カテゴリー「つぶやき」の798件の記事

2014.12.02

まったく、しょうがねぇな

DSC05476

先月、父が亡くなりました。

友や知人と賑やかに楽しく過ごすことに自分の全てを傾ける人でした。最後の2〜3年、お楽しみになったツケをちょっぴり支払ってましたけど、まだまだ勘定は残ってるんじゃないかな?

そういうわけで、そういった人の家族は色々なことを経験させてもらえます。まぁそれでも、葬儀の席で『はじめまして、実は私、故人の子供で...』という懸念された場面に出くわさなかっただけ上等だったかも知れません。

有り難いことに家庭内と世間様で父の評価はうらはらで、様々な方から父との楽しい思い出話しを聞かせていただきました。私の知らない父がある時ある場所に確かに存在していたんですね、酩酊して前後不覚の父しか知らない。

ただ父に対するセリフは内外ともみな一緒。「まったく、しょうがねぇな」日本語とは便利で不思議です。でも一番父の人となりを現している言葉の様な気もします。

---------- ---------- ----------


| | コメント (5)

2014.07.25

クラゲ

逗子
880DW

昨日は夏休みの子供達と逗子海岸へ。

中3の長女はなんとかまだ一緒に来てくれました(^▽^;)ほっ。嫁さんは最後の最後までプール行きを嘆願しておりましたが、高額な入場料に駐車料金に芋洗い....等々が頭によぎる私は海行きを強行。

逗子
880DW

気温・湿度ともとても高かったのですが、なんとなく薄曇りで、ある意味絶好の海水浴日和でしたが、早くもクラゲがかなり浮遊しておりまして、楽しく水遊びをしていた子供達を凹ませてしまいました。プール派の嫁さんのドヤ顔が...。

逗子
880DW

ちなみにクラゲは盆過ぎ...っていうのは迷信で、海水温は高いし大潮近辺だったしいる時はいるんですね。海は楽しいんだけどなぁ、次回はやっぱりプールかな、海に行くなら全身ラッシュガードか(^▽^;)

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.07.18

しまじろうパペット

so0623

ベネッセコーポレーションにおける個人情報漏えいに関するお知らせとお詫び

子供3人、しまじろうにコラショとベッタリですから、そりゃやられてますわ。one of them。

まぁベネッセから流出せずとも、節目節目にはDM爆弾が投下されていたとは思いますけどね。名簿業者や持ち込む誰かはどこにでも存在しますから。あとは決済方面の情報がセットで漏れ出していないことを祈るばかりですな。

ベネッセから重要なお知らせが届いた日、長男が大好きだった「しまじろうパペット」を探してみたけど、どうやらもう処分してしまったようだ。ぬいぐるみやおもちゃはどんどん増えちゃうから、えいや!って捨てちゃったんだろうな。仕方ないことだけど、思い出まで捨てちゃった気分になった。

お詫びにもう1体送ってくれないかな(^▽^;)


---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.07.14

全151話を見終え、てつロスに

__.JPG


嗚呼、遂に全151話、見終えてしまった。毎夜涙を流しながら心を温めてもらいながら見ていた「てっぱん」ともお別れかぁ。良いドラマだったなぁ。自分史上最高の朝ドラだ。

あまロスやタモロスが話題になりました。今日辺りからW杯終了に伴うWロスになる方も多く出るでしょう。そして今の私は完全に「てつロス」ですわ。


__.JPG


それにしても主人公の瀧本美織と友人役の朝倉あきには参りました。透明感溢れる少女の愛らしさの中に大人の女性の表情が見え隠れして、なんとも美しくも眩しくて素晴らしかったです。

このふたりが同時期にジブリのロリコン御大ふたりの作品に登用されたのも、きっとこの作品でのふたりの輝きがあまりにも眩しかったからに違いない。


DSCF2849

__ 2.JPG


うちの少女達もいつかあんな眩しい女性になれるのだろうか?



さて「てっぱん」見ちゃったし次はどうしよっかなぁ。「HUNTER × HUNTER」か「がんばれ!ルルロロ」か(^▽^;)まぁヨシヒコでも久しぶりに見て大笑いするか。いずれにせよしばらくは虚無感に襲われそうだな。

---------- ---------- ----------

| | コメント (2)

2014.06.06

朝ドラ、かくあるべし

アレで一気にどん底を見た朝ドラが、『あまちゃん』で急激に復調し今もって好調をキープしているとのこと。

いま放映中の作品では主役が脇役に食われてるとか、家族の顔を汚くし過ぎとかの批判はありつつも「アレにくらべれば...」という作用が働くからか、少なくとも毎朝見ても不快にはならない。所詮、朝ドラなんてこうして毎朝ダラダラと、時間調整として横目で見るもんなんだよな.....


連続テレビ小説 てっぱん 総集編 [DVD]


違ったのである!


相も変わらずTVがくっそつまらないので、自然とhuluのコンテンツを見る機会が増えるのだが、「これ懐かしいね。『てっぱん』くらいから朝ドラ見始めたよね」などと嫁さんと会話しつつ、軽い気持ちで見始めたら....


毎回、泣かされる!


悲しくて泣くんじゃなくて、人の優しさというか人情に触れて泣けてくるのだ。「ええ話しやなぁ」と泣くのである。悪い涙ではないにせよ、朝っぱらから毎日泣かされたらたまったもんじゃないけど、晩酌しながらウルウルするのは悪くない。

尾道の風景は素晴らしいし、母親役の安田成美がこれまた美しいうえに素晴らしい演技だし、遠藤要演じる欽兄が慈愛に溢れ過ぎていて出てくるだけで涙腺緩むし、富司純子演じる大阪の祖母が京都で独り住まいしている自分の義母と重ね合わさって胸も詰まるし...


朝ドラ、かくあるべし


当たり外れはあるけれど、ながら見や時間調整させない作品もたくさんあったのでした。「そろそろ解約したら?」って言われてたhuluですが、これでまたしばらくは契約続行とあいなりやす。


---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.05.29

いまの町を記録する

町
α7 + Planar T* 2/50

感傷的になったというよりは、勿体無いことしたなって感じた。

何でも良いから、どうでも良いから撮っておくことだと思った。

無くなってからは撮れないし、頭の中の光景はもうアウトプット出来ないし。

ただ無くなってはじめて、また見たくもなるんだよね。

取り返しがつかない。それが時の流れってやつですかね。

自分の町、網羅は出来ないけど、今日も明日もまた撮ろう。

---------- ---------- ----------

| | コメント (4)

2014.05.28

ドブ川

子供の頃とちっとも変わらない
α7 + Planar T* 2/50

小さな町工場、県営住宅に市営住宅、アパートに長屋に一軒家、パチンコ屋に一杯飲み屋にアーケード商店街。それぞれがひしめきあって町が出来ていた。

そんな町に一本の川が流れてる。一時やたらとキレイになって魚や亀が泳ぐ様になったけど、結局今でもドブ川だわ。

「落ちたら死ぬよ」って子供の頃、ドブ川のそばで遊んでたら近所のおばさんによく注意されてたっけ。でもまぁドボンと落ちてあの川の水飲んだら、ただでは済まないのは確かだったな。

町の景色は少しずつ、そしていつの間にか大きく変わった。マンションや細長い一軒家がやたらとデカイ顔をする町になった。ドブ川のそばで遊ぶ子供達も今は見掛けない。落ちるから危ないよと叱ってくれるおせっかいなおばさんももう居ない。

でもこのドブ川には今日もゴミがたくさん流れてる。変わったモノはいったい何だろう。

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

町の景色

屋台のおばちゃん死んじゃったのかな
α7 + Planar T* 2/50

屋台のおばちゃん、身体壊したのかな、それとも...。

私が物心つく頃から、いやきっとそのずっと前からこのガード脇で、この屋台で商売してたんだよね。この路地を入ったところに保育園の友達の家かなんかがあって、そこのお母さんにご馳走になったことがあったけな。その頃おばちゃんポテトフライとか揚げ物やっててさ、例のあの容器にウスターソースが満タン入っててさ、熱々のフライにたっぷりかけて.....美味しかったなぁ。

あれから40年経っても、ついこの間までおばちゃん、ガード脇でこの屋台で商売してたんだよなぁ。....どうしちゃったんだろうなぁ。ずっと見てきた町の景色がまたひとつセピアになってモノクロになって消えちゃう感じだ。

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.04.05

桜色そして新緑へ

Untitled

IMG_0010

明るいレンズも三脚も無いけど夜桜撮りたい

この界隈では近年稀に見るタイミングの悪さでした、桜の満開時期。春の嵐と土砂降りとまともにぶつかっちゃいましたからね。

薄い青空にもっこり柔らかい桜のピンク色っていういつもの春の景色は存分に楽しめませんでしたが、順番を待っていたかのように木々の緑が鮮やかさを増していますな。新緑・深緑の季節もまた気持ちが良いもんですよね。

そろそろゴールデンウィークの予定でも立てよっかな。

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.03.30

悔いなき選択

満開の日に春の嵐

いよいよ満開ってタイミングで激しい春の嵐.....上手く行きませんなぁ。

秘密裏に進行させていた増税前のイケナイお買物も、通帳を見て溜め息をつく嫁さんを見ていたら.....上手く行きませんなぁ。

桜もこんなあんばいだし、今ある機材でこれからも戦っていけばいいじゃないか。諦めるのこころよ。

リヴァイの過去が知りたくて

人類最強の兵士の名を欲しいままにするリヴァイ兵長の過去を描くスピンオフ作品が掲載されていると知って、思わず女性向け漫画雑誌『ARIA(コンセプトは良質な奇想天外。キャッチコピーの非日常的ガールズコミックに基き、恋愛の枠に収まらないファンタジー要素のある少女漫画が多く掲載)』を購入。

ストーリーも作画も本編の雰囲気を上手く再現出来ていて良いです。本編よりもちょっと兵長が男前だけど、まぁこちらでは主役だし仕方ないか。

4/9には本編コミック13巻と同時に『悔いなき選択』のコミック第1巻も発売されます。忘れないようにiPhoneに覚えさせておかなきゃ、「朝一番で書店へ行け」と。

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

より以前の記事一覧