« 日本橋富沢町『喜久川』の鰻 | トップページ | TIMEX WEEKENDER 買いました »

2015.01.19

『探偵の探偵 Ⅱ』

探偵の探偵2 (講談社文庫)

読了。3月に刊行されるという次回作....うん、発売日に読みたい。

シリーズ1作目よりもさらに暴力の密度と救いの無さが増した『探偵の探偵 Ⅱ』だったが、憤怒とともに黒く淀んだ湿地を這いずりまわるヒロインにいつしか深く感情移入してしまっていました。

「悪徳探偵を探偵し駆逐する」なんて、なんとヘンテコな設定の小説かと思いましたが、法の境界線を巧みに行き来する私刑人として、胡散臭く得体の知れない存在(語弊あり)である「探偵」を用いたのはさすがだと思いました。

次作ではそもそもの発端となった悪徳探偵との1stコンタクトがありそうです。松岡氏が一筋縄でこのシリーズを完結させるはずがありませんので、あーしてこーしてそーなった上でスカされるパターンなのでしょうね。分かっちゃいるけど読まずにいられなくなってしまったなぁ。

---------- ---------- ----------

|

« 日本橋富沢町『喜久川』の鰻 | トップページ | TIMEX WEEKENDER 買いました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本橋富沢町『喜久川』の鰻 | トップページ | TIMEX WEEKENDER 買いました »