カテゴリー「書籍・雑誌」の91件の記事

2017.03.04

『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』 〜ついに完結

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)


ようやくビブリア古書堂シリーズの最新作にして完結編が刊行されました。長かった、実に待ち遠しかった。

続きを読む "『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』 〜ついに完結"

| | コメント (0)

2016.09.25

小説『雲のむこう、約束の場所』

雲のむこう、約束の場所


映画版はとても難解なうえに、全てを回収しないまま終わってしまった印象だったのですが、小説版を読んでようやくこの壮大なストーリーの全貌を見通すことが出来ました。


(以下ネタバレあります)

続きを読む "小説『雲のむこう、約束の場所』"

| | コメント (0)

2016.09.23

小説『言の葉の庭』

小説 言の葉の庭 (角川文庫)


新海氏による小説『言の葉の庭』を読了。余は満足じゃ。


もどかしくて仕方ない。ふたりのその先を見たいと思ったなぁ。


映画『言の葉の庭』を観終わった後の感想がコレでした。雪野と孝雄の「ふたりのこれから」を予感させてくれる終わり方をしてくれてはいたけれど、だからこそ叶うことなら行く末を見届けたいと思いました。

小説には「ふたりのこれから」が描かれていると知り、わくわくしながらとどまること無くグイグイと読み進めていきました。

(以下ネタバレ要素あります)

続きを読む "小説『言の葉の庭』"

| | コメント (0)

2016.09.20

忘れたくないことを 忘れてしまったことだけ 憶えている

小説 君の名は。 (角川文庫)


小説『君の名は。』は新海氏自身によって映画公開に先駆けてノベライズされた作品。

当初、新海氏は「この作品の小説は書かない」と言っていたそうです。確かにテキストでは、物語にとってとても大切な糸守の町の様子、湖の様子、御神体の山の様子を映像のようには伝えきれないですからね。

小説を読みながら映画館で観た瑞々しいふたりの表情や、美しい糸守の風景がよみがえったけれど、もしも映画より先にこの小説を読んでいたら、どう感じたのだろう?

でも映画館では涙のひとつも零れなかったけど、小説のラストシーンでは堪えきれませんでした。丁寧に丹念にじっくりとあの物語を、あの場面を味わえてよかった。


君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)


そしてもう一冊。著者は新海氏ではありませんが、『君の名は。』をさらに掘り下げる作品です。とても人気があるようで、Amazonでポチったら出荷が実に9/27。待てません。というわけでKindle版で購入しiPhoneやMacで読みました。

瀧が糸守で過ごしていた時間がブラジャーを中心にたっぷりと語られる序盤、とても楽しく読めるに決まってます。そこだけでも買った価値がありましたわ。そしてテッシーや四葉から見た瀧入りの三葉が語られた後、四葉も遂にタイムフライヤーに...。

そして最後に映画では最もミステリアスだった三葉の両親のエピソードが語られます。この章は非常に読み応えがありました。映画『君の名は。』がご都合主義だと残念に思った人にこそ読んでもらいたい。(1年半、映画作りの一員として携わったRADWIMPSの挿入歌も併せてじっくり聴いてもらいたい)まぁ「曜日の確認くらいするだろ普通」って人には通用しないですけどね。

とにかく。映画『君の名は。』が大好きになった方は、『君の名は。 Another Side:Earthbound』を読まれることを強くおすすめします。新海氏ノベライズの方も最後の数ページのために読んでも良いかも。

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2016.09.19

小説『秒速5センチメートル』

FullSizeRender.jpg


我ながら熱しやすいミーハーだ(^_^;)さてどれから読もう。うん、やっぱりページ数の少ない本からだよな。


小説 秒速5センチメートル (角川文庫)


読んでよかった。

新海誠自身がノベライズしたこの作品を読んで、映画を観て激しく揺さぶられた心が少し安定し、抉られた心も少し癒やされた。そして2つのことについて自分語りしたくなった。

ひとつめは『初恋』との折り合いについて。私自身も初恋に対する扱い方は、作中の貴樹くんと同じ。いつまでもグジグジと、そしてこれからもずっと堂々巡りにさせて大切にしてしまうのだと思う。

「あの時、◯◯していたら、どうなっただろう?」ふとした時にそんなことを考えている自分がいます。タラレバを30年も。

初恋は制御が効かない。寝ても覚めてもその娘のことばかりを考え、日に日に「好き」という感情を自分勝手に積み上げて、胸が締め付けられてもどかしくて苦しくてどうしようもなくなってしまう。

他人を死ぬほど好きになるという初体験は、幼い自分を暴走させ「相手も自分と同じだけ好きになって欲しい」という自己中心な願望となり、そんな叶わぬ願いはいつか弾けて、自分の中にいつまでも消えない傷跡として残る。

初恋に破れたあと、何度恋愛をしても、生涯の伴侶を得たとしても、初恋の人は常にあの時のままの姿で記憶に残り、そしてあの時の胸の苦しみは瞬時によみがえる。いつまでもそれに執着するのは、よき思い出にできない自分に残る幼さなのだろう。

ふたつめは『自分の居場所』について。

作中の貴樹くんは、いつでも自分の居場所にどこか違和感を覚えていたように感じました。これもすごく共感を覚えました。人生の半分を消化した自分も常に自分の居場所を探しながら生きている気がしたからです。

「自分はここにいるべきなのだろうか?自分はどこにいるべきなのだろうか?」生活の場でも、仕事も、恋愛も、時に切り拓いたり、時に流されたりしながら、多くの人が確証を得られないまま生きているんじゃないだろうか。

『初恋』に執着し『自分の居場所』に迷う作中の貴樹くんは、自分の分身のようでした。「あなただけじゃない、わたしもいっしょです。きっとみんなもいっしょだとおもいます」と新海誠に、そう言ってもらったような気がしました。

一方の明里ちゃんは『初恋』の人である少年時代の貴樹を自分の一部として認め、迷いなく貴樹とは無縁の『自分の居場所』に進んでいきました。「あなたの初恋の相手も.....ね、きっとそうですよね。お互い頑張りましょう」と苦笑いしながら激励してもらったような気もしました。

まったく感想文にならないけれど、『秒速5センチメートル』は映画も小説も忘れられない作品になりました。

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2016.09.18

『万能鑑定士Q』シリーズの完結

探偵の鑑定1 (講談社文庫) 探偵の鑑定2 (講談社文庫) 万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの〈叫び〉 (講談社文庫)


万能鑑定士Qシリーズが遂に完結しました。いまさらですが積ん読を消化したタイミングで申し訳ありません。

2014.05.28 万能鑑定士Qの謎解き

自分の過去記事によれば『万能鑑定士Q ムンクの叫び』は2年前の8月に刊行されるはずだった作品ですが、松岡氏はこの後Qシリーズを放置。一方で『探偵の探偵』シリーズや『水鏡推理』シリーズを新たに立ち上げ、相変わらずの精力的なペースで巻を重ねておりました。

『探偵の探偵』シリーズはお付き合いしましたが、『水鏡推理』シリーズは一作目だけ読んで、そのまま松岡作品への興味を失っていきました。

今年の春になって『万能鑑定士Q』シリーズと『探偵の探偵』シリーズのクロスオーバー作品である『探偵の鑑定 Ⅰ』『探偵の鑑定 Ⅱ』が刊行されました。以前も『万能鑑定士Q』と『特等添乗員α』で同じことをしておりましたので、松岡氏のやりそうな手法だなぁと。まぁそれでも『万能鑑定士Q』シリーズは乗りかかった船ですから購入はしておきました。

8月になって『万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの<叫び>』が刊行され、いよいよ万能鑑定士Qも完結なんだと発売日に購入し、さっそく読み始めたところこの作品が『探偵の鑑定』から物語が続いていることを知りました。

上手い手だ、松岡氏。さすがだ。

というわけで『探偵の鑑定』2作と『万能鑑定士Qの最終巻』を一気読み。読み始めてさえしまえば、安定の面白さ。3部作の道中、ふたりの関係性があってこその物語であるのですが、莉子と小笠原の恋物語が鬱陶しくなったりもしました。永すぎた春というか、この結末まで長かったなぁ。最初から付き合ってきたファンもそうとう待たされたでしょうね。

ちなみに最後まで凜田莉子は桐谷美玲のイメージで読んでました、私は。譲れませんでした。

そうそう、はっきりしないふたりの物語といえば『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ、刊行ペースが鈍ってますね。楽しみにしているんですが、新作まだかなぁ。


---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2016.03.22

手塚治虫『奇子』

奇子 (上) (角川文庫) 奇子 (下) (角川文庫)


ふらっと立ち寄ったブックオフで手塚治虫の『奇子』を買ってきました。以前から読みたいと思っていた作品です。

最初にこの作品を近所の書店で見つけた時は、まだ小中学生の頃だったかな。手塚治虫といえば鉄腕アトムにジャングル大帝、リボンの騎士といった子供がワクワクする作品ばかりを描いているのかと思っていたのに、エロティックで陰湿な雰囲気を前面に出したこの作品を見つけて、思わず興味をそそられた記憶があります。もちろん子供ですから買えませんでした。

さて大人も大人、すっかりいいオヤヂになって、ようやく読むことが出来た『奇子』ですが、期待が大きすぎたのかちょっと物足りなかったというのが正直な感想です。

・横溝正史の金田一シリーズに出てくるような地元ではアンタッチャブルな存在である地方名家を舞台に、暗くジメジメとした因習や人間模様に翻弄され土蔵に閉じ込められた少女の成長物語。

・戦後、GHQの工作員を端緒に裏世界を暗躍した奇子の兄の生き様を描くことで主張する、迷宮入りした「下山事件」に対する手塚治虫の真相推察。

このふたつが並行しながら時に絡まりながら物語を紡いでいくのですが.....う〜む。

個人的には奇子を通した名家の没落物語をもっと掘り下げて欲しかったけれど、下山事件に対する手塚治虫の推察物語も盛り込まないと暗くなりすぎてしまうし、奇子を描かないともはや下山事件では読者の興味も得られなかったのかもしれませんしね。

『奇子』は1972年にビッグコミックで連載開始されたそうですが、その時期にその媒体で1949年に起こった下山事件を取り上げた手塚治虫の真意はなんだったんだろうなぁ。そこに何かのメッセージが込められているのか?はたまた温めてきたテーマを発表したにすぎないのか?

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2015.11.03

11/27発売『よつばと!13巻』を予約しました

よつばと! (13) (電撃コミックス)


近所の書店で予約しようと思ったけど、2013年3月9日から2年と8ヶ月も待てたんだし、いまさら何日か待たされてもどうってことないので、受け取りラクラクなAmazonで予約購入しました。


「お父さん、知ってる?よつばと!の新しいの出ること」


13巻が出ることを教えてくれたのは長女でした。休載が多いという話しだったので、まだあと何年かかかると思ってましたが嬉しい情報でした。

実は長女も『よつばと!』のこと好きだったんだ、新刊を楽しみにしてたんだ、ってのがまた嬉しかったなぁ。お姉ちゃんの影響をモロに受ける小4の次女、新刊発売までにお姉ちゃんに追いつかなきゃと1巻から読み始めて、ダンボー誕生のエピソードを読み終えたあたりみたいです。

ジャンボが好きなんだけど、13巻で彼の出番あるかな。

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2015.08.16

火花

火花


芥川賞を受賞する前後でしたか、一気にこの作品が書店でもネットでも買えなくなって、興味はあったけどそこまで読みたいとは思ってなかったのに、品薄っていう状況に飢餓感を煽られまして重版されたタイミングで手に入れて読み始めてみました。

この作品は芸人又吉の長々と回りくどい自己紹介?それとも上梓した後の綾部の軽口も含めたネタ振り?読書好き芸人やら元大阪府代表SBやらと持ち上げられ、相方は熟女好きやらペニオク騒ぎでこき下ろされ、お笑い以外でクローズアップされているピースの現況に対する又吉の壮大な言い訳?

でも師匠である先輩を探して246沿いを歩いていて、数珠繋ぎのタクシーに喰われると感じる場面では心がググゥと重たくなった。首都高がドンと覆い被さる246号線の閉塞感、どんよりとした薄暗さと息苦しさ、無機質にせわしなく行き過ぎるクルマ、路肩には表情をなくしたドライバーが客を待つ。

ああ文学なんだなと感じた。全編、常に明日への不安が切々と描かれている。住み慣れぬ街でいくつかの支えを失っていく若者....。でも10年後、熱海の花火の晩、また何かが?

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2015.07.22

『旅のラゴス』

旅のラゴス (新潮文庫)


3月に購入し50ページほど読んで、そのまま放置してしまっていた『旅のラゴス』をようやく読了しました。

Amazonでふらふらしてたら筒井康隆の文庫が売れてる様子で、「なんとまぁ意外な(語弊アリ)」と思わずポチッとしたは良いものの、抑揚の無い平坦な物語に根気が続かなくなってポイしてたんです。

謎のヒットに注目集まる 筒井康隆『旅のラゴス』が売れています! / 新潮文庫

本作が発表されてから30年近く。文庫化されて20年余り。年に3〜4,000冊だった売上が昨年初めから10万部以上の大増刷だそうです。「特別なきっかけは思い当たらない」と新潮文庫さんでさえ驚く謎の売れ行きを見せる本作。

世間様で認められても自分にはハマらなかったんだと思っていましたが、一応は読了しておこうと再び読み始め、主人公が囚われの身になった辺りから俄然面白くなるわけです。


鉱山まで辿り着いたら、後はワクワクしながら最後まで一気読み


物語の半ばでようやく筒井康隆がSF作家であったということを思い出すわけです。なるほどそういう設定だったのかと合点もいくわけです。ただそんな美味しい設定でさえ、本作ではことさらに広げること無く、ごくごく平坦に語られるのです。

主人公を衝き動かした目的地や、錦を飾った懐かしき故郷でさえ、旅の途中に立ち寄った中継点に過ぎなくなる。そもそも旅の目的なんて何でもよかったと気付く。そしてまた失った青春に手招きされ、旅の支度を始める。漂泊ともまた違う。常に何からも自由でありたいと欲っし旅することは冒険に近いのかも。

謎のヒットのきっかけではないだろうけど、理由のひとつにはなるのかな?読了後の不思議な爽快感が。

***

一気にガッカリさせちゃおう。読み終えた後の素直な感想は「いよいよONE PIECEを手にしたルフィか、これ」でした。えへへ、興醒めなコト書いて申し訳ない。

グランドラインを進み新世界を制覇し海賊王となったルフィは、「この海で一番自由な奴が海賊王だ!!! つまらねェ冒険なら、おれはしねェ!!!!」とまた海に出るはずなんだよね。本作の主人公のようにさ。

逆に言うと「ゾロとナミに出会い旅をともにしたルフィは、町を荒らす海賊、斬撃を無効化する特殊能力を持つ道化のバギーを倒し...」と淡々と平坦に描けばルフィの冒険も1冊におさまっちゃう?


---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

より以前の記事一覧