至でしょうな。

ミッション全クリでけっこうお腹いっぱい。『ボーダーランズ2』が届いたってこともあり、強い武器を求めて難易度を上げたり、手練になってオンラインマルチプレイを始めようという気持ちにもならないので、まぁ個人的には「★★★☆☆」ってところです。

---------- ---------- ----------


| | コメント (0)

2014.12.03

ダイソンを大人買い

IMG_3953.JPG

最近は家族葬が流行っているそうですけれども、長く商店街で店を営ませていただいている渡世の義理もありますし、そもそも賑やかなお祭り男を送るわけですから、糸目もつけずにというわけではありませんが出来る範囲で目一杯盛大に。

一般的に家族葬の方が煩雑さは少ないけれど負担は大きいと聞きますが、あまり抑え込まずに賑やかに送り出そうとしているもんで完全に持ち出し。いやはや多くの諭吉さんが目の前を通り過ぎて行きましたわ。

象徴的なのがこのダイソンのハンディクリーナー大人買い。

親類へのお返しにと近所の電機屋さんで頼んだんだけど、まぁ色々と諸事情がありまして結局はメーカーオンラインショップから購入。

Dyson DC61 motorhead オンラインストア限定モデル 【国内正規品】

「自分では買わないけど、貰ったら嬉しいモノ」をキーワードにあれこれ考えて、当初はレイコップのふとんクリーナーを考えたんだけど、いま売れ過ぎちゃっててメーカーや問屋の在庫が払底しているんですと。

んなわけで二の矢に継いだのがダイソンのコレでして、まぁ包装を剥がした時のインパクト自体はそう変わらないでしょうし、タイミングよくセール対象品だったのでいいじゃないの〜と。

親父のおかげで、たった数日の間に気分良く大枚払わせてもらって様々な鬱憤も晴れたような。

---------- ---------- ----------


| | コメント (0)

2014.12.02

まったく、しょうがねぇな

DSC05476

先月、父が亡くなりました。

友や知人と賑やかに楽しく過ごすことに自分の全てを傾ける人でした。最後の2〜3年、お楽しみになったツケをちょっぴり支払ってましたけど、まだまだ勘定は残ってるんじゃないかな?

そういうわけで、そういった人の家族は色々なことを経験させてもらえます。まぁそれでも、葬儀の席で『はじめまして、実は私、故人の子供で...』という懸念された場面に出くわさなかっただけ上等だったかも知れません。

有り難いことに家庭内と世間様で父の評価はうらはらで、様々な方から父との楽しい思い出話しを聞かせていただきました。私の知らない父がある時ある場所に確かに存在していたんですね、酩酊して前後不覚の父しか知らない。

ただ父に対するセリフは内外ともみな一緒。「まったく、しょうがねぇな」日本語とは便利で不思議です。でも一番父の人となりを現している言葉の様な気もします。

---------- ---------- ----------


| | コメント (5)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »