« 小説『雲のむこう、約束の場所』 | トップページ | 【でっちさんぽ】元町『ブラフベーカリー』〜中華街『状元郷』〜みなとみらい『ホノルルコーヒー』 »

2016.10.01

『星を追う子ども』

星を追う子ども


この作品をもって新海誠氏の映像作品を全て鑑賞しました。

(以下、個人の感想です)

最初から最後まで、作品に登場する人物の誰にも感情移入することが出来ませんでした。誰が主人公であるのかさえフワフワとした感覚でした。

新海氏らしい「すれちがい」や「せつなさ」といった要素もあるといえば、いくつかあったのかも知れませんが、一向に共感できず物語に没入できないまま終わってしまいました。

他の作品同様に映画では語り尽くせなかった部分は小説が補完してくれたりするのかも知れませんが、小説は既に絶版で入手困難。この作品に関しては、追いかけなくてもいいやと。

『秒速5センチメートル』の後がこの作品だったということは、当時、この作品を観て落胆したファンも少なからず、いたのではないでしょうか。

『君の名は。』の次作品、すごく期待もハードルも高まってますが…(^◇^;)


---------- ---------- ----------








|

« 小説『雲のむこう、約束の場所』 | トップページ | 【でっちさんぽ】元町『ブラフベーカリー』〜中華街『状元郷』〜みなとみらい『ホノルルコーヒー』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小説『雲のむこう、約束の場所』 | トップページ | 【でっちさんぽ】元町『ブラフベーカリー』〜中華街『状元郷』〜みなとみらい『ホノルルコーヒー』 »