カテゴリー「サッカー」の7件の記事

2014.06.29

教本でトーキックから卒業

__.JPG

久々にスマッシュなんぞ買ったわ( ̄ー ̄;

いや本当の目的はサッカーの教本の方。次女が「サッカー上手くなりたい。もっと上手く蹴りたい。サッカーの本ほしい!」なんて嬉しいこと言ってくれたんですよ。良いねぇ、その向上心。

次女が通うサッカークラブは上達を目指したサッカー教室ではなく、サッカー好きの父母が子供達を集めてボランティアでやってくれているサークルのようなもの。それはそれで有り難いのですが、きちんと教えてくれるコーチが居るわけではないので、サッカーを楽しむ中で技術的に疑問を抱いた次女は教本を欲したというわけです。

この教本がきっかけになってトーキック専科の次女が、いよいよインステップとかインフロントで蹴れる様になるかも知れません。息子も一緒に読んでくれないかな、もうちょっとキック力やドリブル能力が高くなればチームの戦力になれるのにな。

んでスマッシュは部活や試合は頑張ってるけど、技術的なことにあまり興味を抱いていなさそうな長女への刺激剤として。今月はストロークの基本特集だそうですが、自分が中学生の頃の基本とは全く違ってきているのがテニスの面白いところですな。


---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.02.03

【サッカー】いつか「オレ下手だったよなぁ」と笑顔で語れる日が来るさ

IMG_6820
5Dmk2 / EF70-200mmF4L

昨日は長女を除く全員で、息子のサッカー大会の応援へ。ちなみに長女はウホウホ言いながら1Dショップ目当てで渋谷に出掛けていきました。

IMG_6797
5Dmk2 / EF70-200mmF4L

心配された天気は降雨時間が前倒しになり、息子達の試合の時は時おり太陽も顔を出し、穏やかで絶好のサッカー日和となりました。

DSCF2757
F770EXR

息子は控え選手。競った試合には出場しない控え選手。出場時は4-5-1のフォーメーションにおける右や左のSBを担当。

息子のプレーの良いところを挙げるならば『守備意識の高さ』だろう。運動能力や技術に関しては語るべきところは無いけれど、自チームのピンチの時は最後の最後まで相手シューターとゴールの間に入ろうと努力していた。

ま、ピンチを招く原因が息子の1vs1の圧倒的な弱さだったりするわけだが...(^▽^;)

DSCF2761
F770EXR

楽しくプレーしてくれたら良いんです。チームメイトである友達とサッカーを通してたくさん思い出を作ってくれたら良いんです。きっと20年30年経った時、本当に得難いキラキラとした楽しい楽しい友との共通の思い出になっているだろうから。

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2013.06.12

プレイングマネージャー気分の自称イギータ(44)。嫁曰く「紙芝居屋のオヤヂ」

クラブ内地域対抗戦

台風接近もあって明日は天気悪そうだし、木曜恒例の小さなお友達との公園ガチサッカーは残念ながら中止だな。小さなお友達の草サッカーが週を追う毎にレベルアップしているのが分かるから、おっちゃんは楽しいんだよな〜。残念だ。

攻守ともに突出した実力のO君(Aサッカークラブ所属)、巧みなドリブルとキープ力の高さが光るR君(Bサッカークラブ所属)、抜群のセービング力を見せるG君(ソフトボールクラブ所属)、インサイドで強烈なシュートを放つS君(Aサッカークラブ所属)。さしづめ公園サッカー団の”神4”のプレーが素晴らしい。

鉄壁のキーパーG君だけを自陣に残しボランチ役のR君がキープしつつゆっくり上がっていく、そしてたっぷり敵を引きつけたところでタイミング良く右サイドのO君、左サイドのS君へパスを供給。O君は巧みなフェイントで息子(Aサッカークラブ所属)を始めとした一般5年生をあっという間にごぼう抜きしてゴール前へ、S君はサイドを駆け上がり遠目のレンジから思い切り良く、反応鈍い40代キーパーが彼らの鋭いシュートを止められはずもなく...(^▽^;)いやいや見事なもんです。

言っても子供ですから上手い子は上手い子同士で組みたがります。彼らは圧倒的に気持ち良く勝ちたいんですよ。でも結果的にはそんな子供の残酷さが、その他の子供たちの底上げに繋がっていました。その他大勢の側だって、気持ち良くシュートしたいもんね(^^)徐々に良いプレーも見られるように。

とにかくテクニック云々よりも「攻守切換のスピード」と「空間認識能力」と「ポジショニング」が神4とその他大勢君達との大きな違いなんすよ。そんなその他大勢チームに先週、救世主が現れました。まさにその3つの能力だけは神4以上のW君(無所属)です。あの子は良いぞ〜、センスに限って言えばO君以上かも知れない。

ま、サッカー団のコーチでも何でも無いただの「同級生のお父ちゃん」ですから余計なことは一切言いません。ただその他大勢チームの救世主W君に大いに公園サッカーを楽しんでもらって、ジュースやお菓子の差し入れでもして、来週もそのまた来週も公園に来てもらえるようにしたいっすな。W君がどんどんパスコースを作ってくれれば、つい持ち過ぎちゃって球失するその他大勢チームのサッカーも変わってくると思うんだ。

その他大勢チームがサッカーらしいサッカーが出来るようになったら、みんなが楽しくサッカー出来るようになる。そして神4はさらに上手くなって、地域のサッカークラブのレベルも上が.....ったら凄いけどね(;^ω^A

超攻撃的キーパーである自称「○○公園のイギータ(44)」は、梅雨が明けたらプーマのキーグロ買っちゃおうかなとw OとSのシュート痛いんだよww え?軍手で充分?

---------- ---------- ----------



| | コメント (0)

2013.06.07

鶴見銀座に絶品『担々刀削麺』がある!

スポドリと明るい家族計画

昨日は休み。どこに行こうか思案し過ぎて出足が遅くなってしまいました(^▽^;)「ま、とにかく歩き出しますか」ってことで大した意味も目的も無く鶴見方面へ。

IMG_6500

DSC02710

IMG_6503

IMG_6498

DSC02698

小一時間歩いたところで美味しい珈琲あんぱんを売ってるベーカリーがある鶴見銀座に到着。ちょうど昼時だし腹も空いたってことで...

DSC02707

DSC02708

「刀削麺」という文字に誘われるがままに、こんな店構えの『唐華』へ。

店内はかなり奥行きがあって広い、結構な人数が入れますね。少し落とした照明でとても落ち着けます。

DSC02701

とりあえずサッポロ黒ラベルをグビグビ喉に流し込みながらメニューを眺めます。

刀削麺@唐華

DSC02706

嫁さんは「担々刀削麺+チャーハン880円」を注文。

旦那、これは絶品ですぜ!飲んでも飲んでも飽きることのない様々なエキスが混濁した美味いスープに、もっちもちの歯ごたえも嬉しい美味しい麺。そしてセットになってるチャーハンが、米ひと粒ひと粒がパラッパラに炒まった本格派でして、満足度120点。

麻辣刀削麺@唐華

一方の私はビールが飲める安心感から『マーラ(麻辣)刀削麺880円』を注文。これまた美味い!美味いけど辛い!辛いけど美味い!嗚呼でも辛いぃぃぃぃ(゜ー゜;

スープが熱々のうちは食べたくても口の中が辛さで痛くて箸が進まない。そして目の周りや鼻下からドッと分泌された汗がこれまた辛くて痛い....と思うくらいの辛さ(分かりにくい)でも止められないんです。癖になるんです。サウナから上がってきたかのように汗を滴らせつつ、悶絶しながら一滴たりとも残さず完飲。

マーラ刀削麺も美味しいけど、辛すぎてスープの味が分からなくなっちゃうから、やっぱりオススメは嫁さんが頼んだ担々刀削麺の方ですね。本当に美味しいと思います。でも次回は『冷やし黒ゴマ担々麺』が食べたいな。

スケボー届く

家に戻ると休む間もなく下の子ふたりが帰宅。気合いを入れ直して毎木曜にガチサッカーが催される公園へ。きっちり3時間絞ってもらいました。翌日の今、腰と膝が死んでいます(ーー;)ふぅ

---------- ---------- ----------



| | コメント (0)

2013.02.03

【サッカー】右サイドを駆けあがれ!

クラブ内地域対抗戦

昨日は息子が通っているサッカー教室の横浜湘南地区対抗戦がありました。弱いながらも前夜から雨が降り続いていたので当然延期かと思いきや、小雨決行ってことで厚木の相模川河川敷のグラウンドへ。

クラブ内地域対抗戦

昨年6月の同様の対抗戦では早々に敗退した息子のチームですが、この半年余りで驚くほどにチームとして強くなっていました。献身的な最終ライン3人と反応の良いキーパーでがっちり固めた守備陣は安定感があり、キープ力・突破力・広い視野とパスセンスを有するチームのエースが中盤で攻守に素晴らしいプレーを見せてくれました。

IMG_6190

あ、もちろんうちの息子はベンチウォーマーですよ(^^)

でも親御さんの目もありますから、勝利を目指しつつなんとか来てくれた子供達全員を使い切るためにコーチは大変苦労してました。要の5人とレギュラー6人が前半でリードを作り、後半は要の5人を残しつつベンチの子を温情投入してなんとか逃げ切るという方法を取ってました。

IMG_6118

いやそのパターンが上手いことハマり、控えの息子が投入される後半は肝を冷やしまくる展開なものの破竹の快進撃で、なんと決勝戦まで駒を進めてしまいました!えぇ〜〜〜!?

IMG_6184

『コーチ、決勝戦はウチの子使わずにレギュラーの子たちで思う存分に戦って欲しい!』そう願っておりましたが、温情に厚いコーチは息子含む控え組を前半に投入。ああ見てられねぇ。

さすがは決勝です。案の定、前半は相手チームに押し込まれまくります。自慢の守備陣がなんとか凌ぐ状況が続きました。それでも前半終了間際、高い位置で奪ったボールを前線まで繋ぎ、思い切り良く放ったミドルシュートがゴールネットを揺らしました。

後半はレギュラー陣投入で優勝を目指しまsy.....ってコーチ!ウチの息子を下げ忘れてるよ!

IMG_6134

足が速いわけでも、テクニックがあるわけでも、キック力があるわけでも無いウチの息子。攻守の切り替えも遅いし、棒立ちになる時間も多い。それなのに大事な決勝戦の右MFとして使うのか...チャレンジャーだな、コーチ。

IMG_6175

コーチの意向もあるし僭越だと思いましたが...

『空いたスペースに動いてボールを持ってる子にパスコースを作って!』『足も遅いしテクニックも無いんだから、ボールを持ったら勢いだけを大事に前へ前へ!』『攻める時・守る時の一歩目を早く!』

ライン際でこんなアドバイスを送る典型的なバカ親に m(__)m 当然、得点に絡むシーンはありませんでしたが、息子は息子なりに出来る範囲で...いや試合を重ねることでより良いプレーが出来始めていたかもしれません。

__.JPG

終わってみれば我がチームがなんと優勝!最高の結果は子供達にとっては大きな自信となったでしょうし、今後の大きな励みにもなることでしょう。

__.JPG

今はみそっかすのうちの息子だって、攻守の一歩目が早くなり、良いクロスを上げるだけの下半身の強さが出てくれば、チームに貢献できるはしっこい選手になれると思う。やる気になってくれたら全面的に応援しちゃうぞ!

あ、この優勝で一番やる気になったのは親達の方か(^^)


*** 蛇足 ***

IMG_6132

撫で回して抱っこもしたかったけど、ケーサツ呼ばれても困るから目を細めて眺めるだけだった男の子。たまらんかった。

---------- ---------- ----------

| | コメント (4)

2012.07.16

ピッチ上の大社長

Review : SIGMA150mm
5Dmk2 + SIGMA150mm / 1/3200 / F2.8開放 / ISO200 / RAW / DPP

遂に次女も初実戦!

驚くほど動かない。ボールとポジショニングが連動しない。それどころかそのうちボールが飛んできそうに無いところに逃げる....それはそれでゲーム中に彼女が色々と思案を巡らせ、決断している行動だから尊重したい。

照りつける太陽の下、真っ赤な顔してピッチに立ち続けた彼女を先ずは褒めてあげます。そしてそんな彼女をフル起用してくれた監督の器の大きさに感謝。

---------- ---------- ----------




| | コメント (0)

2012.06.04

いつかお前の「そよかぜステップ」を見せてくれ

IMG_4242

息子がこの4月から地元幼稚園のグラウンドを利用するサッカークラブに入部しました。

IMG_4343

まだ何度か練習に参加した程度の息子ですが、いきなり主催団体の大会に駆り出され試合にも出場することに。いやぁこりゃ大変だ!と思わず仕事も休み、早朝から厚木くんだりまで付き添いでありますw

ベンチウォーマー

もちろん4月入部組のお坊ちゃんたちはベンチスタート。息子あたりは戦力外どころかお荷物確実なので、親としてはベンチウォーマーの我が子を見て寂しいやらホッとするやらです。

よ〜し行ってこい

それでも参加者全員出場がお約束のようで、10分ハーフの後半にまさかのFWで実戦投入されました!ご覧下さい、この嬉しそうな顔を。

ま、チームを預かるコーチとしては苦渋の選択だったことでしょう。勝利するには息子など使いたくないが、全員を起用することが取り決められている。しかしコーチは上手い解決策を用意していました。敢えて攻守の根幹にあまり関わらない前線で起用することで、試合に参加させつつ実質は蚊帳の外に追いやることができるのですよww 素晴らしい。

CBが務まるとは思えない

2試合目も後半から投入されましたが、今度は重責のCBとして起用されました!この起用にはドキドキしましたね〜親子ともどもwww

息子が任されたのは3バックの右側。しかしシステムなど理解できているはずが無い息子、ボールの動きに引っ張られ相手チームに広大なスペースを献上し、数的有利を常時提供であります。幼稚園からクラブに在籍するチームメイトからさかんに叱責の声が飛びます。

棒立ち

しかし、この絶望感が息子を成長させてくれることでしょう。なにごとも組織やシステムが大事で、その中に自分の役割があるということもこれから学んで行くでしょう。

惜しくもメダルを逃す

「子供の○○の試合...」っていう状況は初めてでしたが、運動会とはまるで違う感慨があるんですね。とても新鮮でしたし、感動的でしたし、楽しかったです。親の方が夢中になってしまう心境も分かりますわ。

IMG_4265

この試合を機に立派なサッカー少年になってくれるかな。なってくれたら嬉しいな。

---------- ---------- ----------


| | コメント (0)