カテゴリー「映画」の42件の記事

2016.10.01

『星を追う子ども』

星を追う子ども


この作品をもって新海誠氏の映像作品を全て鑑賞しました。

(以下、個人の感想です)

続きを読む "『星を追う子ども』"

| | コメント (0)

2016.09.17

新海誠作品をHuluで一気に視聴

何の気なしに観た『君の名は。』が良かったところにもってきて、Huluで新海誠作品特集が組まれておりましたので次々と鑑賞。熱しやすい性格だ、我ながら。


秒速5センチメートル 通常版 [DVD]


先ずは『秒速5センチメートル』。この作品を観て完全に理解しました「すれちがい」や「距離」が新海さんの好きな手法だということが。

この作品もまた賛否あるようですが、私は心を揺さぶられました。特に雪の両毛線のくだり.....主人公に感情移入したり、同じ年頃の息子を持つ親の立場として少年に哀感を抱いたり。映画を観てこんなに心をかき乱されるなんて初めてでした。

とにかくせつない。


劇場アニメーション『言の葉の庭』 DVD


完全に新海作品に魅了され、矢継ぎ早に『言の葉の庭』の視聴を開始。

以前、劇場公開に前後して「雨の描写が物凄い」ってTV番組で紹介されてたのはすごく印象に残ってましたけど、劇場に足を運んで観ようとも思わなかったし、とっくの前にHuluのラインナップに追加されてましたが再生ボタンを押さなかった作品です。『君の名は。』を観なかったら、こんな地味っぽい映画を観ようとなんて一生思わなかったかも知れません。

映像はとても美しかったし、たしかに雨の描写も素晴らしかったですけども、語らずに語る演出が素晴らしかったです。たしかにビールを飲んで辛さを忘れたいだろうし、チョコレートで生きるエネルギーも得なくちゃいけない。人間、心底弱ってメシの味も分からなくなったら、ビールとチョコレートかも知れないな。

主人公のふたりとともに「雨」を願う。もどかしくて仕方ない。ふたりのその先を見たいと思ったなぁ。


ほしのこえ(サービスプライス版) [DVD]


新海誠の原点が知りたくなり、新海自身がほぼひとりで製作したという短編映画『ほしのこえ』を視聴。

まさに原点。そして究極の「すれちがい」と「距離」を見せつけられました。大好きな人に送ったメール、受け取ってもらえるのが8年7ヶ月後だったとしたら、いったいオレは何を書くだろう。絶望の中でいったい何を書くのだろう。

「雲のむこう、約束の場所」DVD サービスプライス版


『雲のむこう、約束の場所』。Huluで視聴できる新海作品はこれで終わり。

この作品はとても難解でした。そしてプツンと物語を終えられてしまい、置いてけぼりを食わされた感覚にもなりました。

この作品はすっかり大人になった主人公がひとり、思い出の場所を再び訪れるシーンから始まるのですが、そこにすべてのメッセージが込められているのかも知れません。

順不同であるうえに、作品一つ抜けておりますが、こうして歴代の新海作品を鑑賞してみると、いかに『君の名は。』で一気に突き抜けたかがハッキリ分かりました。

今までの作品どれも新海誠の強い個性を感じさせ、素晴らしいと思わせる部分が必ずありましたが、『君の名は。』で遂に個性を保ちつつ、あらゆる客層の心を打つ物語を作ることが出来たのではないでしょうか。

とにかくまぁ「恋の切なさ」を描かせたらピカイチってのは揺るがない評価ではないでしょうか。



Huluで観られなかったのが『星を追う子ども』という作品。そのうちTSUTAYAあたりで借りてこよう。


---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2016.09.16

『君の名は。』を観ました

新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド


北八朔で浜なしを買った後、なんとなく立ち寄ったショッピングモールのシネコンで『君の名は。』(公式サイト)を観ました。


よかった。


全然映画なんて観る気もなかったんですが、「まだショッピングモールのお店も開いてないし、映画でも観るか」という軽い気持ちでした。「たまたま上映時間が都合良かったから、クチコミから評判が高まり大ヒットしてるってTVで見たから、息子が友達と観に行くって言ってたから」ってだけで選んだ作品だったけど...


でも、よかった、観て


個人的なものかも知れませんが、恋の話しってのは惹き込まれるんですよ。

ヒット作として話題になるにつれ、映画を観た人から色々と批判的な感想も出てきます。設定が云々とか、脚本が云々とか、色々な作品の寄せ集めとかね。「もっとそこをきちんとしてくれたら私は夢中になれたのに」という方もいらっしゃるでしょう。

「この設定はどこかで....」私もたしかに思いました、でもそんなあら捜しをする気にもならないくらい物語に惹き込んでくれる力がありました。



友人と一緒に観に行くという息子(中2)に「ねぇ男子だけで観に行くの?もし観に行きたいっていう女子がいるなら誘ってみるといいかもよ」って言いました。中2男子だけで観に行くのが可哀想だったからというのもありますが、異性と一緒に観てもきっと共感しあえる恋の話しだと思ったからです。男子だけで過ごした我が不毛の中学時代と違い、息子の教室には女子も居るのだ、お父さんが出来なかった分も謳歌してほしいと思うのです、共学を(なんだそれ)。



そしてこの作品の主題歌や挿入曲を担当したRADWIMPSが好きになりました。平面的だけれどスッと心に入り込む心地よいボーカルの声がこの作品の雰囲気にとてもマッチしていました。このボーカル、中高とも私の後輩だったんですね。これから応援しようっと^^;


---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2016.08.06

ONE PIECE FILM GOLD

IMG_2156.JPG


下の子ふたりにせがまれて『ONE PIECE FILM GOLD(http://www.onepiece-film2016.com/)』を観てきました。とーちゃんはもちろん『シン・ゴジラ(http://www.shin-godzilla.jp/index.html)』が観たかったんだけど、何となく伝わってくる雰囲気から察するに中2と小5では楽しめそうも無いし仕方ないなぁ。

入場特典はコミック七七七巻とオリジナルトランプ。こういう太っ腹なとこ、豪傑な尾田栄一郎らしい。ただまぁ残念ながら平日朝一番の回ではありましたが、お客さんまばらでした....。

ネタバレもクソも結局はいつものワンピースムービーなわけですが、ちょいと大人のテイストも織り込まれていてワンピースを齧っている方限定とはいえ、大人の鑑賞にも堪えうる作品だったのではないかと。

サボ、ギア4、能力の覚醒....まぁこういうキーワードに反応する方なら劇場で観ても後悔はしないかと。

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2015.11.17

Huluでゴッドファーザー全3作を

Netflixの日本での配信サービスが始まって間もなく、Huluに重厚な名作の配信が来た。ずっと見たかったんだ、ありがとうHulu。


ゴッドファーザー PARTI<デジタル・リストア版> [DVD]


葬儀屋の親父がゴッドファーザーに頼み事をする場面から始まります。もうそこから釘付けですよ。マーロン・ブランドいいわ〜。彼が演じるゴッドファーザーをいつまででも見ていたい。マフィアのドンの掴みどころの無い恐ろしさがビンビン伝わる名演。そしてあの暗殺シーンでの町の様子というか空気感、すごい映画だなぁって鳥肌立ちます。あとね、トム・ヘイゲンが好きなんだ。


ゴッドファーザー PARTII<デジタル・リストア版> [DVD]


続編。舞台はニューヨークからラスベガスへ。アル・パチーノよりも若き日のヴィト役を演じたロバート・デ・ニーロが格好良すぎ。若かりし日のロバート・デ・ニーロは美しい青年ですなぁ。考えを巡らす時に頬を指先でなぞるヴィトのクセ、あの仕草がバイオレンスを呼ぶかと思うとゾクッとする。

物語は重く沈んで行く。望まぬとも定めのようにゴッドファーザーを受け継いだマイケル、ファミリーや家族を守るために手を汚して行くが....お決まりな物語ではあるけれど、圧倒的な映像美の中で余計なものを削ぎ落しながら紡がれることで、ドスンと腹にくる。


ゴッドファーザー PARTIII<デジタル・リマスター版> [DVD]


3作目だが続編ではなく後日談という位置付け。バチカンをも巻き込み暗黒世界から足を洗おうともがくマイケルの悲劇的な姿が描かれています。

この作品でも個人的には愛されないゴッドファーザーを見事に表現したアル・パチーノの鬼気迫る演技よりも、ヴィトの長男でマイケルの兄でもあるソニーの息子を演じたアンディ・ガルシアの色気にまいった。

とにかく。ゴッドファーザー全3作を一気に見ることが出来て、Huluに加入してて大成功だったなと。たまにツボにはまる作品を配信してくれるんだよね、元を取ってるかどうかは分からないけど加入してて後悔はしてない。


---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2015.08.21

『パッチギ!』

パッチギ! (特別価格版) [DVD]


Huluで『パッチギ!』を観ました。


とにかく沢尻エリカがめっちゃ可愛い!


伝えたい感想は以上が全てだったりしますが...

子供と一緒に観ている手前、バイオレンスな場面やらエロスな場面もあって、早送りやスキップも交えての鑑賞ですけども、色々な点で粒揃いなキャストが出揃い非常に楽しめる映画でした。しかも舞台が京都というのも手伝って、京都出身の嫁さんをも巻き込んで大上映会となりました。

恋愛映画の皮を被りつつ、ある意味おおらかに民族問題を真正面から描いた作品。作中で歌われる「イムジン河」ひとつとっても、私のひと回り上世代(さらに上)にはもっと身近に肌身で感じられる作品であるのは想像に難くなく、作品の評価が分かれるのも致し方無しでしょうか。

重ねて書きますが、ヒロイン キョンジャ(沢尻エリカ)がやたらめったら可愛すぎるんです。あの初々しくて愛らしい少女の姿が、この作品を予定外に活き活きとしたものにしているのです。どうでも良い作品なら賞賛も批判もないわけですから。

あ、そうそう。


真木よう子の看護婦もイイ!


---------- ---------- ----------

| | コメント (2)

2015.08.15

『ミニオンズ』

IMG_4798.JPG


家族で湯河原に泊まりに行く日、まさか雨が降るとは予想してなくて凹む父。すっかり吉浜海岸で泳ぐ気マンマンだったのですよ。さすがの数寄者も雨の中で海水浴はしたくありませんので、映画でも観てから温泉行くべと桜木町ブルク13へ。

考えることは何処も一緒ということで、朝一番からブルク13はごった返しておりました。予めネットでチケット予約しておいてよかった。ちなみにポップコーン売場は長蛇の列でしたので諦めました。



家族で鑑賞したのは『ミニオンズ(http://minions.jp/)』であります。時間と劇場の都合で3D吹き替え版にて鑑賞。老眼になると3Dメガネでの鑑賞すらしんどくなるという新発見( ̄Д ̄;;

さて作品。

とにかくミニオンズが可愛い。ずっと「ムフッ」って言ってましたわ。もう愛らしさを堪能しまくり。そして最後をキッチリしてくれるのがイイ。なるほどと。

劇場でどうしてもという作品ではないかもしれませんが、夏休みの子供と楽しい時間を共有するのならオススメかと。見終わった後の子供との会話付きで。



ミニオンズのオモチャがあまり販売されていない上に高価なのが不満。ボブ可愛いのになぁ、ボブ。手頃なぬいぐるみがあればなぁ。

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2015.07.24

『バケモノの子』

IMG_4723.JPG


久しぶりに家族5人の休日だった昨日、息子と次女のリクエストに応えて逗子の海に繰り出そうと思っていたのですが、そんな日に限って晴れやがらない。行いが悪いんだな。

「バケモノの子」公式サイト
http://www.bakemono-no-ko.jp/index.html

絶好の映画日和ってわけで『バケモノの子』を家族みんなで見に行ってきました。

「人間は胸に闇を宿す」とバケモノは言います。そして「胸の剣が大事なんじゃないか!」とバケモノは人間に教えます。人間の胸にある「闇」とは何か?そして「剣」とは?

主人公の九太や彼を取り巻く同年代の人間の子供たちは、妬み、嫉み、僻み、恨み、憎しみ、迷い、怖れ、不安、焦り、嫌悪、怒り、悲しみ.....そうした負の感情を貯め込み、ややもすると爆発させてしまいそうになります。それこそが胸の闇。

一方で、子供たちが大人たちと過ごした時間のなかで受け取った愛情によって、感謝や希望といった前向きな感情が生まれ、いつしかそれは闇に克つ勇気や信念となる。それこそが胸の剣であり、強くなるということであり、大人になるということ。


旧来の伝統的な家族観はもはや参考にならず、私たちは、家族の新しいあり方を模索しなければならない瀬戸際に立たされています。

新しい子供たちは何を道しるべに成長すればよいのか。また新しい大人である私たちは、子供たちにどんな姿を見せ、何を手渡してあげられるのか。この映画を通して共に考えていけたらと思っています。

子供たちには、バケモノとの修行と冒険が、心躍るおとぎ話になるように。若者たちには、「自分は何者であるか」という彼らの時期の切実な問題に、寄り添い励ましてあげられるように。そして大人たちにとっては、少年とバケモノの唯一無二の絆を通じ、大きな充実感と幸福感が得られるように。

あらゆる世代が楽しめる清々しい映画を目指します。

コメント / 細田 守


あまり泣かさないでくれと思いながら、父は涙を拭うこともせず映画を見入っておりました。

親だからといって立派なこと上手いことを言えなくたってよい、言えるわけも無い。我が子であっても子供たちには子供たちにしか見えない世界や過ごせない時間があるんだ。自分だってそうだった。親に全てを見ていてもらいたい分かってもらいたいなんて思わなかった。

ただ親は、我が子たちがどうか周囲の良い方たちに出会い囲まれて育っていることを願うこと。そして感謝すること、自分の良いとこ悪いとこ全部さらけ出して、常に向き合って過ごすこと。それが大事だと思った。剣になるのは誰でも何であっても良いのだから。


---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2015.02.15

『桐島、部活やめるってよ』 〜 後悔もまたつきものか...

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]


あいも変わらずTVがつまらない昨夜、huluに追加されたこの作品を子供達と一緒に観た。どこかで見たキャストがたくさん出てる学園ものということで、子供達はすぐに映画に引き込まれていった。

タイムループの話しかと思いきや、その時そこに居た様々な人物からの視点で、ある一件への関わりが描かれる凝った手法だった。どうやら原作もそうらしい。

この春に高校へ進む長女は吹奏楽部の女の子にシンパシーを感じたらしい。「可愛い。私ってきっとこんな子だ。共学行きたい」ってニンマリ顔しながら言ってた。恋に恋するお年頃か。

この春に中学へ進む息子は、そんなのんきな姉の言葉を受け「姉貴がこんなトロいヤツだと、弟のオレまでイジメられるからやめろ」と。コイツもコイツなりに新しい環境に不安を感じてるんだな。

私は本気で好きでもない都合の良い女を言い訳にして、自分が今居るべき部活にもこれから進むべき未来にも真正面から向き合わない男にいつかの自分を見てしまった気がした。

小3の次女はポッカ〜ンである。「....で桐島は?」ってね。正しい反応。

とにかく。

恋も、部活も、本気だから楽しい。片想いだろうが、レギュラーじゃなかろうがそうなのだ。二度と戻らぬその時、子供達にはぜひどっぷりと楽しんでもらいたいものである。その時の痛みはすぐに癒えるけど、後悔の念は深まるばかりだから。

吉田大八『桐島、部活やめるってよ』インタヴュー / OUTSIDE IN TOKYO
http://www.outsideintokyo.jp/j/interview/yoshidadaihachi/index.html

---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

2014.10.13

映画『偉大なる、しゅららぼん』 〜 十戒以来の傑作(嘘

偉大なる、しゅららぼん プレミアム・エディション [Blu-ray]

連休前夜、万城目ワールド全開の『偉大なる、しゅららぼん(公式サイト)』をiTunes Storeでレンタルして家族みんなで楽しく鑑賞しました。原作の読書感想文って、おれ書いてたっけかな....

2013.08.25 / 『偉大なる、しゅららぼん』 〜 勢い重視で本領発揮

あったあった。そうそうこの作品は「行儀よく小さくまとまりかけている小説家としての自らを危惧し、鴨川ホルモーの時のように勢いを重視した」という万城目氏の意欲作なのです。

原作がやたらめったら面白かっただけに実写化には不安もありましたが、ほぼ原作の魅力を忠実に再現出来ていたのではないかと、深キョン起用はサービス過剰だとは思ったけどさw

なんつっても濱田岳(wiki)くんでした。尽きます。

同じ万城目ものの実写版『鴨川ホルモー』にも濃いキャラで出演し、あの山田孝之を向こうに回して一歩も引かない濃厚さで演じてましたからね。いやもう彼を主演にキャスティングした時点で成功間違いなしでしょ(^▽^;)ま、興行的成功に繋がったかどうかは分かりませんけど、少なくとも映画が面白くなったのは間違いない。

原作を読んでない子供達や嫁さんも楽しんでましたから、荒天による自宅蟄居対策にレンタルしても後悔しないかと。

FullSizeRender.jpg

てなわけで文庫化されるのを待ちきれずに買ってきました。国語辞典かよ!って思うほどの厚みにビビり、まだ読み始めておりませんが、こんな天候ですからそろそろ表紙を開けてみますか。


---------- ---------- ----------

| | コメント (0)

より以前の記事一覧